« 徳島、淡路島 アクセス覚え書き(for folding kayaker) | トップページ | 普通に生活します »

2011年3月11日 (金)

地震

まだ、時々余震がありますが、とりあえず、覚え書きメモ。

本日、6年生の卒業を祝う会のため、他の学年は、14時前に下校していました。ほんとうによかった。
いつもなら、15時30分ごろというのは、ちょうど下校し始めたころで、子どもたちの所在をつかめずにもっと大変なことになっていたに違いありません。
祝う会で、大ボスの話が始まって少したったところで、大きな揺れ。これはまずいと感じるが、わたしたちが慌てて動くと、子どもが動揺するので、大ボスが何か言うだろうと少し待ち、舞台上から、机にもぐるよう指示が出たあと、私はストーブの確認と出入り口の確保。
揺れが収まってから、体育館から校庭に誘導しようとすると、近くにあるプールの水が波になって通路の方まであふれてきている。
それがおさまるのを待ってから、子どもとその保護者、そして、校内にある学童クラブの児童が校庭に避難。隣接中学校の生徒も校庭に避難してくる。

その後、学童の子の上着を大人が取りに行って、6年生は誘導されて自分で取りに行って、暖かくしてしばらくは外で待機。
何度も余震がくるので、祝う会は中止。保護者がいる児童は、そこで引き渡して下校。学童の子どもは、全員の保護者に手分けして連絡をとりお迎えが来るまで預かることに。
最近は携帯電話しかない方も多く、まったく通じない。しかも、学校の回線はファックス入れても4回線。この連絡に手間取る。それでも18時ごろまでにほとんどの児童が迎えが着て帰宅。
18時30分をすぎて、まだ校内にいる児童の夕飯を確保しに近所のコンビニ、スーパーを回る同僚。しかし、どこも長蛇の列。それでもレンジでチンするご飯を手に入れて戻って来る。
それをおにぎりにして、食べさせ、泊まる覚悟の人も食べる。
その後、ほとんどの児童に迎えが来たので、わたしは帰宅することにする。
外に出ると、山手通りも第一京浜も人がわんさか歩いている。車も大渋滞でちっとも動いていない。こういう時自転車はありがたい。
帰りにコンビ二に寄ってみたけれど、パンやおにぎり、弁当はほとんどからっぽ。
帰り着くと、住宅のエレベーターが一基故障して止まっていた。
ふだんどおり自転車を自宅の階まで上げてしまってから、ちょっと後悔。
明日、自転車をかついで階段をおりなければいけないかもしれない。。。。

私も職場で待機していてもよかったのですが、職場で横になれる場所が限られているので、帰ることにしました。

自宅に帰ってみると、心配していた本棚と釣り食器棚は無事。
ただ、CDラックからCDがほとんど落ちていました。壁に立てかけてあったスキーも倒れていました。
そして、ガスが自動的に止まっていたので、復帰操作をしました。
でも、なんとなくゆっくりお風呂に入る気になれない。
余震がけっこうあるので、その度に玄関を開けたり締めたり忙しい。
ヘッドライトとコッヘルなどをすぐにとれる場所に出し、シュラフも用意。

明日の朝食の材料を近くのマイバスケットで手に入れたので、
朝、職場待機の同僚に届けようと思います。

こんなに大きな地震に職場であったのは初めてでした。
この程度の地震でもパニックになった児童が3,4人(70人くらいの中で)いました。泣きわめいてしまい一人では歩けなくなったりして、情けない!と一喝したかったけれど、全校児童がいる状態だったら、こういう子の割合はもっと増えるだろうし、伝播するのだろうな、と思いました。
そして、何ができるのか、どう動けばいいのか、頭フル回転でしたが、たいしたことができなかったです。とりあえずは、「大丈夫だよ」と子どもを安心させることだけはしましたが。

津波の映像を見て、あのタイミングで海で漕いでいた仲間はいないだろうか、と少し心配になりました。

仙台の友人は大丈夫だろうか?未だ連絡とれず。

| |

« 徳島、淡路島 アクセス覚え書き(for folding kayaker) | トップページ | 普通に生活します »

コメント

とりあえず、無事でよかった。
カナダでも日本の地震の様子が繰り返しニュースで流れており、私の元にも私の家族や友人の安否を気遣うメールが続々と届いています。

自分のことだけでなく、生徒たちのこともあるから、大変でしたね。

仙台のご友人たちの無事を祈っています。

投稿: Sweet River | 2011年3月12日 (土) 04時44分

ご心配ありがとう。人とコンタクトとれるって心強いですね。

とりあえず家族はみんな無事。
いろんな区で学校が避難所になってきているので、明るくなったら職場に行ってみます。
今、サンドイッチの具を作っていますが、ガスを使っていても余震がしょっちゅうあるのでちょっと恐いです。

防災服(行政から貸与されているもの、災害時に着るもの)を子どもの劇のために貸し出しているので手元にないなあ、とかそんなことも気になるちっちぇー奴です。


投稿: 8 | 2011年3月12日 (土) 04時52分

本当に怖かったですね・・・。
日頃の避難訓練の大切さや自分の無力さを実感しました。
反省山盛りです・・・。

投稿: おっき | 2011年3月12日 (土) 11時53分

地震、すごかったみたいですね。
ダダはマキノでなんちゃってテレマーク中でめちゃめちゃのほほんとしておりました。ごめんなさいね。
帰ってテレビ観てびっくり・・・。
それと、拒否解除します。ごめんなさいね。

投稿: ダダ | 2011年3月12日 (土) 20時02分

こんばんわ、鳴門で一緒に漕いでいた、貴殿と同じ地域に住んでいるウィスパー乗りの者です。
わたくしも、昨晩会社から15km歩いて帰り着きました。
自宅玄関近くには、キャンプ道具を置いているので、即逃げることを重視して、家で待機中ですが、お互い、この危機を乗り越えて頑張っていきましょう

投稿: 同じ地区ウィスパー赤 | 2011年3月12日 (土) 20時34分

>おっきさん
そちらの顧客は何時ごろ帰還したのでしょうか?みんな心配だったでしょうね。毎月訓練していてもあわあわしてしまいますね。

>ダダさん
テレマーク頻度、私よりたかいじゃありませんかー!!いつかご一緒しましょう。でも、今は、あちらこちら雪崩の危険もありますね。マキノに行くかな。
解除ありがとう。

>ウィスパー赤さん
15キロというと4時間くらいでしょうか。お疲れ様でした。東京湾が震源だったら、わたしたちは津波にのまれるんでしょうね。。。。なんか、もう何があるかわからないので、災害グッズを用意するというより、身辺整理してたりして。
またご一緒しましょう。

投稿: 8 | 2011年3月12日 (土) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地震:

« 徳島、淡路島 アクセス覚え書き(for folding kayaker) | トップページ | 普通に生活します »