« 夏休み〆 | トップページ | 夏休み第5弾 岩室温泉 »

2011年9月 3日 (土)

夏休み第四弾(メイン)原人キャンプ

P8220603_1P8220595_1


8月19日
昼、研究会の合宿終了。その後、大雨の中、生活指導担当者が集まる研修に出席し、夕方敦賀へ。
三島方面で大雨のため新幹線が遅れていたので、敦賀に到着したのは12時近くでした。お友達に推薦してもらった大(でもないが、)浴場付きのマンテンホテルにお泊まり。部屋もけっこう広いし、ベッドもセミダブルくらいのお大きさで、大きなお風呂に夜中の1時まで入れて、5000円はお安いです。
ということで、終了間際までお風呂タイム。

8月20日
敦賀から集合場所の美浜駅まで。ピックアップに来てくださったのは、ワタクシ的にはテレマークの雲の上の人Kさん。ほどなくして到着した出艇地は、組み立てに最適な芝生の堤防があって、浜も近い。もくもくと組み立て。最近は力を使わずに組み立てられるようになりました。速さはあまりかわらないけれど、1時間はきっていました。
地図で場所を確認した後、2泊3日原人になる浜を目指します。ちょっと雲行きがあやしいけれど、前日の東京などの大雨からしたら、なんとラッキーなことか。晴れ女とHARE号パワーで乗り切ります。
常神半島の浜でキャンプ。あたりは鹿の足跡がたくさん。水もちょろっと流れていて、昔は人が住んでいたらしくちょっと山に入ると石垣の跡があったり、お宝が落ちていたりします。
さっそく、カサゴ釣り。ついつい夢中になって泳いだり潜ったりしてるとあっという間に2時間。で陸に上がると寒い。焚き火のありがたさを感じながら体を乾かす。ワタクシの釣果ゼロ。前回のはビギナーズラックだったのかもしれないな、と思いながら、仲間の釣ったカサゴでさばき方を教えてもらって料理長のお手伝い。みんなが持ち寄ったものを飲みながら眺める流木の焚き火はとっても美しい。

8月21日
朝ご飯食べ、やっぱり海に入る。上がると寒いけれど、道具を浜で拾ったものでバージョンアップさせたりしながら遊ぶ。しかし釣果ゼロ。いろいろ小技はうまくなったと思うけれど、ここのお魚はスレている、ってことにしておこう。今回は、普段稼動率が低い大きめの鍋や、調理道具を持参していたので、ちょっとしたつまみを作ったりして、また海へ。生きるために,時間を使う生活が、基本なんだなあと改めて思う。それが仕事であり生活そのものなんだなあと。1泊で帰るメンバーを送り出してまた焚き火。

8月22日
いい天気。でももう海には入らず、山に咲いている「狐のカミソリ」を見に行ったり、最後になってお宝探し。ロシア製のガラスの浮き球(日本のとはちょっと作り方が違うようでした)を見つけた人がいたので、一挙に盛り上がる。テントなども乾いたし、ご機嫌で、ぼーっと大きな流木の上に寝転がる。とたくさんの穴がありていて、そこに細めの流木や、葉っぱを刺してみる。面白くなり、全ての穴に何か飾っちゃえ、と一人流木アート遊び。お昼を食べて、漕ぎ出し。ロックガーデンで遊びながら帰る。途中、暑かったので海に飛び込んだりしながら。先日琵琶湖で苦労した再乗艇、いっぱつ完了。よかったです。お風呂に寄って三方駅まで送ってもらう。米原から新幹線に乗ってから、車内販売でお弁当を手に入れてビールで乾杯。楽しい3日間でした。

9月3日記。
時間がたってから書くとだめです。我ながらつまらん。記録のみだなあ。もっと面白い事や感動がいっぱいあったのに。

| |

« 夏休み〆 | トップページ | 夏休み第5弾 岩室温泉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏休み第四弾(メイン)原人キャンプ:

« 夏休み〆 | トップページ | 夏休み第5弾 岩室温泉 »