« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月 1日 (火)

9月15日 笹川流れ

Photo_3

粟島を1周する予定だった連休。あいにくの台風で、帰りのフェリーが出ないことが予想されたため、瀬波温泉の海水浴場脇でキャンプ。徒歩で立寄湯&居酒屋でご飯。

翌日は、笹川流れを漕いできました。桑川付近から出艇して、葡萄川まで。途中眼鏡岩で上陸して昼食。漕いでいる時少し雨に降られましたが大雨にはならず撤収時は雨もあがり、艇を乾かすことができました。
車にカメラを置き忘れてしまったため、ゴール地点の写真しかないのが残念です。明るい黄味がかった岩肌が続く一体は、洞窟やトンネルの数が半端ではありません。しかも、通り抜けできるところが多くて面白かった。波も穏やかだったのでトンネルほじりに精を出して漕ぎました。パドルボードの方と同行したのですが、パドルボードはさらに狭いトンネルにも入れて楽しそうでした。
アクセス:新潟まで新幹線。その後、在来線で村上へ。港まではバスが出ています。
今回は駅でピックアップしてもらいました。
当初3日間だったツアーが2日になることになり、初日に現地入するので、「笹川流れを漕ぐ?」と打診されていたので、笹川流れの地図も用意して行きました。瀬波温泉から漕ぐこともできるけれど、あまりおもしろくなさそうで、今回漕いだ範囲がカヤックでは楽しいみたいです。こういう時、セーリングで通り過ぎるといいのかな?
夏場の日本海は穏やかだそうです。演歌などで植え付けられている厳しいイメージは冬のものなんですね。

| | | コメント (6) | トラックバック (0)

愛が足りない

Photo_2
9月29日(日)初めてのソロ漕ぎの予定が、WISPERのスターンのフレームの一部が破損していたため、中止。出艇地下見を兼ねた、近江牛、黒壁観光、カヤックドッグ入の旅となりました。それはそれで楽しんだし、リフレッシュの週末になりました。

ドッグ入させたWISPERを師匠に見せたところ、診断は愛情不足。
えっ!!こんなに愛しているのに。毎回、お風呂場を優先的に使わせて潮抜きしているのに。しかし、ほんとに、失敗しないと学べない自分らしさがここにも出ていました。
都会の高層住宅住まい、車なし、遠出してフォールディングカヤックで遊ぶ、となると、宅配便利用が増える。しかも、平日は宅配便を受け取れる時間に帰宅できない。となると、必然的に宅配を受け取るまでに数日は当たり前。1週間先になることもよくあります。つまり、潮まみれのままその期間は放置。手元に届くとフレームの潮抜きはするけれど、船体布を自宅で広げる事はほぼありません。船体布の中に砂が入っている状態のまま毎回組み立て→漕ぎ→撤収のループになっています。後悔先に立たずですが、キャンプツーリングが多く防水バッグについた砂を丁寧に落としてパッキングしているつもりでも砂が入っていたこと、組み立て時に、フレームをバウに入れるとき毎回体ごと入って足で入れているため砂が入りやすいこと、しかも組み立てが遅いので速さを気にして砂が入らない配慮がおろそかになっていたこと、撤収時に電車の時間を気にして中の砂をあまり気にしなかったこと、ミニ箒は使用していたけれど、ミニちりとりは携行していないこと、を4年ほど繰り返したことこそ、愛が不足していた、ということでした。
砂をきっちり取り除かないことで、次に使用する時、船体布の中でフレームが砂で擦れるということで、バウとスターンのキールは傷だらけになっていました。そんなもんだ、と思っていましたが、使用頻度の高い艇のツルピカなフレームを見て大反省しました。
一度ついた傷はもとにはもどりませんが、今後砂抜きをしっかりしようと心に決めた週末でした。ソロ漕ぎはできなかったけれど、気付きのあるプチ旅行でした。100均で買ったミニ箒もちょうど壊れてしまったので、WISPERが帰ってくるまでにミニ箒とちりとりのセットを用意したいと思います。
琵琶湖長浜の出艇地や宿泊先や温泉の下見もできたし、地図はばっちりチェック済みだし、風についての規準も少し分かったのが今回の収穫でした。
この秋はことごとく連休が連休でなくなっているので、ゆっくりドッグ入りしてもらって、雪の便りが聞こえるまでは、山歩きに心動かされています。帰りに、品川に新しく出来たモンベルに寄って、八ヶ岳のパンフレットなど見ながらそんなことを考えていました。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »