« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月23日 (火)

くだらない日常

金曜日、雨が降っていたから自転車を職場に置いて来た。

傘をロッカーに忘れて玄関まで来てしまったので、ビニール傘を拝借して帰路についた。途中コンビニに寄って、水とヨーグルトとパンを買った。店を出たら、傘立てに入れた傘が消えていた。3分くらいだけど、傘無しで歩いた。前方に見える曇りガラス風のビニール傘が、自分のさして来た物に見えてしなたがなかった。その傘は私と同じ住宅に吸い込まれていった。近くで見てやろうと思ったら、エレベーターの表示は既に2↑になっていた。次のエレベーターで自分の階で降りる。自転車置き場にある黒いチャイルドシート付きの電動自転車が、人が座っているように見えてビクッとした。これ、毎日なんだけど、ビクッとしてしまうのです。
なんだかなあ。
今日は、早めに帰宅して、2個目は職場で支給されないというので(って、1個目もらったの8年前なんだけどさっ。毎日出し入れしてタイムカード代わりに使うんだから破れて当然の)職員証を入れるネックストラップ付きのホルダーを買った。黒系のケースに赤系のストラップ。ケースに花と葉っぱをつけてみた。皮のがかわいかったけど、思いと肩が凝るので、一番軽いビニール製のものにしてみた。子供は気付くだろうな。明日は、使用中の破れケースから、ホイッスルとキーボックスに下げる名札と引き出しの鍵をこっちに付け替えて使う予定。こんなことでも気分転換になりますな。
それにしてもいつまでも寒い。
GW前半ユートピア再訪ツアーの皆様、行程表明日までお待ちください。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

記憶を辿る週末

学年経営案作成、直し。主任会用資料作成及び出席のため出張。17日に千人越えの客人が職場に来るので教室環境準備。各種掲示物作成、作品掲示。運動会地域種目について町会長さんたちとの打ち合わせのための資料作成および会合。保護者会資料としてシラバス等作成、直し、印刷、綴じ(6項×140部)これはチームで。保護者会で配布する学校生活のしおり、万引き防止の資料作成、印刷(13項×600部)→綴じ(600部/これはみんなでやった)。保護者会全体会用資料印刷(1000部)綴じ(これもみんなで)及び、話す内容準備。50m走のタイム入力リレー選手選出赤白組み分け。1年生を迎えての学校探検の根回し、準備。運動会表現種目選び。
昨日までの1週間の、お子ちゃまがいなくなった後でやった仕事。いつもぎりぎり。これをのろまというのか、しかたないというのか、それすらわからない。
この他に8時から毎日打ち合わせ、8時20分から15時ごろまでは子どもにはりついて授業。積み残しの仕事は、漢字プリントの◯つけ(今日やるべきだが、行きたくない)。ほんとうは昨日帰りまでに提出しなければならなかった週案(今日やる)。
帰宅してからやったこと。昨年度の研究会の会計報告づくり。洗濯、アイロン。アクアスキュータムのスーツをドライモードで洗濯機で洗って、同じくドライモードで乾燥機。クリーニング屋さんに行く時間がなくていちかバチかでトライ。以外と大丈夫でした。ただし、アイロンかけがちょっと大変でした。
まだ肩が痛い。漕げるかな。ちょっと心配だけどとりあえず目下の楽しみは富士五湖と沖縄と立山。一人漕ぎデビューと新島。なんだかんだいって、いろいろある。芝居も2本ほど予定あり。
今日は、富士五湖ツアーの支払い及び準備とジャージ購入。そうだ、掃除用具分配の仕事もあったんだなあ。
飲みに行きたーーーーーい。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

国別対抗フィギアスケート

代々木体育館でフィギアスケートを見てきました。

フィギアスケートは、槇村さとる氏のまんがで興味をもち、けっこうテレビでは頻繁に見ていましたが、生はやっぱりよいです。
選手の表情はもちろんテレビの方がよく見えますが、ペアの滑りがシンクロしている様子やスピード感を感じられるのは生の醍醐味ですね。
そして、ホームとアウェイっていうのも意識しました。浅田真央ちゃんや鈴木明子ちゃんが出て来たときの会場の熱気と集中はすごかった。みんなが息を飲み、一瞬たりとも意識をそらさないで見つめているのです。その中でオーラを出しながら滑る真央ちゃん。鈴木明子の演技は、今シーズンほとんど見ていない私にもよい出来だったんだろうな、と伝わるものがありました。
さすが、と思ったのは、真央ちゃんの直後のアメリカチーム。リンクに投げられた花を片付け終わってもまだ会場は興奮状態だった中、アシュリーさんが滑る前に、“We will rock you"のリズムを手足で鳴らし始めました。観客もそれについて手拍子。会場の雰囲気を替えていました。
どの選手も個性があって、応援したくなりました。国別対抗ということで、応援席が設けられていて、原宿で調達したんだろうなっていう着ぐるみやかぶり物を身につけて応援する選手たちも見られて楽しかったです。
採点する審判団の他に、テクニカルなんとかっていう方がいて、その人たちは回転数など技が規準に達しているかを専門に見ているんだそうです。会場でウェーブが回ったりするのもへぇって感じでした。松岡修造さんと、荒川静香さんが中継する場所と小さな姿も確認。表彰式までの4時間くらいがあっという間でした。
最近、テレビは見ないのですが、来シーズンはフィギアを見そうです。どこかに、槇村さとるのマンガもあるはずですが、発掘するとそれで今日一日終わってしまいそうなので探さないことにします。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 7日 (日)

今ひとたびの修羅

6日は、土曜日ですが始業式でした。

春の交通安全週間の初日でもあり、役職的に、まずは7時半に地域の交通安全指導してくださっているポイントを回って挨拶。その後、進級してお目目キラキラの子供を迎え、全部積み重ねると高さ30センチくらいになる、様々なお知らせ文書を、嵐のように配布。教科書配布。嵐に備えて外の植木鉢を室内に移動。入学式の会場にイス搬入。これだけで3時間終了でした。
その後、大人で入学式準備。なにしろ、入学して来る児童生徒が300人ほど。職員も60人の大所帯なので、打ち合わせやリハもしっかりしないとどこかで穴ができる
。全部完了したのは、14時ごろでした。
嵐になる、とあまりにも騒がれていたので、夜芝居を見にいくことは誰にも告げずに、5時半すぎに退勤。
今回は、堤真一さん見たさにシス・カンパニー「今ひとたびの修羅」(新国立劇場中ホール)
テレビの2時間スペシャルドラマのようでした。大掛かりな舞台装置と音響。豪華なキャスト。感想を一言で言うと、色っぽい物語なのに、あまりドキドキしたり、気持ちが入り込んだりはしなかったです。わたしは、たぶん、もっとシンプルな作りの芝居の方が好きなんだな、と思いながら見ていました。

小池栄子がかわいくて、舞台では初めて見ましたがよかった。この芝居で一番印象に残りました。宮沢りえもすごくきれいなんだけど、今回は、色気みたいなものがあまり伝わってこなくてあっさりしていました。見た事はありませんが、梅沢富美男さんたちの芝居はこんな感じの作りなのかな、とも思いながら最後まで見ていました。途中の挿入歌は、わたしはあまり好きじゃなかったです。

