« 8月13日 ユーコン川①つづき | トップページ | ユーコン川②おまけ »

2013年8月27日 (火)

8月14日 ユーコン川②

P8140337_3

朝6時ごろ目が覚める。起きて朝食作りの手伝いをする。コービーをそのまま直接水の中に入れて沸かし、最後にびっくり水をちょろっと注いでコーヒーの粉を沈めて上澄みを飲むやり方をカウボーイコーヒーというそう。

8時朝食で9時ごろ出艇だったと思います。皆さんは、2人組のペアを昨日とは替えて漕ぎ出しました。一人艇は孤独ですが、自由です。後ろ向きで皆さんの写真を前から撮ったり、白頭鷲が停まる枝にに近づいていったり。穏やかでよい天気です。ジップロックにお昼用のサンドイッチを入れてもらい、昼は上陸はするけれど調理はせず、それを食べることになりました。目指すはフータリンカ。今下っているThirtyMileRiverとTeslinRiverが交わる地点の近くです。2つの川の水の色が少し違っているので、この合流地点から色が変わる、と教えてもらったことを思い出しました。穏やかな流れの中ただただ、大きいなあ、と思いながら漂っていました。漂う旅は初めてなので新鮮でもありました。遠くで聞こえる鳥や動物の声を感じ、透き通る水をのぞき、その中にただ居るという感覚。
P8140330
この日、ランチで上陸しようと思った地点にうまく上陸できませんでした。というのも、川は流れているので、ガイドがここに上陸するよ、と言ったあとで接岸するためには、艇の間隔を十分に空けておかないと、流されてしまってそのポイントを通り過ぎてしまうのです。流されている間は、流れの速さはほとんど感じないくらいですが、岸に着けようと漕ぎ始めると流速を体で感じます。しかも、操作がおぼつかないのでどんどん流されます。カヤックなら漕ぎ上がることもできますが、重い荷物満載のカヌーではかなり難しいです。
そんなこんなで、この後、上陸するころになったら間隔をしっかり空けて、みんなガイド艇の動向をよく見るようになりました。
私は、今までフェリーグライドなど理屈で知っていましたが、行きたいところに行くためにあるんだなあとつくづく感じました。必要だとできるもんですね。スカーリングや、エディーターンも自然にやっていました。
そんなこんなで、お昼を食べ、フータリンカを目指しました。テスリン川との合流を楽しみにしていたのですが、私はこの日、地図上で現在地を見失ってしまいました。合流していないけれど、開けていて気持ちのよいキャンプサイトがあったのでそこでキャンプすることにしました。ガイドのケイトのGPSと私の地図で現在地を確認するとフータリンカより手前でした。少し早く着いたので、みんなそれぞれ釣りをしたり、水浴びしたりしていました。私も川の水で汗を流しました。肌露出したのはこの時だけだったのですが、この時やられた蚊が強烈で、この後時間差攻撃で刺されたジ順にかゆくなる、という状態でした。
Photo
夕飯は、チキンステアフライ。簡単に言うと、鶏野菜炒め。わたしにとっては、このメニューが懐かしい。15年前の旅のメニューをなぞっていたのです。当時世話になったKPというアウトフィッターの定番メニューだったのだと思いますが、ヨシの計らいだったのかな。日本風に作っていいよ、と言われてみんなで野菜を切り炒め、Sさんがご飯を炊いてくれました。美味しい夕飯になりました。
ケイトは、チョコレートケーキを焼いてくれました!
Photo_2

| |

« 8月13日 ユーコン川①つづき | トップページ | ユーコン川②おまけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月14日 ユーコン川②:

« 8月13日 ユーコン川①つづき | トップページ | ユーコン川②おまけ »