« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月18日 (火)

今週末

Nec_0152_2 Nec_0150_2

金曜日の午後は、帳簿上は振替休日。

で、夕方の飛行機で今期初雪山ツアー。
天気が気になる。帰って来られなかったらどうしよう!?という数年前には全くしなかった心配がふくらむ。
学生の頃、「明日のことを考えるようになったら青春の終わり、年をとった証拠」なんてことを友達としゃべった記憶があるけれど、この年にしてやっと青春が終わったとも言えるのかな。
とりあえず、旅行届けは出して、先手を打っておきます。
写真は、昨年のもの。泊まる予定の宿と山の入り口。各方面の方々、チョコレートは今週末北の大地より発送予定(遅っ)。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

肉体労働日

P2090616

本日、今年度最後の学校公開日。午後来年度入学者向けの新入生説明会。

昨夜、職場から出ようとすると、けっこう積もっている。(9時)いつもは歩いているところをバスに乗り帰宅。夜半から雨になるらしい、との情報を聞き、朝になればけっこうとけてるんじゃないかな、と思っていました。
それでも、積もっていたら、雪かきしにいかなければ、と緊張していたせいか、朝、4時前に目が覚めました。窓を開けてみると。。。。。がーん真っ白。まああまりにも早すぎるのでもう一度ふとんに入り、6時すぎに家を出ました。
電車は動いていると言っていましたが、ずいぶん間隔があるみたいだったので歩いて職場へ。ふだんの日なら、出勤できない同僚がいても、まとめて面倒見ればいいのですが、授業参観だからどうしたらいいのだろう、だいたい参観者は来るのかな、とか、いろいろ考えながらたどり着いたときは汗だく。
結果。休校でした。配信メールを流し、エラー対応で手分けして電話。電話機はたくさんありますが、回線が少ないから、校内で回線の取り合い状態。そして、既に登校してしまった子達の対応と雪かき。
足下から指先までスキー用品で固め万全!!だったはずですが、ニセコで買った子供用のソレルのスノーブーツに落とし穴がありました。いわゆる足(foot)の部分はゴム製なのですが、その上がナイロンの長靴状になっていて中に厚いフェルトのインナーブーツが入っているのですが、ニセコで買っただけにパウダー用のようで、今日のようなシャーベット状の雪には弱かった。じわじわとしみてきてびしょびしょでした。
敷地が広いと雪かきも大変です。おまけに、メインの玄関は、門を入ってから宝塚ばりの大階段を登ってさらに20mくらい先にある。。。。人手はあるのですが道具が足りない。プラスチック製のちりとりがいくつもお亡くなりになりました。不覚にも、私物のアバランチセットのシャベルを持って行くのを忘れまして。。。。本日は、鉄製の置いて使うタイプのちりとりで参戦しました。
午後の説明会は開催したので、本日のシメは、パイプイスの片付けとなりました。
あ〜つかれた〜!
分数の導入の授業用に仕込んでおいたホットケーキ(最近はパンケーキっつうのか)と、ランチパックメンチカツは、職場でチンして食べてしまいました。
来週末は北海道の雪山のぼり。新雪はほしいけど、そこそこでいいです。お風呂は温泉でじゅうぶんですから。
(画像と本文は関連性がありません。)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月13日 (木)

ホモだち

P2130626

きょう、突然、プレゼントをもらいました。

「運命的に出会ったので。癒しグッツ」というメッセージもついていました。
職場で隣に座る後輩ちゃんからのサプライズ。
これ、時々見かけては、ほしいなあ、と思っていたものでした!
アーノルド=ローベル作 「ふたりはともだち」「ふたりはいつも」「ふたりはきょうも」「ふたりはいっしょ」という4冊のシリーズもの(20の短編が収められています)に登場するがまくんとかえるくんです。
がまくんとかえるくんのちょっとした事件とふたりのやりとりがあたたかくて、大好きな絵本の一つです。
中でも小学校低学年の国語の教材として数社の教科書にのっている「お手紙」が有名で、今年ももうすぐ「お手紙」の学習がはじまります。学習が終わったら、8組に連れていこうと思います。
後輩ちゃん、すっごく嬉しかった。ありがとう!

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月12日 (水)

ダッシュツ・シンセツ・ジコサツ

Photo

2月8日ー9日

今シーズン滑走日数10−11日目。
この週末、滑りに行きたいんだけど予定が決まっていない、という話をした友達から、お誘いを受け20年ぶりくらいで斑尾高原で滑ってきました。
折しも、東京大雪の予報が出ている週末。金曜の晩から、都内で足止めくったら行かれないなあ、と心配していました。
朝、7時前に外に出ると、先日とは大違いの積もりそうな細かい雪が降っており、あたりはうっすら白くなっています。でも、電車は平常通り動いており、東京駅から長野新幹線。車窓は出発直後からどんよりと曇った雪国の景色でしたが、無事首都圏脱出。長野からは、高速が通行止めになっていたためバスも下道を走り少し時間がかかったものの、昼前に斑尾高原着。フカフカの足下に期待がふくらみます。10年以上会っていなかったスキー仲間との再会を果たし、いざゲレンデへ。
斑尾高原スキー場は、運営会社が変わり、非圧雪バーンやツリーランができる林間コースがたくさんできていました。行動を共にしたメンバーはみんな、「まだらー部」員で、界隈のことを熟知していました。そこで、一本目からパフパフのバーンや、林間コースへ案内してくれました。
今回の板はサイコ。ラインのパンドラ(セミファット)を持って行こうかずいぶん迷ったのですが、太いとポジションがよくわからなくなっていたので、あえてサイコを選んでいました。
今回はゲレンデでしたが、足慣らしが必要のないメンバーだったのでいきなり本番でした。こういう場面でいいポジションに乗れない。。。。。なだらかな斜面で何本か確かめてからだったらいい滑りができそうなんだけどなあ。。。。あたりまえのことですが、山では、足慣らしや練習はなしで、いきない本番の滑りが始まるのです。前回はっきりした全身の連動という課題に加えて、いつでもいい位置に乗る、っていうのが今後の目標となりました。
今回ちょっと嬉しかったこと。それは、ツリーランが少し上手になったことです。ワンターンごとに止まらなくても、3ターンくらいは連続して木を避けながら滑ることができました。会心のターンとはいきませんが、新雪に埋まることはありませんでした。ニセコでパウダーの楽しさに出会いやられまくってから10年以上。テレマークを初めてはいてから10年。遅い歩みですが、いくつになっても成長ってするんだなあと思いました。
成長とは少し別ものですが、驚くなかれ、今回、新しい語彙の獲得もしました。
「ジコサツ」
今回の旅は、誘ってくれたR嬢が全ての手配をしてくれていました。東京駅の新幹線乗り換え口前で待ち合わせて、受け取った切符を投入し最寄り駅からのスイカをタッチして新幹線ホームへ。最近続けて、妙高や、奥琵琶湖に出かけていたので、新幹線は乗り馴れていました。妙高も、奥琵琶湖も、新幹線アーンド在来線の乗り継ぎでアクセスします。だから切符は新幹線特急券と乗車券の2枚。ここに落とし穴があったのです。
帰りは長野駅で、1時間ほど余裕があったので、駅前の「油や」で熱燗とお蕎麦。10分ほど前に駅に戻りながら、
8「ねえねえ、帰りのチケットまだもらってないよね?」
R「えっ!?まとめてあげなかったっけ?」
8「もらってないと思うけど」
Rお財布を確かめながら「ううん、あげてるあげてる。」
!!!!!もしかして!!!ここで、8日の朝受け取った切符は、往復分の2枚だったのに、乗車券と特急券だと思い込んで2枚とも改札に投入していたのだ、と思い当たりました。もちろん、行きに降りた長野駅でも2枚投入してそのままスルー。切符を無くしてはいるけれど、指定席はとってあるから誰かが座るということはありえない。しかたない、もう一度切符を買えば座って帰れる、と開き直ったのが、発車の7分くらい前。とりあえず、駅員さんに話してみることにして、のぞいたみどりの窓口は長蛇の列。改札口の駅員さんに話しに行きました。手にはR嬢の指定席の切符とえきネットの領収証を握りしめ、「行きに2枚投入してしまい回収しなかったんですけれど」と言うと、「回収されないことはありません」→「そうじゃなっくて、私が取り忘れてしまったのです」というやりとり。それを奥で聞いていた人が、バインダーを持って登場。それは「事故札」という書類でした。指定席の番号まで書いてあったので、すぐに私の切符が保管されていることが判明。この時、5分前くらい。在来線の改札口に駅員さんと一緒に行き、そこでサインをして切符を受け取り、ダッシュで荷物を持って待つR嬢のところへ戻りました。

日本の鉄道、すごい!JRすごいなあ。A4の用紙に印刷された表に手書きで、どんな切符がいつ回収されたか、というのが書かれていました。私のものの他にもその用紙いっぱいに記入されていました。こっちのミスで、しかもぎりぎりに駆け込んだのもこちらの都合なのに、対応してくれた長野駅の駅員さんは「走らせてしまってすみません」なんて。ありがとうございました。無駄な出費も乗り遅れもなく、無事に帰ることができました。

昨シーズンの信越線運行中止、関温泉から帰れなくなりそうになった件、年末千歳で飛行機大幅遅延した件、があったので、2度あることは3度ある、で次はなんだー!?と思っていました。これが3件目だと思うことにします。思い込みに、トシを感じる一件でもありました。

東京の大雪は見逃しましたが、スキーのために期日前投票に行ったり、「事故札」という言葉を覚えたり、まだまだ「はじめて」はあるのだなあ、と感じた週末でした。
(photo by MONYA Thanks!)

| | | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

にゃーにゃー

Nec_0212

2月4日雪
出張が終わり、外に出ると、ティッシュをちぎったようなぺらっとした大きな雪がざんざか降っていました。定時をすぎていたので職場にはもどらず、爪の手入れをしに銀座へ。こんな日はきっと空いているだろうと踏んで電話してみたら案の定。で二人で同時に両足を手入れしてもらったのでとても早く終わりました。
友達を呼び出して久しぶりにHARE GINZAでワイン。メニューがだいぶ変わっていましたがどれも美味。
2月5日(水)
翌5日はまたまた出張で早く出られる予定だったですが、共通の友人と翌日映画を見ることになっていると聞き、急遽合流することに決定。
何年かぶりに映画を見ました。見たのは「ジャッジ!」妻夫木聡、北川景子。某T社のあざとさのようなものも感じましたが、仕事帰りにはこういう、軽くて笑える映画がいいです。平日だったので、映画見ながら夕飯にパンを食べ、終映後は数分の立ち話で別れました。
4日に「明日は『ジャッジ!』を見に行く」と言われて、それがなんだかわからず、ガラケーで検索かけたのは言うまでもありません。ピンぼけ御免!

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »