« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月14日 (水)

占い信じますか?

P1020069_3
今年もカウントダウンがはじまっています。テレビはあまり見ませんが、流行語大賞だとか、今年の漢字だとか、1年間を総括するようなニュースも流れてきます。

島に来る前は、毎日のようにコンビニや夜遅くまでやっている本屋に立ち寄り、何かをうめるように雑誌を買っていました。ここ数年は、買うだけでほとんどページをめくらない、なんていうことさえありました。雑誌をつい買ってしまう特集の一つに占いがありました。読んでもすぐに忘れるし、だからどうってことはないのですが、読みたくなってしまうのです。

時々「アマゾンって届くの?」と聞かれますが、ご心配なく。アマゾンも、ネットスーパーも聖戦食料品以外ならたいてい配達してくれます。インターネットのおかげで、離島にいるけれど、さほどの不自由はないのです。
そんなわけですが、惰性で手にとっていた雑誌はわざわざ買わなくなりました。占いを読むこともまったくなくなりました。
ところがです。「しいたけが占う2017上半期の運勢」こんなものが、見知らぬ人のツイートで流れてきました。もちろんリンク先をポチりました。ネットの占いというと、さわりの部分だけ無料で読めても肝心なところは有料、というイメージがありましたが、しいたけさんの占いは大盤振る舞いです。けっこうなボリュームでした。そして、なんだかあたっているような。まあ、万人にあてはまると思わせる書き方がされているのはわかっているのですが、それでも、納得してしまいました。

わたしは、山羊座なのですが、山羊座の人は(ってきっと誰でもだけどね)、自分の中に大きな二つの気持ちを抱えているそうです。これが、まさに、そうそうっていうものでした。
誤解を恐れずさわりだけ紹介すると、その一つは、行けるところまで行ってみたいと言う気持ち。もう一つは、ここまででいいや、という気持ち。

わかるわかる。「とことんやる」っていうのが自分のテーマでもありますから。そして、この勝手に自分のテーマをどんどん決めるのも特徴だとか。「常に限界を超えているメンタルをかかえ」てくたびれ、「利害や思惑が絡み合う人間界(笑!!)から離れる」ことが必要、だとか。まさにわたくしのことのようです。アウトドアで原人生活を送りたくなったりするのはそういうことか、って感じです。その他にも、家にいるとただの寝ている人、だとか、どうでもいいことには相当テキトーな人、だとか、うんうん、という感じでした。

わたしが今追求しているテーマや旅は加速している時らしいです。そして、わたしの夢と物語はわたしの都合では止められないんだそうです。
よくわからないけれど、自分の中で思うところあって島に来て、おぼろげながら描いている退職後のことなど、みんな同じ線上にのっているのだということなのかもしれません。

占いは都合のいいところだけ信じていればいい、と思います。
他の星座のも読んでみたら、なんだ、どれを読んでもあてはまる感じがするじゃん、ってことなのかもしれませんが確かめないことにします。

チャクチャクと音がするくらい学期末の仕事は順調。
気がかりは、車の傷が錆びてきていることと、泡もの5本セットを買ったけど冷蔵庫に入らないこと。仕事は大きな意味では、停滞しているように感じる部分もあるし、占いでも試練はありそうな匂いがするけれど、物語はちゃんと夢(ってはっきり表せない感じもするけど)の実現に向かって動き出している。みたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月11日 (日)

なんでもないことですが

Pc110017

4月に来たとき、南の島といってもけっこう寒いのだ、と感じたのですが、エアコンを付け、室内では湿気対策もあり暖房をつけていることもありますが、12月に入っても外気温の最低気温が10度くらいあるのでやはり暖かいです。1、2月になると風が強い日が増え、体感温度が下がってとても寒いそうですが。

さて、このところ、新しいこともせず、仕事もそこそこのところでこなし、というぬるま湯につかっていました。楽だし、ストレスもそれほどなく、毎日が過ぎていく。これじゃいかん、と軌道修正。

高校を卒業した後、始めて一人暮らしを始めた時、部屋を綺麗にそうじして、デスク兼ダイニングテーブルのこたつのカバーを当時好みだったペパーミントグリーンにして、好きな音楽をかけながら紅茶を入れて飲むのが好きでした。今は、ストローングなコーヒーを飲むことが多いのですが、今日は、なんとなく昔のことを思い出しながら、カーテン越しのひだまりの中で、ひさしぶりにミルクティーなど入れてみました。

たった一人の8組の授業は、一人に特化したシステムで進み、成果が目に見えるのが面白く嬉しいです。でも、本当の力にするためには、私が喜んでいるのでなく、その子自身が楽しいと思い自ら学ぼうとすることが必要不可欠で。。。学習直後に理解されていてもそれが、定着していかなくては使えないわけで。。。。それは、もっと長いスパンで追わないとわからないことでもあります。子供一人に先生一人。どの瞬間も見逃されない子供はちょっとかわいそうでもあります。30人いれば、自分から目が離れている瞬間があり、息もぬけるのです。手を出しすぎないこと、放置する時間もとること、も必要なんだなあ。

温かい飲み物は幸せを運びます。写真はスズのタンブラーで、2重構造になっているらしく、冷たいものも温かいものも、温度を保つ構造だとか。いただいた時は、桐の箱に入っていたので普段使いにするのを躊躇していましたが、軽くて、思ったより丈夫。普通に洗って大丈夫なので、ビールはもちろん、たっぷり飲みたいお茶などもこればかりです。

SNSを眺めていると、雪便りと、忘年会のご馳走などの様子が多くなりましたね。忘年会も職場のものだけだし、雪遊びも年末休み1本勝負なので、遠い世界にいる感じ。
ここには、日常的にできる好きなことがある。ここでしかできない好きなこと、に時間を使う休日。

業務連絡:23日に帰ります。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 8日 (木)

走ってないけど師走

あっという間に今年も年末です。

島での生活にもなれ、お客さんモードはほぼ終わり、生活している感じになってきました。反面、最初の頃に比べるとちょっと停滞しているかな、と感じることもたくさんあります。
仕事にふりまわされず時間がゆったりしている分は、生活そのものに時間を回しています。料理とか、掃除とか。なんでもすぐにそろうわけではないので、先を見通して注文したり、準備したり、ということに時間をかけたり。
島に来てやろう、と思っていたことで、まだやっていないことがたくさんあります。いつものペースで自分を出して突き進んでいくことがなかなかできない感じもあり、焦らないでやろう、という思いもあります。でも、起こらないかもしれない周囲との軋轢を心配して慎重になっていたら、何もしないで、終わってしまうのかもしれません。時間は有限。パソコン一つでなんでもできるけれど、ここでしか、今しかできないことに時間を使おう。
そんなことを考える夜です。地味だけど、大事だな。ひとりよがりにならないように、と思っているけれど、最後に信じるのは自分の物差し。生き方についてはゆるぎなくそう思えるのですが、仕事関係となるとなかなか。。。周囲の反応でぶれない立ち位置、説教するのでなく自分がまず行動、そんなやり方は古いのかもしれませんが。
退職後に照準をあてて、趣味は時間ができてから極めようなんて思っていたけれど、これも今できること、身近なことを楽しもう、と思い直すこの頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »