日々の泡

2017年4月 9日 (日)

いまさらですが

P4060214
この春、子供の存在は社会を元気にするのだなあ、と実感しています。

この仕事をしていながら、「子供は未来の宝だ」とか、「子供(自分の、という意味でなく)の存在が社会を元気にする」とかいう言葉に、共感しても、実際に自分の感情として強く感じたことはありませんでした。おそらく、一般的な子供の存在が身近すぎて、それは喜びの種であることはもちろんですが、多くの悩みの種でもあり、わたしにとっては、常に「働く」ことと切り離せない存在だったからかもしれません。

この春、島に子供が7人やってきました。15の春で旅立っていった2人など、島を出た子供もいますが、総数としては増えました。ヘリポートで来島する方を迎えに行くと、子供が増えたなあと感じます。賑やかになり、大人も元気をもらっています。学校も、クラスが増えました。

昨日、今年度の赴任者の最後の一人が来島し、ひとまず歓迎行事はおしまい。新しい体制で、活気のあるスタートです。
6日の入学式の後に、遠足の下見に行きました。島庁跡の広場には、大島桜が咲いていました。(冒頭の写真がそれ)明日葉、イタドリ、ツワブキなの食材をゲットしながら、新しいメンバーに景色や島の自然を紹介しながら自分も、この春休み、ほとんど休みなく毎日働いていたことに気づき、久しぶりの散策を楽しみました。
今朝、少し前に、IKが送ってくれた深谷かほるの「夜廻り猫」をなんとなくもう一度読んでいました。1ページで一話完結のほのぼの漫画なんですが、「働くとははたをらくにすること」というくだりがありました。まさに、今の私のポジションはそんな働きを求められているのですな。
下の写真は、港を作ろうと工事を進めていたけれど、崩れてしまい、途中で頓挫したところ。
P4060228

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

それぞれのこだわり

P3190234

きょうも、1日、赴任者来島対応。

昨日いらした方には、羽田を発つ前に、当日の昼夜翌朝の食事を確保してきてください、とお知らせしてありました。
今日から、昨日来島した方と本日来島した方への食事サポートが始まりました。
今日は、昼に15人分の弁当配達、夜はカレーと、島の方が好意で届けてくださった明日葉のあえものの調理、配達をしました。
というのも、島では出来合いのお弁当を手に入れることはできないし、レストランもないからです。

それにしても、人はそれぞれこだわりどころがあるんだな、ということを強く感じるこの頃です。もちろん自分もそうなのだと思いますが。
チームで動いていることに関して、こだわりがあるあまり、「さわらないでください」「こうやってください」とあまりにも強く細かく言われると、私はすーっとひいてしまう。周囲にリクエストを出せないのはダメなところですが、周囲の反応を読みながらやんわり伝えていくやり方はもう古いのでしょうか???
なんか、トゲトゲした感じや、仕事できるアピールやら、自分都合の根回しが、あっちからこっちから見えかくれする初日。
カリカリするな、わたし。ゆるっとゆるっと。
明日は、民宿で作ってもらう朝食経由職場へ引率して出勤します。
写真は、3月に小池都知事来島時の警視庁ヘリ「おおぞら」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年度はじめ

P2210113

4月1日(土)

平成29年度のスタート。
夜中、風の音と雨が強かったけれど、朝起きると天気はいまひとつ。
新しく仲間になる同僚や上司がきょうから、4日までに分かれてやっていくる。
上司も異動なので、7時前から、飛行機が飛んだかどうかなどの対応のため出勤し、HPを見ながら気をもんでいたが、飛行機はかなり遅れる。
自分たちのときは、6人だったので、全員同じ日に島に入ることになり、自分がとりまとめて連絡をするように、との指示があったので、そんなつもりでいたけれど、どうもうまく運んでいない様子。
というのも、今年度は、ファミリーで引っ越して来る方が何組かあることと、異動者が多いことで、みなさん、自分が何日に島に入るかはわかっているけれど、いったい誰と一緒の日になっているのか把握してないようだ。だから、とりまとめて点呼したり連絡したりする役割も決まっていないのだ、ということが発覚。それも、ヘリの予約をこちらでしているからで、こっちの不備だ〜。直接自分の仕事ではないけれど、今年の異動に関しては随所にこういうところが目立つ。職場の若者は、我が物顔で、「わたしたちのときは・・・で、こういうことはダメだった。(8さんたちの代が変なんですよ、的な感情が見え隠れ)」などと言います。←ほんとに、視野狭っ。と時々ムカつきますが、そのことはおいといて。次に異動者を迎える三段には、たくさん口出ししようと思った次第。

うちの島に来るヘリは、各島を結ぶヘリの中で一番最初の運行なのですが、朝、職場で外をチェックしながら仕事をしていると、みるみるうちに霧で覆われ、欠航が決まりました。天気は回復傾向なので、各島を結ぶヘリの運行が終わった最後にもう一度運行してくれる可能性があります。定員9人が待っている状態なので、霧さえ晴れれば、この「夕ヘリ」(た、じゃないですよ。「ゆうへり」)が出るはず。ということを赴任者に伝え、みなさんは約6時間も待機することになりました。

その間、コンテナで届いた赴任者の荷物を、島の配送担当の人たちと荷ほどきして家に入れたり、雨が強かった時の配車計画を相談。朝、到着していれば昼は家にもどって食べようと思っていたけれどそうもいかず、商店でカップラーメンを買ってお昼。
多少バタバタしましたが、夕方、長旅になった赴任者第一弾をお迎えすることができました。
同じ住宅に入った方に電気ストーブを貸し出すついでにビールを差し入れ、商店の場所を教え本日の業務は終了。ボスも異動したので、これも自分がやっていいのか!?と思うような仕事を、もうやるしかないんだなと理解して片付けて帰宅しました。

ちょうど1年前、同じように雨模様の寒い日でしたが、わたしたちは、時間通り午前10時前には島に到着したのでした。
わたしの場合、この1年間に、公私あわせて6往復しました。その全てが予定どおりの経路でした。先日、ヘリが取れず、出島を見合わせ、不本意ながらもお布施を払ったので、今年度もうまくいくと踏んでいます。

プライベートも、ですが、まずは、移動教室が予定通りに行きますように!!

そして、今日も第二弾対応のため、7時前に職場へ。
その後、これは公務ではないけれど、職場の仕事、赴任者の食事サポートで、カレー作りをします。だいぶ前に合羽橋で買った寸胴鍋が、職場にあるどの鍋よりも大きいので、我が家で調理し、配達します。車も島内では不自由なく乗れるようになりよかったです。

今年度の自分テーマは、「チーム○○○島」。先日、中学生の昼の放送番組企画で「来年度の抱負は?」と聞かれて、こう答えました。

しばらく会っていない研究仲間や後輩に、時々「8節」を聞かせてほしい、というようなことを言われます。このブログもそうですが、言葉で語るタイプなので、くどい、めんどう、と思われることもあるだろう思いますが、島に来てからはあまり出していません。
2年目となる今年度は、仕事面で経験を生かし、たとえ、軋轢が生じたとしても発言していこうと考えています。まずは、直接自分の関わる「小」からですが、展望としては、「焼酎」です。


前の職場の仲間が、別の島に異動になり、今日、竹芝で集まって「出発式」していたようです。今頃、うちの島よりだいぶ南の洋上でしょう。お互いにがんばろー。

最近お気に入りのフレーズ「ゆるっとがんばる」。

画像は、3月に初めて拝んだ「大杉」。島から人がいなくなった噴火を超えて生き残ったと言われている杉です。観光客などにも、一人で行くと迷うので島の人と一緒でなければ行ってはいけない、と言われていたので、仕事で行く機会があってラッキーでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

めまぐるしい日々

島の学校は(うちだけかもしれませんが)、修了式の後に離任式(異動で去る先生方とのお別れの式)を行います。

24日、修了式後、一旦ヘリポートへ。1年半お世話になった駐在さんが異動で離島されるので、みんなで見送りです。その後、学校に戻って離任式。
3月に入ってから子供たちは、なんとなく落ち着かないような感じがしていました。毎年、この季節に別れがあるということをわかっているからなのだなあと思います。そして、その別れに対する思いは、わたしたちが簡単に「寂しいよね」なんて言えないものなのだろうと感じています。しかたないことであるけれど、それがこの島ならではのことで、それが、やるせなかったり、憤りだったり、憧れだったり、劣等感だったり、想像はできて共感できても、「でもあなたにはわからないよ」と言われているような気がするのです。子供達の姿からそんなことを感じました。
島を舞台にした映画「アイランドタイムズ」の挿入歌「旅ゆく君へ」(ちめいど)の歌詞「ふるさと」の部分を「青ヶ島」にかえてヘリポートにいる全員 で歌った後、離島する方が挨拶するのが一つの儀式のようになっています。この儀式が終わると、保安検査をして、いよいよ搭乗する時は、ハイタッチをしながら別れを惜しみ、天候が許せば、ヘリが島を1周してくれます。みんな、ヘリが見えなくなるまで手を振ります。「おもうわよ」の横断幕の後ろで還住太鼓が鳴り響きます。この3月だけで、中3の2人、駐在さん、ともう3回。明日は、いよいよ1年間一緒に仕事をした仲間の離島です。
新しく赴任してくる方の荷物が届き、職場の倉庫に搬入されています。明日から、それを各住宅に運び入れる作業が待っています。軽トラデビューも近いかもしれません。来年度は、職場で一番の年寄りになってしまいますが、若くて動ける男子は出島中なので、若い女子より腕力はある自分は戦力なのです。
それにしても!!今日は、ものすごく長い1日でした。
同僚の部屋の荷造りと片付けとそうじに明け暮れました。明日朝、ヘリに乗らなければならないのに、午前中の状態を見て、これは絶対に無理だ、きっと、本人は離島してその後自分たちが片付けるのだろうなあ、と思いました。
私が行く前に、若手女子2名がすでに手伝っていたのですが、そのうち一人は自分も離島するので、途中で退散。とにかく、ものの多い人で、捨てちゃえばいいのに!!と思いますが、より分けている時間はないのでとにかく箱詰め。段ボールが足りなくなっても、郵便局にもう在庫がない、とか、ガムテープが商店にあと1本だったとか、そんな状態の中、自分の家にある在庫を大サービスしての作業は、数年後の自分への反面教師になりました。
最後の方は、とにかくそのへんのものをぐちゃぐちゃのまま箱に入れて封をするという状態になり、荷ほどきするのは、ものすごくいやだろうな、と思います。他人に箱詰めされた物たちは、秩序もなにもなく封入され、表に何が入っているか書く余裕も途中からなくなり、きっとこの箱、もう開けないんじゃないかな、とも。
そして、職場の住宅なので、住宅管理人による復元チェックがあるのです。夜になってから、一緒に島を出る同僚も来てくれて、総勢7名で分担して、段ボールを軽トラとワゴンに積み(明日早朝郵便局に持って行く)、換気扇やガスコンロを掃除し、床を雑巾がけし、お風呂と洗面周りを掃除。自分も離島する管理人が最後にチェック。これも、いい加減にはできず、網戸、窓ガラス、室内のガラス戸の桟、お風呂場のタイルの目地が一部カビている、を指摘され、真っ暗な中、手分けして、網戸拭き、ガラス磨き。お風呂場は、カビキラー泡を吹きつけて直後にサランラップを貼り付ける方式でみるみる間に白くなるのを確認しました。
ここには、コンビニも、マックもない。一昨夜の送別会の皿盛りの残りの、冷凍してあったおいなりさん、おにぎり、唐揚げ、つくねを解凍してチンしてみんなで食べました。

去年の自分も大変だったし、家族の手も煩わせたけど、荷造りは全部自分でやったよなあ。その時、参考にさせてもらった「赴任者向け引っ越し事例集」の中の記事が、今日手伝った人のものでした。立場や仕事量が似ていたからです。違うのは荷物の量が私の倍以上であること。そういえば、「最後の晩は、友達が来てくれて手伝ってくれた」的なことが書いてあったような。

昨年の3月31日、体調がすぐれなかった母の分mで気にかけて手伝いに来てくれた父と、駅まで満開の桜並木を歩き、別れたのが、ずいぶん昔のように感じます。
あまりにも生活のペースが変わったからでしょうか。母は、島まで遊びに来られるくらい元気で、最近はiPadでメールを送ってくれます。父が食べ物の心配をしてくれるなんて一緒に暮らしていた頃からは想像ができませんが、果物などを送ってくれたりします。
今まで、人生の大きな選択にまったく口出しせず、いつも後押ししてくれた両親ですが、近くて遠い島からは早く戻ってほしいと思っているように感じます。こんな年になって、こんな選択をする人はあまりいないし、後ろ髪を引かれる思いもあるし、島でも若い人が欲しいのだということが伝わってきますが、島で教えることを選んで来たので、来年度は自分の色を出してみます。今後のことはその手応えで自ずと決まる。たぶん。
この春休み、初任校の教え子の同窓会に招かれたのですが、ヘリが取れず行かれませんでした。とても残念ですが、この島にいることで、招いてくれた教え子とたくさんやりとりをすることになり、次につながりそうだし、当時、自分を育ててくれた先輩方とも電話で話すことができました。そして今日のこの引っ越しの様子を知ることができたのも、同窓会に行かれなかったからで、出島できていたら、明日のヘリポートで、自分が乗ってきたヘリに、離任する同僚が乗るのをすれ違いで見送ることになったので、同僚との別れにしっかり立会い島の1年を全部見ることになったので、これでよかったと思うことにします。
P3310001_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月19日 (日)

3月は去る

Photo_2
島に、鳥たちの声がもどってきました。そして、初めて島に来た頃と同じ野草や花が道端に見られるようになったこの頃。
昨日は、卒業式でした。
6年生1人、中学3年生2人の卒業生を送り出しました。
会場は、学校のホールで、証書授与の後は、膝下をかすめるくらい近くを卒業生が歩きます。門出の言葉の中で歌われる合唱は、われわれもパート分けされていてしっかり歌います。〜勇気を翼にこめて 希望の風にのり この広い大空に 夢をたくして〜 「旅立ちの日に」を歌いながら、この学校の卒業式の会場にいる全員の心に、この歌詞が浸み込んでいくのが見えるようでした。

この歌は、数年前にCMで流れたりして、だいぶ手垢がついてしまった感がありますが、小学校の卒業式でよく歌われます。先輩の音楽の先生が、この歌は中学生の歌だから、小学生には小学生らしい歌を歌わせたい、とおっしゃっていたことがあります。小学生にとって、前の卒業生が歌っていたり、耳慣れている歌を、今度は自分たちが歌いたいという思いは強いと思いますが、この歌詞を実感するのはまだ難しいだろうな、と改めて思います。
中2による送辞には、泣かされました。ずっと一緒に育って今まで頼りにしていた1年上の仲間がいなくなること、1年後には自分たちも同じように独り立ちすること、そんな思いがこめられていました。

もちろん、小6の卒業は、ほんとうに晴れやかで、来賓の挨拶も卒業生の成長を身近で見守っていたからこそのお話でした。会場の全員が、全員卒業生のことを名前と顔だけでなく、家族のようによく知っているからこそ、の卒業式でした。
春は、島にとっては別れの季節でもあります。
職場の同僚の異動も卒業式の予行練習の後で、(行き先は明らかにはされていませんが)子供にも知らせました。そして、新しく来る方の荷物が届き始めました。昨年の今頃は、怒涛のように仕事をしながら、誰にも知らせず、引き継ぎの算段と片付けをし、家に帰ると荷造り、退勤時刻を過ぎると慌てて各種手続きの電話かけ、という毎日を過ごしていたんだなあ、と思い出します。島の気候や生活に慣れ、人らしい生活リズムを取り戻し、ゆるやかな仕事のペースに癒され、1回も大声を出すことなく過ごせたことをよしとします。2年目に向けて、やりたいことも見えているし、ただ漠然と過ごすのではなく時間を大事にすること、今の時期に準備をしっかりすること、が今の課題です。このまま、ぼーっと過ごしてしまったらもったいない、と小さな焦りも感じています。

前回の更新から、いろんなことがありました。
・QRコードを取り入れた学習(研究)
・大杉ハイキング
・「ブルゾンちえみ」6年生を送る会の出し物
・移動教室下見で毎日2万7000歩くらい歩く
・たった一人の二分の一成人式 初iMovie
主に仕事関係ではありますが、ぼちぼち更新していこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月25日 (水)

霰、はなたれ、仕事高波

P1210088
(神棚に供えられている「はなたれ」今年1年、観光客などへの試飲でだいたいなくなるそうです。)
P1210084
P1210081
P1210083
P1210086_1

ちょっとだけ忙しい日々です。といっても、きょうはこのへんでいいや、と言うペースなのですが、初めて本格的に行う仕事があったり、めぐりあわせで、この先2ヶ月のイベントごとの仕切りがほぼ全部自分担当だったりするからです。おそらく3月までは、更新が頻度が鈍りますが、元気にやっています。

SNSでは連日友人たちの粉まみれの姿や、メンタル鍛錬日本海漕ぎの姿や、素敵なキャンプや、熱い宴会の様子がアップされて、特に滑りと漕ぎではこのまま衰えの一途をたどるのではないだろうかとの心配がムクムクと芽生えています。
そんな中、届いた一枚のハガキ。社会人になって二つ目の職場で、研究のことを教えていただいた先輩からです。「8ちゃん、良き選択をしましたね。」と。すごいね、とか、思い切ったね、とか応援しているよ、という言葉も嬉しいけれど、だいぶ先を行っている先輩からの言葉は嬉しいものでした。
この選択をしたことに、迷いがあるわけではありませんが、ストレートにこんなふうに言われたのは初めてです。
船は1週間に一度くらいしか来ないけれど、いただいた大根や白菜を大事に保存しながら食し、相変わらずの強風と霰とともに、普通に思えるようになってきました。
そんな中、先週の土曜日、焼酎工場の見学をしてきました。お正月のニュースに流れていた「はなたれ」も味わってきました。そして、島の全ての杜氏さんの青酎を試飲し、今まで手に入れていたもの(全て島産、さらに自然酵母で作っている芋焼酎)がいろいろな面で一番お気に入り、さらに、麦を焦がした香りのもの、と自分のお気に入りが決まりました。杜氏さんたちは、みなさんスーパー兼業なので、1月は寝る暇がないくらいだったそうです。ピチピチといい音がしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月17日 (火)

ゴジラ

P1170077

島に来てから、映画を3本も見た。これはここ数年分に匹敵。

その1本目がシンゴジラでした。
その後リピートすることはできませんが、お友達の好意で手にいれたパンフレットを熟読し、DVDを注文したので、これからじっくり見たいところ。
1ヶ月分くらいまとめて配られる新聞に見つけました。「こそこそシンゴジラを語る板」ではネタとして上がっているかもしれませんが。まあ、行く末が見えているような気もするので、この結果でよかったのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲリラアラレ

P1150078

1月14日(土)の深夜。島踊りの会の新年会で、とある場所にいたのですが、いきなりバラバラバラとものすごい音がしました。外に出てみると、霰。直径7、8ミリのコロコロした粒が降ってきて、車や屋根に当たる音がものすごい。

その後、雪っぽくなったようですが、15日朝うっすら白くなっているところもけっこうありました。
風が横殴りで、海は荒れ荒れ。
そんなわけで、吹き溜まりのようなところに、あられが寄せられて積もっているというよりは、集まっているといった様子でした。
その後、ゲリラ豪雨のように、突然ザーッとあられが降ったかと思うと、晴れたりする変な天気が今日まで続いています。
きょうは、きれいな虹も出ました。
積乱雲が発生しているとのことで、日曜日にヘリに乗った人の話ではかなり揺れたそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月10日 (火)

イースト菌

Pc160018

すっかりお料理ブログになっていますが、このぶっきらぼうな言い回しと、簡素な画面、画像少なめで、女子力(って年齢でもないが)をアピールするでもなく、まあ自分メモなのです。

昨日は冬休み最終日ということで、パンを焼きました。いつもは、夜中に焼くことが多いのですが、昨日は、寝る前に焼きあがりました。ところが、、、パンが出てこない!!今までさくっと出せたのに、うんでもなければ、すんでもない。そこで、菜箸で周囲をぐるっと一周させることにしましたが、これまた、難航。力づくでやっていると、菜箸の先端が折れました。
どうせ折れたなら、もうどうなってもいいや、と力づくで攻め続けるとさらに折れはしたものの、逆さにしてもパンが出てきません。
しかたがないので、手で鷲掴みにして、ちぎれてもいいつもりで引っ張り出しました。ひさしぶりに焼いたので比較対象の記憶に自信がないのですが、こころもちふくらみが足りず、背の低い(食パン型フランス)パンになっています。おまけに、レーズンを入れるつもりだったのに、「レーズンあり」ボタンを押し忘れていました。結果、真っ白なパン+ホットレーズンの出来上がり。ほんわかあたたまったレーズンを保存容器に戻して、次回に回すことにしました。
職場で栄養士さんにこのことを話すと、ドライイーストが死にかかっているのではないかとのこと。話に参加してきた別の同僚が、「どうやって保存してますか?」と聞くので、「ちゃんとジップロックに入れて・・・」。普通にキッチンの乾物の入っている引き出しに入れていました。はい。夏前に買ったもの(島の商店にあったもの)なので、一夏室温で過ごしたイースト菌はへたっているのかもしれない、ということを初めて知りました。

でも、二人の意見。もう一度焼いてみて同じ状態だったら、そういうことですね、だそうです。

それでも、焼きたては美味しい!きょうは給食がないので、昨日のカブのシチューをポットに入れ、このパンを持っていきました。
今日も船は来ませんでした。明日はどうかな。海を見ていたら、クジラらしきしぶきを発見。クジラかな?見分けるためにはもう少し修行が必要だと感じる今日この頃です。

(写真は、昨年12月16日の虹。この日は、天気がめまぐるしく変わり、直径7ミリくらいの雹も降りました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月)

あるものなんでもつかっちゃえ

P1090003

昨夜は、とても風が強く、一時は、強風警報が出ていたようです。窓にスコリアがぱちぱち当たるので、慌てて雨戸を閉めました。そうこうしているうちに警報は、注意報になったようですが、今度は波浪警報。

ということで本日も船は来ませんでした。
そんなわけで、昨日いただいた、野菜をありがたくいただくことにしました。青梗菜は油でいため茹でして一部を食べて残りは保存。カブは、シチューにすることにしました。カブのシチューは自炊を始めたばかりの頃、ノンノクッキングブックを見ながら作ってとても美味しかった思い出のメニューです。ホワイトシチューにしようと決めましたが、バターがない。そこで思い出したのが、写真のあっという間のバターカレーの瓶。1/3くらい残っています。これもいただきものですが、熱々のごはんに和えるだけで、かなり本格的なドライカレーになるすぐれものです。これをバターの代わりにフライパンに入れて、小麦粉を投入して牛乳を加えてルーらしきものにしました。それを、カブ、しいたけ(島に戻って唯一買うことができた生もの)、いただいた白菜、持ち帰ったセロリの葉(きざんでとっておいた)を野菜ブイヨンで煮たスープに投入。シチューというほどのとろみはつきませんが、とっても美味しいホワイトシチューになりました。カレー臭はほとんどしません。こういうカンはキャンプツーリングで培ったものです。

明日は、始業式。給食はないので、今焼いているレーズンパンといっしょにこのシチューをフードジャーに入れて持っていくことにします。

飛行機が欠航したため、予定のヘリに乗れず、次の日のヘリのキャンセル待ちに入れず、まだ島に戻れない同僚もいます。船が出れば戻って来られますが、船はたしか東京待機になっていたはず。ということは明日も来ない。
こちらに来る前、SNSやツイッターで島に住んでいる人の発言を読みながら、今日はヘリが飛んだとか、船が来た、とか毎日のように書いてあるのが不思議でしたが、生活に大きな影響があるのだということが、冬になってよくわかるよういなりました。

今年は、ルーティンをサクサクやることも目標です。時間を上手に使いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