見終わった後、私なんかとは観劇の数も芝居の知識も桁違いの友人達と話していて、へーっと思ったことがたくさんありました。梅沢さんの芝居なんかだと、もっとタメがあって「ここで泣いてください」っていうのがわかりやすく作られているとか。殺陣の効果音がものすごくあっていてすごい、と思っていましたが、劇団新感線の音響の方がやっていて、生で合わせているとか。演出家の存在についてとか。いつもながら観劇後の反省会はとても面白かったです。
大学の受験勉強をしていた頃、尾崎士郎の「人生劇場」を全部読んでいます。当時の勉強部屋に家族の本棚があって、たぶん父が若い頃に読んだと思われる新書よりちょい大きめのシリーズが並んでいました。浪人中で生き方について考えていたからではないと思いますが、「人生」の文字に惹かれてしまったのか、1冊読んでみたらはまってしまい,全部読破。共通一次直前の1ヶ月くらい、夜更かしして、ものすごく感情移入して涙を流しながら読んだなあ。そんなことすっかり忘れていましたが、芝居の冒頭で「青成瓢吉」という名前を聞いて思い出しました。岡崎とか、吉良とか、あの辺が舞台になっていたことも、あーそうだったんだ、といろいろなことがつながった感じがしました。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 5日 (金)

つながってきた

なんだか、リハビリ日記化していますが。

昨日、リハビリ2回目。
自分の体の癖というか、姿勢の癖というか、体形というか、そういうのと、今の症状とのつながりが見えて来た感じ。
小さい頃から、肩が前に入っていて、内科での診察の際など、いつも「胸をはって!」と肩をぐりっと返されていた。たぶん、もともとそういう体形。なで肩。
それに加えて、子供の頃、運動大嫌い。その上もともと体が固い。
で、肩回りをほどよく動かすこともなく大人に。
そういえば、平泳ぎは大得意だったけど、クロールは無様な泳ぎだった。肩がうまく回らなかったのだろうな。
でも、たぶん、もともと丈夫なたちで筋肉も使えば育つようなものがあったと思われ。
中学生頃から、スポーツをちょっとするようになって、大人になって外遊びをするようになって、この仕事について、持久力はアップ。女性でも力仕事をする機会も多く、腕力もアップ。カヤックはじめてさらに腕の筋肉が育つ。
リハビリの医師の話だと、外側の筋肉がしっかりしているのに比べて、肩の関接ホウ(?)の回り(内側の)小さい筋肉が鍛えられていないので、重みに堪え兼ねて肩に負担がかかる、肩こりにもなる、なで肩もこれに加わる。ってことらしい。
背中や脇に脂肪がついていないことも褒められましたが、腕の付根の脂肪はちょっと気になっていて、それは、たぶんそのあたりの筋肉が弱いことに起因しているのではないか、ということ。筋組織と脂肪が癒着してしまっているとのこと。
今までいろんなマッサージ屋さんで、肩甲骨の下に指が入らないとか、固いとか猫背だとか言われてきましたが、それもずべて関節まわりの筋肉の弱さと動きが悪いことに由来しているようです。
ゴムのベルトを渡されそれで簡単にできる運動を紹介してもらいました。肩が回りにくいから、パドリングも腕まかせになりがち、クロールの動きも下手、脂肪が部分的についている、ということなんだな、と納得。この筋肉を鍛えたら、いろんな幸せが待っていそうです。
むふ。
しかし、今日ももう行かねば。。。印刷作業と教室の物運びが残っています。
では行ってきます。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

これから

堤真一さんの出る芝居。

フィギアスケート。
一人漕ぎ。
同窓会旅行。
島渡り漕ぎ。
ステップソール。
立山滑り納め。
以上今決定している今後の遊び予定。
夏休みユーコン川下り。。。手配せねば。
本日は、今年度のチームでブレーンストーミング。
朝一でリハビリが入ったので、今から一度出勤して休暇もらってリハビリして再出勤。
そうそう、昨日リハビリの先生と話していて、MBT(靴)はやっぱり効いているみたいです。でも履かなくなるとすぐ戻るそうです。1足3万円でも、約3年間毎日履くから、トレーニング代としては安いかも。私の場合。今年度はまだ新調はしません。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月 3日 (水)

春の嵐

いつになく、寒い春。

2日は、会議会議書類づくりの一日。まだ2日目とは思えぬフル回転。異動してきた方はさぞや目が回ることでしょう。やる気を出そうとすると、思わぬストップがかかる。ほんとに中途半端な位置。
大ボスからは怒られる。直属の上にはそんなことやらなくていいと言われる。上を目指していないと明言してる私はきっと今後もこういう立場なんだな。上を目指していないからこそ、いいと思うことはやったる。また意地の世界になってきたな。
本日リハビリ科っていうところに初めて行きました。肩の状態、普段の状態をよくみてもらい、今後どのようなことをしていけばいいのか教えていただきました。
まず、外側の大きな筋肉はいい筋肉がついていると言われた。
肩の内側下の背中側についている小さい筋肉と、肩の前内側についている小さい筋肉を筋トレする必要があるとのこと。これが弱いから、外側の大きくなった筋肉の重みに肩がたえきれなくなって肩こりの原因にもなっているとのこと。
ちょっと納得。明日ももう一度行くことになりました。
病院に行くまでのほんの5分の道のりで傘が壊れました。ビル風か。
夜は、父が、バレンタインデーのお返しにフレンチをごちそうしてくれるってことで、家族5人が久々に集合。楽しいひとときでした。
春休みも終わる。。。。
先日、大ボスとの雑談の中で。
大ボスは、8時間睡眠をとるために早く帰宅すること。
移動中などパソコンに向かっていないときは、ほとんど構想を練っているとのこと。
わたしは、ここ1年くらい帰宅すると友達のツイートを遡って見ることが日課になってしまい、帰宅後の時間はメール/ブログ/ツイッターで時間が消えています。
パソコンに向かっていない時間すべてを仕事の構想にあてるほど、クリエイティブに考えることは今の私にはありませんが、退勤後の時間の使い方はちょっと問題かも。
雪遊び、海遊び、その準備、飲み会など人と会う、などを行いながら、仕事も、、、、ってなるとね。
遊びをとったら私じゃなくなるから。軸足は遊びってことで。
肩は思ったより時間がかかりそう。でも、内側の筋肉を鍛えることで肩こりと姿勢もよくなりそうだから、ちょっとがんばろうとおもいます。
14日漕ぎに行けるかな。GWは何があっても決行。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

はじめましょう!

Nec_0159
「よろしくお願いします」より「はじめましょう」が好き。
「これから◯◯の学習をはじめます」という日直の挨拶に続く、授業開始の子供たちの挨拶です。私の立場から目指すものとして。
能動的に学習させたい、自らやる気が出て、楽しんでやっているうちに力がついちゃった、というのを目指して。学習というのは、一方的に授けられるものではないから。
でもここ3、4年は、わたしも「よろしくお願いします」と言わせてます。全体でそろえて指導しないと学習規律(授業中のルール)が定着しないから、とか、礼儀や挨拶もかなりしつこく学校で指導しないとできるようにならないから、とか理由はいろいろありますが、全体に合わせたわけです。時代っていうのもあるかもしれません。「はじめましょう」なんて言わせる人はあまりいないからね。
中学校では「起立」「礼」「着席」です。小学生もそうさせてほしい、という声もあります。何のために挨拶をしているのか、無自覚で条件反射的な挨拶にならないように、小さい頃は、別の言葉でやっているんだと思う。
というわけで、平成25年度を始めましょう!
結局昨日は、教室の私物をすぐに移動できるようにまとめたり、ゴミを捨てたり、シュレッダーかけたりした後、棚の中まできれいに掃除。その後で、職員室のデスク回りを、これまたすぐに移動できるように整理、机上をきれいにふきふき。そんなことをしていたら、9時になってしまいました。以前は、教室の棚や教師用事務机、職員室のデスクは、そのものごと新しい場所に動かしていましたが、職員室は配線等の関係でそれはできなくなり、引き出しだけ持って移動。教室は、やろうと思えばできるけれど、年に1度のチャンスと捉えて整理整頓。
現職場も8年目に突入。自転車も8年目。サドルもぼろくなってきているし、グリップもつるつるだし、ペダルもちょこっとひびが。。。。一度総点検してもらっていろいろリニューアルする必要があります。
写真は、実家にお土産に持って行ったフリージアとチューリップ。フリージア大好き。いい香り。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »