« 夜空よ今夜もありがとう | トップページ | 北に向いて手を合わせる »

2018年1月 5日 (金)

寂しいメダカ

Pc240282

10日ぶりに教室に行った。湿気対策でエアコンを常時稼働させておくのが普通だった昨年度はあまり感じなかったけれど、今年は乾燥していることもあって上の方針が変わりエアコンはオフになっていたのでどん冷えでした。伊豆諸島最南端、というと暖かいイメージがあるけれど、気温は10度を切っている。

6月頭に、青い航空会社の人に特別にお許しをもらって東京から持ち帰ったヒメダカ20匹。卵を採取して、20匹くらいの赤ちゃんメダカが産まれた。保育園水槽で隔離し、だんだん数は減ってしまったけれど、冬休み前には、1センチ強のメダカが5匹、20匹のうち7匹が生き延び、大人水槽で泳いでいた。確かに。

毎朝、教室に行くと、まず2つの水槽をのぞきしばし癒され、子供が帰った後、また水槽を眺めて諸々リセット。そんな習慣で、今日も、まっすぐ水槽へ。まずは、保育園水槽。3匹しか見つからない。5匹のうち2匹は産まれた時期が少し遅かったこともあり、なかなか大きくならなかった上、ちょっといじめられていたので、お亡くなりになったのかもしれないなあ。続いて大人水槽をのぞく。水温も低いので、メダカも動かないだろうと予想はしていたけれど、3匹しか見当たらない。水草の影にいるのかも、とピンセットで水草をかきわけたけど、やっぱり3匹。水を少し揺らしてみたけれど、3匹しかいない。メダカは弱ったり、お亡くなりになると、共食いもするし、タニシもメダカを食べるので、今までも、亡骸が見つかった個体は4匹ほどだった。子供メダカは、暖房が効いてきたら4匹確認できた。合わせて8匹。

暖かい職員室に移動させなかったことが悔やまれます。
次に5年生が在校して教材で使うまでなんとかブリーダー活動を継続しなくては。。。
雌雄の確認を忘れたけれど、残っている大人メダカが全部同性だったら、今年は赤ちゃんが生まれないなあ。ここも少子高齢化問題か。

画像は、無関係ですが、昨年末の誕生日、休日だったのに一人でご飯作って食べて、という日だったので、何か新しいことをしよう、と思い立って作った(といってもホームベーカリーの作品だけど)チョコメロンパン。

まだ帰省している同僚が戻っていないので住んでる住宅はわたしだけ。PCからBoseに飛んで鳴り始めたのは、CLIMAX80'sでした。誰もいないから、大きな音で、節操なく感じるラインナップのBGMです。

|

« 夜空よ今夜もありがとう | トップページ | 北に向いて手を合わせる »

コメント

メダカは水温低くても生きられますから、死んだのは他の要因だと思いますよ。
金魚やコイなんかは、「水温低い時に餌をあげるとお腹を壊す」と言われたりしますが、うちでは、5度くらいでもあげちゃっているみたいです。(今はギンブナ、クチボソ、金魚ですが)

投稿: あきらけい | 2018年1月 5日 (金) 23時07分

そうなんですか。。。今までの経験的に、餌はこの時期、一週間くらいやらなくても死なないし、うーん。
メダカを買ったお店のご主人の話しだと、振動に一番弱いとのことでした。
タニシとカワニナを疑ったこともありますが、生きている個体は食べないみたいです。
残っている子たちを減らさないようにします。

投稿: 8 | 2018年1月 5日 (金) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506443/66245206

この記事へのトラックバック一覧です: 寂しいメダカ:

« 夜空よ今夜もありがとう | トップページ | 北に向いて手を合わせる »