« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月29日 (土)

自転車がロンダード

自転車通勤ニストとして、いつもは、車と同じルールで車道を走っている。
今朝(土曜出勤だった)毎日下っている坂の途中の右側に寄り道をしなければならなかったので、途中から右側の歩道に移動して下る。
あっ、ここだった!
ブレーキ!
その瞬間、自転車通人6年目にして2度目の転倒。かなり激しく。前輪が止まる。降臨が浮く。そのまま前につんのめるように転ぶ。自転車はワタシの上で一回転。リュックを背負っていたのが幸い。自転車が上に降ってきたが、後頭部に小さなコブができただけですみました。
しかし、手のひらを着いたので、左手のひらにけっこう深い傷。右肘に大きな擦りむき。膝と腿に痣多数。たぶん自転車にぶつけたと思われる。

そばにいたおばちゃんが、じーっとワタシが動き出すまで見ていたので、かなり派手な転倒だったに違いない。
職場について保健室へ。「明日打ち身の痛みが出ますよ」と言われた。明日は職場地域の防災訓練に強制参加。どうなることやら。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年10月28日 (金)

ワタクシのバッテリー

充電しても持ちが悪いのは、バッテリー自体が死んでいるということなんだ、とマシンのバッテリー交換しながら思い当たりました。
過充電の顛末?そんなことはないとおもう。

来年度から月2回土曜日が復活するらしい。新人のころにもどるんだなあ。
朝、上野駅で板とバッグを預けて出勤して、土曜の昼すぎに列車にのって、先に行っている仲間をおいかける。。。なんてことをしていたなあ。また、そんな時代がやってくるんだろうか。
しかも、全国的に土曜日が復活、というわけではなく、自治体ごとに違うところがややこしい。
土曜日があったころは、夏休みは日直とプール当番以外は、自分のペースで進める仕事と研修以外はほとんどなかった。でも今は、補習やら、会議やら、個人面談やら。。。そういうのを長期休み以外に戻すとは思えないしなあ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月25日 (火)

バッテリーを長持ちさせるために

ノートブックだけど、持ち運びはほとんどしていないうちのiBook。
今回、バッテリーを新しくしたので、できるだけ長持ちさせるために調べてみた。
まずは、電源つなぎっぱなしで使うのはよくない。
常に過充電の状態になってしまうよう。
スリープでおいておく間などは電源コードは抜いておいた方がいいらしい。

今後持ち運びが増えそうなのですが、電源確保できるときは、バッテリーを取り外しておくのが一番いいのかもしれない。

しかし、久しぶりにバッテリーのアイコンにバツがつかないのはいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月24日 (月)

バッテリー

先日書いた、iBook12インチ用のバッテリーを本日購入。
これで、ノートパソコンに戻ります。
とはいっても、ワタシの使い方は、ほとんどデスクトップ状態なので、電源につなぎっぱなし。
しかも、スリープすることをいいことに、つけっぱなしだったりするので、今度は、ちゃんとこまめに電源を落とし、バッテリー充電をしっかりしたいと思います。
15000円はお買い得だったと思います。

ビデオの編集などもあるので、新しいマシンも考えましたが、OS10.4のまま、もう少し使いたいと思います。iMovieは一度も使っていないので、近日入手予定の安いビデオカメラを手に入れたら、使ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お酒(自分メモ)

夏の終わりに3種類の日本酒を手に入れた。
その中の2つは、越後 酒蔵宝山 のものです。
女将さんの勧めにしたがって、「本醸造昔ばなし」と「コシヒカリ純米吟醸」を選んだのですが、
ワタシの中では、圧倒的にコシヒカリが美味しかった。さらっとしているのにこくがあるというか。
昔ばなしの方は、日本酒らしいお酒で、熱燗で飲んだ方がよかったかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

おしゃれは幸せを呼ぶかも

月一の研究会だった。
今月は公開授業ではなく、ワークショップということで人の集まりが悪い。
あるクラスの実態と課題を資料として与えられて、自分が授業をするとしたら、といったスタンスで4つのグループに分かれて単元作り。12月に授業を公開する自分としては、架空のこんなの作ってる場合じゃなくて、自分の授業作りについてやってほしいよー、と思ったけれど、やってみたら4つのグループがまったく違うアプローチで単元を考えていて面白かった。

そして、誘われるがままに反省会場に行くと、若者男子オンリー。おばさんころがしに乗ってしまいました。いくつになっても「かわいい」とか言われるとうれしいですね。そして、時々毒をはきながら、雪山とカヤックの布教活動もちょこっと展開。

きょうは、午後からだったし、今日の気分にあった洋服を選び、それにぴったりな靴を選んで余裕をもって出かけた。特別なドレスを選んだわけではなく、納得のいくコーディネートをして、バッグも毎日どんな格好でも自転車だからという理由で背負っているグレゴリーのバックパックはやめた。

丁寧に暮らすってこういうことも含まれるよなあ。若い子は見ているんだなあ。
最近の手抜きモードを反省。

明日は、仕事にはちょっとバツだけど、この時期にしかできない組み合わせだな。ハーフパンツ+素足にムートンブーツ。行き先は職場か。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水)

19時に強制退勤の水曜日

どうせ、早く退勤するなら、定時で、と思いつつ、往生際悪く、つい19時ぎりぎりまで仕事。
19時に出ると、いろんなお店がまだ営業中で、散財の危険がころがっている。

といっても自転車通勤なのでたいした店はないのだが、11月から始めるビデオ提案による研究授業に向けて、ビデオカメラ物色。1万円代からあるんですねえ。プライベートではまったく使わないと思うので、安くていい。時間があるので、店員さんの説明も聞いてみたが、即決せず「また来ます」。
その後、店内をふらふら歩いていると、林檎のコーナーにiBook12インチ用のバッテリーが現品限り(展示品)で15000円!これ、あたしのためにあるとしか思えない。でも、返品不可能だし、ちゃんと合うかどうか自信がなかったので、これも見送り。
またふらふらしていると、ハンディ掃除機が2000円以下である。カヤックの内側の砂をきれいにするのにほしいなあ、と思い、いろいろ見比べるが、紙パックが特別のものだったり、充電に20時間近くかかったり、重かったり、さわっているうちに、別に持ち運ぶわけじゃないのだから、普通の掃除機でやればいいんだ、ってことに落ち着く。

ビデオカメラとバッテリーは買うと思う。ほんとうはPC買い替えたいのですが、スキー関係一新と年末NYの予定のためにがまん。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

江戸野菜

品川蕪のタネを蒔いた。
小さめの大根みたいな形の蕪。

江戸野菜を研究している方が、江戸大長蕪のタネから復活させたそうである。

お正月には収穫できるとのこと。
タネはふつうの大根と似ていた。
プランターだし放射線問題があるので食べられるかどうかは微妙ですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

島は遠く 

来年度も島移住の可能性はなくなりました。

このまま流された地でぐるぐるするのだろうか。。。
新たな方向性を考えた方がいいかも。もっと遠くの海の向こうとか。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

マンホール くじら

Pa100726


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

釣果ゼロ

仕事でザリガニ釣りに行った。
場所は、大井埠頭の公園。
凧糸に、スルメやさきいかを結んで、重りに石を結びつけて、池にたらす。
ザリガニ釣りは「待つ」ことが大事、と教えた。
気温が下がってザリガニの動きも鈍っていると思われるこのごろだからこそ、待つ、のだ。

まあ、一度に何十人もが釣りをすれば、そんなことは想像もついていたけれど、
気の短い子たちが、ぽちゃんぽちゃん、としょっちゅう場所を変え、スルメと石のついた糸を落とし、
ザリガニも素直に出て来るわけがなく。。。3時間やっても、@タイトル@でした。

もう一つの目的であった、虫取りの方は、大盛況。
ショウリョウバッタ、キリギリス、カマキリ、ウマオイ、ダンゴムシ、アリ、イトトンボ、などをつかまえた8組は大興奮でした。

わたしは、といえば、釣り上げたザリガニを受けるための網を用意。
購入を考えていましたが、思いのほか高いものしか見つからず、
パスタを茹でるときに使うザルのハンドル部分を四分割パドルの柄に差し込み、パドルのポッチをはめ込むための穴を使って細引きで固定して、オリジナルの網を作っていったのですが。。。。。
使用後、熱湯で消毒すればいいや、と思いながらもちょっと抵抗もあったので、仕様機会がなくてよかったといえばよかったのです。

今、8組は虫だらけ。8組ッ子、育てようと盛り上がっています。
カマキリのエサ用のバッタや、バッタのエサ用の草の調達がどこまでうまくいくかにかかっています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

また南へ

10月9日ー10日
Pa100702
海図を見ながら初めて漕いてきました。
過去に2、3回漕いだ事のある、珊瑚の海です。
Pa100715
無人島に渡り、インディージョーンズ薮漕ぎ島内めぐり。野生の山羊に出迎えられ、プロ整体師によるテーピング講座@砂浜、王子と男爵による「テレマークはシーカヤックだ」講座、創設者によるフェザークラフト(カヤックメーカー)の歴史イン イングリッシュ、見かけは怖いが穏やかな語り口の九州男児によるパッキング裏技講座のあとは、飲んでしゃべって、キャンプ。
Pa100703
大潮の海は、浜で過ごすわたしたちを波音で包んでいました。

ケラマ、と聞いて居ても立ってもいられなくなり、出向いてしまいました。
究極の贅沢。充実した週末でした。

撤収時に大雨くらったのもご愛嬌。潮抜きできたと思えばいいさ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

ご褒美

10月に入って初めての休日です。

運動会、その翌週に道徳公開授業と学校公開と学校説明会、そして、2日間の休みをはさんで、11日は秋の校外学習。めちゃくちゃハードな行事予定です。
昨日は公開が終わってから、ザリガニ釣り用のしかけを70個作り、6畤に退勤。
今日は離島へ。高速船にのれるかどうか。まだ仕事頭。海を見たら切り替わるでしょう。
短いけど楽しんできまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

こらえしょう

数年前に管理職になる前の1年間同同僚だった同世代の男性が、よく言ってた言葉がある。
「最近堪え性がなくなっててさー。子どもに対してすぐきれちゃうんだよ。」
最近、その気持ちがよーくわかる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

キャロットアイランド

Nec_0098

| | コメント (5) | トラックバック (0)

でかっ

初めて手に入れた海図はアラスカ土産だった。クジラウォッチングの1週間の旅の終わりに旅した場所がのっている海図を実用品としてではなく、記念品として手に入れた。丸めるか、折るか、尋ねられて折ってもらったらその折り方はプロの技だった。その店ではラストワンだったその海図。一緒に旅した友人の分をワタシが奪ってしまったかっこうになったことも、胸のひっかかりとともによく覚えている。

前の旅と次の旅の海図。海図も縮尺があるのか。。。これでは、またカヤック用のマップケースで一覧できないかも。地形図にくらべると大変高価なので、コピーして使ったほうがいいかもしれない。でも、でも、こんな大きな海図を一度にコピーできる機械は職場にだってありません。

ちなみに地形図(@海旅)は、コピーはやめて思いっきり折り畳んだり貼付けたりして使用中。

おまけ1。今使っているデジカメOLYMPUSμtoughの新しい機種には、GPS機能がついていることを最近知った。撮影したポイントを地図で示したりできるようだ。これ、いいなあ。ワタシが使っているのと同じく防水、対衝撃、海雪山両方でいける。
しかし、よくよく調べてみたら、やっぱりMacintoshでは地図に表示するソフトは使えない。残念だけど、あきらめがついた。

おまけ2。ランサムサーガの2、3の「ツバメの谷」「長い冬」の新しい翻訳が岩波少年文庫ですでに出ていました。手に入れねば。ツバメの谷は、たしか船遊びというより陸上が舞台になっていたので、子どもの頃はそれほど好きな巻ではなかったと記憶している。でも、水脈をあてる占いみたいなものとか、印象に残っている場面もあるし、今読むとまた違うだろうなあと思います。楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

砂まみれの運動会

昨日は運動会でした。
今年は、自前のグラウンドが使えないため、お隣の同業者のグラウンドをお借りしての開催でした。
場所を借りての開催は、大変なことでした。

まず、練習は予行練習の日以外すべて体育館(幸い大人のバスケットコートが2面とれる体育館があるのです)でした。ちびっ子にとっては、場所の感覚がつかめず、ダンスでの隊形移動などはかなり大変。
AKB48をもじってSNG73。フラッグでマスゲーム。「ヘビーローテーション」がヘビロテな日々でした。

ワタシは新人時代を除いて、ずーっとウォークトップや、人工芝のグラウンドの職場だったので、今回の砂っぽい土のグラウンドは懐かしかった。体育の時間に目に砂が入ってコンタクトレンズがはずれて8組みんなで探してもらったこともあったなあ、なんて思い出しました。

今、ものすごく日焼けしていて、足は夏のなごりで傷やらムシさされの後だらけ、という状態の上に砂埃がかぶると、ものすごーく汚い。。。子どものころ、こういう足になったことがよくあったよなあ。

審判、組体操や騎馬戦の補助、8組の出番の管理。。。と目の回るような忙しさでしたが、これは例年通り。

自前グラウンドでないため、1日(土)の午後から出勤して車も使ってものを運び、表示や座席のシートはり、保護者が並ぶためのテープをはったり、など行い、最終確認ができたのはもう暗くなってからでした。2日当日も、6時から所定の場所に用具を写したり、ロープをはったり。最後、グラウンド整備まで終わったらすでに5時半でした。

