山遊び覚え書き

2013年6月22日 (土)

立山覚え書き

隠密行動だったのでこっそりと。

行動日:2013.6.8〜9。

<アクセス:長野側より>

・GW後、夏シーズンに入るまでは、夜行のスーパーあずさは運行なし。よって、PM8:00新宿発 あずさ が、信濃大町までアクセスできる最終便。松本で、大糸線に乗り換え、23:59信濃大町着。

・宿泊は、「七倉荘」。信濃大町駅から徒歩2分。24時間お風呂に入れる、とあったことと、駅から近いことで今回利用。予約時に到着が24時すぎると伝えてあったため、フロントにメッセージが置かれてあり、部屋の準備がされていた。素泊まり4700円。和室。ゆかた、タオル、ボディシャンプー.シャンプーあり。ドライヤーも。屋上からは、北アルプスの山並みがすばらしいとのこと(確認せず)。

・信濃大町~扇沢(バス)6:15発が始発。駅前の券売所は6:05に空く。コンビニ等朝ご飯を手に入れられる場所は、駅前ロータリーにはなし。

・扇沢~黒部ダム(関電トロリーバス)片道1350円。スキー板は別料金を払う。チケットあり。扇沢のターミナル前もトイレ、自動販売機くらいしかない。車でアクセスしたと思われるアルペンスキーヤーはここから滑りウェア、プラブーツの人がたくさん。扇沢駅には、黒部ダムカレーなるメニューがあった。(食べず)。帽子やサングラス、笹寿司、麺類、お土産を売っている売店あり。

・黒部ダム~黒部湖(徒歩)乗り換えのルートと、展望台経由のルートがあり、もちろん乗り換えルート利用。階段が少しある。トンネルを出ると、いきなり北アルプスの山々が迎えてくれて気持ちがいい。黒部ダムから、室堂まで往復でチケットを購入。(これがよかった。帰りは扇沢~長野の特急バスが運行されており乗車できた。)荷物券は、黒部湖で買い足す必要あり。

・黒部湖~黒部平(黒部ケーブルカー)。もちろん登りなので、前の方に乗った方が降りたときは、出口に近いわけです。黒部平では、展望台に出てみると気持ちいい。おやきや、麺類、お土産品の売店あり。今回はおやきを食べた。

・黒部平~大観峰(立山ロープウェイ)。35ℓ以上は背負っている荷物を下ろすよう指示あり。

・大観峰~室堂(立山トンネルトロリーバス)。仲間と一緒に行くときは、最後部座席の裏側にザックや板を置くとよい。混んでいるとそんなこと言ってられないと思うけれど。往復チケットは約9000円でした。これを荷物券(片道)と間違って捨ててしまった人がいるとかいないとか(泣)。荷物券と形状がほぼ同じなので要注意です。

・帰りは、同じルートだが、6月のこの日は、16時05分(最終便)扇沢発長野駅行きの特急バスが運行されていたため、17時45分には長野駅着。でも、乗客1人貸切でした。だいじょぶかー。お土産も見ず、すぐに乗れる新幹線に乗車したら、20時には、帰宅していた。車に比べるととても速い。ちょっと味気ないかんじもするが。

<室堂ターミナル情報>

大型ロッカーや更衣室あり。郵便局(休日も営業している)あり。板等をゆうパックで送りたいときは、ターミナル内の売店(立山ホテルの売店の模様)で受け付けてくれる。

<お風呂情報>

・今回は、汗だくになって滑ったまま、室堂で靴を替え、扇沢駅で(ここまで仲間と一緒だったので車組はみんなスキーブーツ&ウェアだった)、電車組はウェアを脱ぎ、顔を洗っただけで、そのまま帰宅。

・信濃大町で宿泊した七倉荘は、立寄湯もやっている様子だったので、当初は信濃大町までバスで戻り、風呂に入り、信濃大町19時台の列車(最終:23時50分ごろ帰宅できる)に乗ろうと考えていた。長野まで特急バスを利用するなら、長野駅周辺の銭湯を探してみると、さっぱりして帰宅できそう。

<食料補充>

・長野側から、深夜アクセスだと、コンビニなどは途中には無いと考えた方がよい。今回は雷鳥荘泊だったので、朝1昼2回分の食料を持参した。途中で買おう、と思って出てしまうと、お土産やさんで売っている(前述のような)もの以外はないので注意。雷鳥荘では昼食(おにぎり)を1050円で頼むことができる。前夜のうちに予約が必要。

・室堂山荘では、外からアクセスして、生ビールを手に入れることができる。

<ウェア関係>

・ハット必須。今回は大きめのハット着用。これにアネッサ++++の日焼け止めで、あまり焼けなくてすんだ。諸事情のため、いつもよりマメに塗り直した。私はいつもファンデーションはなしで、日焼け止めを上塗りしていく。仲間の話だと、アネッサのファンデーションを使い、ファンデーションを塗り足して行くのが、一番焼けないとのこと。

・薄手ウール長袖Tシャツの上に同素材の半袖Tを重ね着。下は、CWX(タイツ)の上にウェア。登り時はパンツのベンチレーションも開けた状態でウェア上は着用せず。滑りもこのままでもいける。(好天時)

・休憩していると、汗が冷えてくるので(ウールだったから乾きが遅かったかも。)すぐにウェア(冬に来ている3レイヤーゴアテックスのハードシェル)を羽織り、特に暑くはなかったが、他に、小さくなるウィンドブレーカーを持参すればよかった。

・靴下はウールの中厚1枚。(足がとても冷えるタイプかつ、足が薄いため、ハイシーズンは、常に2枚重ねしている私で)

・ビーコン無し。ゾンデ持参せず。スコップは携行。その他は、ツェルト、ヘッドライト、ロープ、カラビナは持参。薄手ダウン、ゴーグル、冬用グローブ、ネックウォーマーも携行。ステップソールだとシールがない分荷物は減りました。

富山側からのアクセスだと乗り換え1回。しかも帰りにお寿司に行かれる。いつか行ってみたい。まあいずれにしても遠いけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

 自分の筋力を考えるとやはり、女性用として出されている板の方がよさそうな気がする。今使っているサイコもまだ使えるし。

試乗してみたわけではないけれど、候補はG3のVIVA2012(RENEW)かK2のTALKBACK(RENEW)あたりでしょうか。グラフィック的に両方ともあまり魅力を感じないのがイマイチですが、デザインだけでどちらか選ぶならG3の方が好き。板を決めてからウェアを決めようと思っています。BLACKDIAMONDも女性モデルがあるけれどあまり惹かれない。ブーツは履いてみて決定すればいいから、あまり悩みません。なにしろテレマークはモデルも少ないし、レースとか固いバーンというよりバックカントリー志向だという面では迷いはないので。
G3_viva131K2_talkback_12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

火打ツアーおまけ

高谷池ヒュッテ前にはライブカメラがあり、1時間ごとにシャッターが切られます。

5月4日午前8時
20110504080050

5月5日午前8時
20110505080055

| | コメント (4) | トラックバック (0)

火打ツアー 食生活

今回泊まった高谷池ヒュッテは、自炊道具(鍋釜食器)がそろっていて、ふとんもあるので、寝袋もマットも不要。食材だけ持参しました。準備期間もあまりなかったし、どんなもんかよくわからないながら考えた末持って行った食材。
米2合。
食パン(ブドウ、ナッツ入)2枚。
ミニクリームパン4個入(セブンイレブンの)
ふりかけ2
自宅にあったニセコカリー小屋のレトルトスープカレー2パック(ポークとチキン)
震災後に買い置いてあった、早ゆでショートパスタ(90秒で湯で上がる。たぶんサラダ用)150g
インスタントパスタソース(アラビアータ)2回分
魚肉ソーセージ4本
紅茶ティーバック×2
初日昼食用おにぎり2

その他行動食として
ミックスナッツ、ドライブルーツミックス、ソイジョイなどのシリアルバー×4、飴、ゼリー飲料×3

米を持ってきている人はほとんどいなかったし、どんな鍋があるかわからなかったけれど、最悪の場合スープカレーの中に投入して加熱しおじやにしてしまえ、と思っていました。そうしたら、なんとはがまがありました。林間学校での体験が生きて、水の量も目分量だったのに、とてもうまく炊けました。初日夜に、2合全部炊いて、翌日昼のおにぎりを作り、その他はジップロックに保存して、2日目の朝はふりかけで雑炊、夜はあたたかいスープカレーに入れて食べました。
3日目の朝は、パスタを茹でて、魚肉ソーセージを切って入れるました。残りごはんも少々食べる。
昼は2日ともおにぎりとパンと魚肉ソーセージ。

毎朝(初日は自宅で)ポット(0.75ℓ)に紅茶のパックを入れてお湯を入れて持ち歩き。その他、水分は0.5ℓのナルゲンボトル(水に溶かすクエン酸パウダー入の水)、ゼリー飲料。

今回、初小屋泊まりだったので、アルコールとつまみは省略。小屋にお金を落としてきました。ビール2本、君の井(日本酒)3本。つまみは、行動食用のナッツ。
Photo20度の日本酒。500円なり。

一緒になった方が、きゅうり、バナナ、タマネギ、ミョウガ、といった生野菜を持ってきていてご相伴にあずかりました。生野菜系は、体が欲している感じがすごくしたので、次回は考えたいと思う。

マットとシュラフがなければ、もうちょっと重くても大丈夫そうなので、少しならお酒も自力調達できそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)