« キュートに泣いちゃいました | トップページ | 2月12日三国内BC »

2011年2月14日 (月)

2月11日ヒラフ

大荒れで帰れなくなって月曜日出勤できなくなって、周囲にどう思われようともういいや、と覚悟を決めて5時30分に家を出る。
タクシー。なんだか愛想のいいおじさんだったけど、無駄に遠回りしはじめたので、黙ってむっとする。と、そんな雰囲気を察したのか、降りるとき100円おまけしてくれた。

まあ、そんなことはどうでもいいのだけれど、スキップで即荷物をあずけ、コーヒーやベーグルサンドを買って機上の人に。千歳は突き抜けるような青空。宿の近くに停車するバスを選んだため、小一時間空港で待ち時間あり。その間にバレンタインのチョコレートを発送したり、本を読んだり。
年末と同じく途中でキノコ汁とキノコ炊き込みご飯のおにぎりを買って食べる。

昼すぎニセコ着。1ヶ月ぶりの滑走で12日は山に入るかもしれないので、午後、一人で足慣らし。春のような温かさだったのでニセコとは思えない薄着でゲレンデに出たけれど、ちょっと寒かった。白樺コース3本で、テレターンを思い出す。年末より雪が増えていて、柔らかく、おまけに貸切。その後、花園第3リフト周りをぐるぐる。風が強くなってきたので、リフトが止まってしまうかもしれないので、戻ってジャンボコースなどを流して終了。ついに一人で滑るのもまったく平気になったと自覚。

宿に戻り、ぽぽろの湯まで歩き、のんびり湯につかる。その後、一度行ってみたかったminamiaで晩ご飯。迫力のごぼうの唐揚げ、美味しかったです。前夜2時間ほどしか寝ていなかったので、宿に戻るとすぐに撃沈。

|

« キュートに泣いちゃいました | トップページ | 2月12日三国内BC »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月11日ヒラフ:

« キュートに泣いちゃいました | トップページ | 2月12日三国内BC »