« 新聞と本 | トップページ | パラパラ »

2016年1月30日 (土)

12分の1

Niseko

ここ5年ほどやってきたこと、というか流れにのってきたことを、まとめる時期になったようで、年が明けてから休日も仕事をしないと追いつかない日々を送っている。

そんなわけで、初滑りは早かった今シーズンでしたが、ほとんど滑っていません。そして予定も入っていません。それでも、自分が回している仕事をきっちりまとめたいというスイッチの方が勝っているのです。
終末、雪山や海に行かないせいで、友人に会ったり、お芝居を見たり、する遊びが増えている2016年のスタートダッシュでした。
今月のトピックとしては、まずは、成人式を迎えた元8組に会ったこと。立派になっていて嬉しかった。そして、一緒にチームを組んでいた後輩とも久しぶりに会い、たくさんしゃべりました。
芝居2本。
「JUM TOWN」(神奈川芸術劇場) 大掛かりなセットのミュージカルでした。ストーリーはともかく、役者さんたちの歌と踊りに魅せられました。台詞が聞き取れないのが残念でした。
「手紙」(新国立劇場小ホール) 初日に見てきました。泣きました。そして考えさせられました。東野圭吾原作。本も読んでいなかったので、今読んでいます。罪をつぐなうこと、自己満足にしかならない行為や、自分のしたことに真正面から対峙することについて、深く考えさせられました。自分の日常にも同じような一人よがりの逃げがたくさんあると思いました。
そして、どの役者さんも歌がとってもよかった。エンディングについては賛否両論あるようですが、素人としてはベタにいってほしかった。大人の事情なのかもしれませんが。ロビーのディスプレイも素敵でいつか使わせていただきたいなあ、と思いました。素晴らしかったです。比べちゃいけないけど、際立ってしまいました。
音楽も。
横浜国立大学管弦楽団のOBが中心メンバーである、横浜シンフォニックアンサンブルの定期演奏会に行ってきました。(横浜みなとみらいホール)
曲目は、ラヴェル「ダフニスとクロエ」第二組曲、同じくラヴェルのピアノコンチェルトト長調、ベートーヴェンの「英雄」でした。ピアニストは、伊藤亜純さんで、華やかな演奏でした。パンフレットの曲目解説を読むと、どの曲についても主題のフレーズが楽譜付きで書いてあって、私はとても楽しめました。そして、びっくりしたのが、団員が書いているのではなく、オケの曲目解説を中心に執筆活動をしている音楽評論家が書いていた、ということです。アマチュアではあるけれど、学生とは違うということですね。ちなみに、鉢村優という方の文章でした。
「英雄」は、有名な曲なのでよく聞く曲ですが、改めて解説を読みながら、ベートーヴェンはいろいろ新しい手法を取り入れた人だったんだなあと改めて知りました。ホルンが3本で、3重奏を初めて意識して聞きました。
そして、昨夜。目黒不動前のGarden というバーで、女子会。フレアバーテンダーのいるダイニングバーで、お誕生日のメンバーにサプライズでフレアをやってくれました。とてもかっこよかったです。
今年も1/12が終わります。

| |

« 新聞と本 | トップページ | パラパラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12分の1:

« 新聞と本 | トップページ | パラパラ »