ビールで乾杯して帰宅してすぐ寝落ち。
備忘録的な日記。心が動いて、わくわくしながら書くっていうのが、最近あまりないような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

島渡り

P9230668
9月2回目の3連休に島渡りしてきました。
今年は、夏にわりとコンスタントに漕いでいたのですが、キャンプが中心であったこともあり、ちょっと距離を漕ぎたいと思っていました。
いつもお世話になっている沖縄カヤックセンターの仲村さんに、そのようなリクエスト。
浜比嘉から、勝連半島周辺で漕ぎましょうということになり、久高、津堅を渡ってキャンプしてきました。

ホンダワラが漂う穏やかな海。空には秋の雲。空気はカラッと乾いていて気持ちがいい。真夏の暑さも好きだ、と思っていましたが、このさわやかさを知ると真夏には漕ぎたくない、という人がいるのもよくわかりました。
ウロコ雲
漕ぎ始めてしばらくは、夏に習ったパドリングの動作を頭で考えながら、なんとなくぎくしゃく。ペダルを踏み込んだらネジがゆるかったのか、位置が動いてしまい、その後、足がかりがなくなってしまいました。ということで、またラダーは使わず。追い波、横からの風。舳先が風上に向こうとするので、常にそれを修正しながら漕ぐ。最初はすいすい漕いでいましたが、久高島が真横になったあたりで、ちょっとペースダウン。なんだかすごく疲れてしまいました。腕が疲れたというより、スタミナ切れのような感じ。この日は、時速3〜3、5ノット出ていたと仲村さんが教えてくださいました。漕いだ距離は20キロ弱。12時半出艇、艇の上でお昼を食べ、16時半到着。

そんなこんなで到着したキャンプ地。今回はキャンプ場を利用していますが、それでも気持ちのよい浜でした。久しぶりに踏む白くて粗い砂が足に気持ちがいい。サラっとした風がわたり最高でした。
P9230677_1_2

2日目。6時半ごろテントを抜け出し、コーヒー。
ラダーペダルをしっかり固定しなおす。たっぷり眠ったので元気。体調不良や風邪が、フィールドに出て治ることはスキーの時によくあるのですが、今回もまさにそれでした。
10時ごろ出発。この日は、昨日通り過ぎてきた津堅島にキャンプ予定。ところが、出艇する時トラブル発生。潮が引いていたので、艇を引いて水深のあるところまで持っていこうとしていたら、スターンのキャップがとれてしまいました。バウのキャップが夏休みにとれてしまって修理してもらいましたが、今回はラダーを取り付けてあるスターンです。
どうしよう。。。

まず考えたのは、ラダーを撤収すること。次のキャンプ地でボンドでくっつければよい、と話しながら、細引きでなんとかならないか、と思っていると、仲村さんが、細引きを見て、これだけあればなんとかなる、とうまく固定してくださいました。ロープワークも必要ですね。

その後出艇。風が上がってきていて向かい風。風波もありました。
こんな事を言うと、あとで、嘘ばっかり、ということになるかもしれませんが、どうやらワタシは、向かい風がけっこう好きなのです。漕いでいる感じがすごくします。スピードは前日の半分だったそうですが、ペダルの位置がばっちりで、肩甲骨と腰の動きの連動がうまくつかめました。潮と風で流されそうになりますが、ラダーの威力を実感しました。そして、快調に漕ぎ進みました。体のどこにもまったく力がかからず、すいすい進む。これなのかー、という感じでした。途中けっこう大きなうねりも入っていましたが、楽しかった〜。
10時ごろ出艇。14時ごろ津堅島到着。この日もキャンプ場ですが、プライベートビーチっぽい場所を発見してそこに陣取りました。キャンプ場ならでは、ということで大きなテーブルと椅子を使えたので、6人でテーブルを囲みながら楽しい夜になりました。
P9240679

3日目。最終日。浜比嘉まで帰るのみ。この日も向かい風。波も少し高くなっていました。仮固定したキャップもなんとかもっています。浮原島が見えてくると、潮と風が入ってきて流され始める。真横から波を受けてそれをやりすごすことに意識を向けて漕いでいると、あっという間に以前キャンプしたことのある浜比嘉のビーチ横に。
コンパスを見ながら舳先の向きを一定にすることを考えながら濃いだり、風を感じたり、何度か漕いだことのある場所だと余裕がもてるのだなあ。

浜比嘉の港で撤収し、その後キングタコス(元祖タコライスの店)でタコライス野菜チーズを食べて読谷経由那覇へ。

最後は、沖縄名物100円ビールの恩恵に預かり、空港へ。無事帰宅しました。

P9250682

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »