« 春の空気 | トップページ | ヨクカンサン »

2022年8月23日 (火)

夏の終わりに日々シャンパン宣言

Dscn2404_original

先日カヤックを漕いだとき、もう真夏の雲ではなくなっていることに気がつきました。そういえば、暗くなると心なしか風が涼しくなってきています。

 

4月から、大学附属学校で非常勤講師として週10時間授業をもち、不登校児童生徒向けのオンラインスクールで週2日担任業務をしながら国語のプログラムを担当し、週に一コマだけ個別指導塾で教えています。ウィークデイは毎日短い時間でもなんらかの仕事をしています。フルで働いていた頃と比べて開いた時間は、最近は実家似通い家族の世話をすることが多くなりました。

 

今日は、9月からの自分の生活について考えてみました。実家に宿泊しながら職場に出勤する形になりそうです。オンラインの仕事は自宅を職場だと思って出勤しようと考えています。

 

妹たちと家族の世話を分担するために、今まで手帳でアナログ管理していたスケジュールをデジタルに変えて必要な部分は共有しています。学校で働いていた時は、とりあえず出勤すれば、仕事をすっぽかすことは起こりません。早めに出勤して週案を見ればなんとかなっていました。3つの仕事と1つのボランティアと実家通いが絡み合ったスケジュール管理は、スマホでも確認できるのでデジタル管理が楽です。確認しやすいし、すぐに入力できます。

 

ところが、です。9月からの自分の動きを考えるために、どれくらい連続で、あるいはどれくらいの頻度で実家に行っていたのかな?と振り返ろうとしましたが、毎日同じような生活をしているせいもあって、あれ?一昨日は泊まったんだっけ?夜帰宅したんだっけ?などと記憶が曖昧になっているのです。スケジュールはほぼ全部入力して持ち歩くことに成功していますが、目の前のミッションに追われて流れていってしまう時間に焦りを感じました。合間を縫って、カヤックを漕いだり、映画を見たりしていますが、記録しておかないと、消耗している感覚だけが残っていくような気がします。

 

そこで、日々の泡復活です。教員時代、日々の泡という題をつけたノートにその日の出来事をメモっていました。仕事をやめたことで、教育についても学校についても自由に発言できると感じています。それもあるので日々シャンパン。泡となって消えていくことを書き留めておかなきゃです。

 

| |

« 春の空気 | トップページ | ヨクカンサン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の空気 | トップページ | ヨクカンサン »