« 8月17日 ユーコン川⑤ | トップページ | 愛が足りない »

2013年9月23日 (月)

ユーコン川 旅を終えて残るもの

Photo

旅を終えてから、すでに1ヶ月が過ぎてしまいました。

それでも、あの、帰りの車の中で、日本とはまったく違う山並みと広大な針葉樹林と開けた空を見ながら感じたことは残っています。
帰国してすぐにヨシに送ったメールの文章を引用して、旅日記をしめくくりたいと思います。(写真は3泊目に見たノーザンライト。タナアキくん撮影)
*****
ユーコン川が初めてのカヌーや初めてのキャンプの場でなかったら、今のように夢中になることはなかったのではなかな、と感じています。
ユーコンは、BigRiverですね。初心者も経験者も、どんな気持ちで訪れる人も、誰をも受け入れてくれる懐のでかさ。
97年は、初めての感動がありました。今回は静かで穏やかな時間を過ごしながら、森の中を遠くからだんだん風が渡って来るのを音と体で実感したり、山の切れ目から風が吹き下ろしてくるのを感じたり、15年前にはたぶん感じられなかった様々なことを感じ取ることができました。
それは、ビーバーを見た、とかそういう興奮とは別のもので、言葉にしてしまうと通り一遍のことですが、訪れてよかったなと心から思っています。
そして、次は、ドーソンまで下ってみたいな、と思い始めています。
*****

ホワイトホースへの車中、ドライバーのトーマスが、クラシック音楽の有名な曲ばかりピックアップしたCDをかけていました。チャイコフスキーのピアノコンチェルト1番とか、そういう曲です。他の旅の友はみんな寝ていました。私は、体はほとんど疲れていませんでした。いつものように漕ぎきったーというような達成感とは別の満足感の中を漂っていました。冒険という色も特に濃くはなく、でも癒されているような、ホッとしたような気持ちで広大な景色を眺めていました。友人に促されて始まった今回の旅。自分にとっては淡々とした印象だったけれど、一人で車の窓から川や山を眺めながら BigRiverなんだなあ、ということに気付かされました。たぶん、訪れた人それぞれがこの川に受け入れてもらったと感じて帰るのではないかな。
さて、あとは、カヤックを持参したことに関する記録を残すのみ。いつになるやら。

| |

« 8月17日 ユーコン川⑤ | トップページ | 愛が足りない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユーコン川 旅を終えて残るもの:

« 8月17日 ユーコン川⑤ | トップページ | 愛が足りない »