« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月29日 (土)

反応が鈍い?無駄に体力がある?

本日午前中、不覚にも発熱を確認。猛烈に寒い(外で1時間立ってたからあたりまえだけど)。後輩からカイロをもらって両肩と腰に張る。午後、熱を計るとちょっとだけ上がっている。37.8度。
明日は、楽しみにしていた、雪中キャンプアンド雪見カヤック。。。。
ここは、医者で薬をもらって、サクッと熱を下げて行くしか無い。と職場近くで受診。
しっかり、イA型陽性でました〜。予防接種を打っていないことを叱られ、重い足取りで職場に戻り報告。月曜日は休むことになるので、その間のプリントなどの用意をし、黒板に8組へのメッセージを書き、仕事をたんまり持って、ポカリと食料を買い込んで帰宅しました。
明日のために買っておいた日本酒を飲んじゃおうかな、と思いましたがやめました。

というのを昨日書いて保存せずに終わっていました。タミ降る飲んで、眠ってを繰り返し、咳はまだ出ますが、熱は下がっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

感染疑惑

今週に入って8組欠席1名。発熱早退1名。二人ともイA型だそうです。
月曜日午後、温かい部屋で一人寒気を感じる。今日、昼ごろから咳が出始める。
もしかして。。。。
あんなに、病気になりたい、と思っていたけれど、今はなれない!!NEW学説明会の資料も、NEW学式の要項も、作文の実践報告を予定している授業も、せーかつしどーのしおり作りも、、、みんな佳境なんです。
たぶん、体力があるから大丈夫(って問題じゃないかなあ?)。ただ、体力の無い子どもに感染させる可能性はあるのでマスクをし始めました。診断されないうちに、手をうたねば。なんて心配していると大丈夫なんだろうとは思いますが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

古いけど新しいお友達

22日土曜日。雪見カヤックを延期した原因の、教育フォーラムへ。寒い会場には、どこかで見た顔ばかり。どうせ参加したのだから、真面目に話を聞く。
小中一貫がらみのフォーラムだったのですが、兵庫県の発表を聞いて、本題とはまったく関係ないけれど、姫路城は今、瓦のふきかえなど修理中で、その修理(工事)の様子を一般の人も見学できるようになっている、と聞いて行ってみたくなりました。
そして、午後はキューユーテストという集団の状態を見る心理テストの一種の見取りについての講演を聞き、これも勉強になりました。学級崩壊が起る可能性が高い集団を形成する個人の心理状態(集団帰属感や自己満足度の)に特徴があることなど、納得できる話でした。

そして、夕方からスキー仲間のやっている川口の店で新年会。(仲間内での通称はあの店。マッサージもしてくれるらしい。←知らなかった。)ヱビスの見放題。シメの焼きラーメンまでしっかり食べて満腹。川口ってものすごく遠いと思っていましたが、意外とそうでもないんですね。そして、またここでも、自分らしくいられることが嬉しくもありました。名前は浴知っていたけれど、一緒に滑ったことのない人や、最近雪上で会っていない人と、滑り計画を話し合ったりして楽しい時間でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

遠慮なく笑うっていい

21日金曜日。
2時間授業して、着替えて、出張。12時に戻って給食指導して帰らせて、また出張。その後職場に戻って生徒手帳の原稿確認。なんとも忙しい一日でした。
夜、前職場の同僚たちとの飲み会。「がはは」という名の通り、大口開けて馬鹿笑いできるいい会です。
いやー楽しかった。自分はこのままでいいんだ、と言ってもらえたような気持ちになりました。
今の職場に足りないのは笑いだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽っ

すちゅーでんとじゃずふぇすてぃばるを聞いてきた。半分仕事だったわけですが。高校生のジャズバンドやビッグバンドを立て続けに聞いていると、そのバンドごとの個性が感じられます。元気いっぱいの男子校。もう少し抑える所を作るとメリハリが出そうですが、若いってパワフルだなあ、とか。ソロの子も自信無さげだったり、めいっぱいアピールできてたり、一人一人のキャラクターまで(知らない子たちなのに)勝手に感じられておもしろかった。
演奏者の体内に流れているリズムとか思想というか、そんなものがわかっちゃう、ということを改めて感じました。

そして、午後は横浜でオーケストラ鑑賞。妹家族が全員同じ舞台に乗る、というので聞きにいきました。席が2階の舞台上だったので、今まで聞いたどの演奏会よりも、楽器ごとの音色がよくわかりました。というか、合唱を聞いてパートの音を聞き分けることはできるけれど、オーケストラを聞いてこんなに一つ一つの楽器の音を聞き分けられたのは初めてです。もしかすると、午前中ジャズで管楽器をたくさん聞いていたから、なのかもしれませんが、座席の恩恵だったような気がします。
指揮者の表情もよく見えました。曲目もドボルザークの新世界でよく知っているものだったからかもしれません。演奏している人たちが、一緒に息を止め、息を吸い、音楽を作っているのが感じられてとてもよかったです。指揮者の力もあるのかなあ。素人耳にですが、いろいろなタイミングがあってとてもよい演奏だったと思いました。感動しました。

自分が、音楽をやっていた頃、体内から出るものを思った通りに表現することができなくて、いつも迷っていたことを思い出しました。だいたい自分の出す音で伝えたいことなんて考えてなかったように思います。自分を開放できなかった自分が懐かしくもありますが、表現する機会がたくさんあったのにそれを生かしきれなかったことがもったいないなあ、と今頃思ったりします。
音楽したいなあ。まずできそうなのは、ジャッズィーなピアノかなあ。でもやっぱり一人じゃなくて人と作るのがいいなあとも思います。だから伴奏が好き。新しい楽器を始めたいという気持ちもありますが、また道具が増えるから、ここは自前の楽器(歌)か?いや、その前に、物置と化していて音がめちゃくちゃなピアノをなんとかすることからですね。

仕事以外のやりたいことは、どんどんふくらみます。実際の生活はまた違うのですが、まあそういう心を持ちつづけるってことで。硬軟とりまぜライブでたくさん聞こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

お赤飯の気持ち

仕事初めから1週間(厳密に言うとたった4日)。
パウダーと戯れすぎた筋肉痛とともに、連日9時までの残業で肩こりがひどい。
深夜まで営業しているYカドーで、つい手に取ったのは、肩を温めるシップとカイロの間の子のようなもの。カイロもほとんど使わないし、シップや足の疲れをとるような貼り薬もまったく使わないのですが、なんとなく。で、5時間続くという効果を読んでいると、隣に、もっと大きなハコが。
こちらは、電子レンジでチンして肩に乗せてつかうセーラー服の襟のような形のもの。お値段は最初に見付けたものの倍だけど、200回使えるとのこと。迷わずこっちにしました。

帰宅してすぐにお試し。あったかーい!!きもちいー!25分しか持続しませんが、満足しています。

中にあずきが入っているそうで、ちょっと温めすぎると、お赤飯のにおいに包まれます。
200回チンすると、あずきがゆだってしまうのだろうか?
とりあえず、一日1チンしてます。今、②チン目の誘惑にかられています。以外と200回なんてあっというまなのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

アウトドア事始め

今、アウトドアショップに置かれているフリーマガジン(ペーパーではない)「フィールドライフ」にのっているユーコン在住のYoshi こと熊谷芳江さん。彼女と出会った1997ユーコン川下りがなかったら、今のような遊び方はしていなかったかもしれない。その後、テスリン川、アラスカアイシーストレイツカヤック、ユーコン犬ぞりツアー、へと続き、ニセコにも一緒に行きました。「フィールドライフ」の彼女のページは連載だそうなので毎号手に入れて読みたいと思います。一番近くで手に入るのは川崎のNORTHFACEかな。

一部北の大地の雪仲間の間では、「水曜どうでしょう」のユーコン編でおなじみです。ニセコのスープカレー屋で握手を求めていた人もいましたっけ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

旧交を温める年始2

4日、7日、に続き、昨日11日も中学からの友達と会ってちょい飲み&食事しました。
中、高と同じ学校で、今は同業者な彼女は近所に住んでいます。とはいっても、偶然出会うことは少なく、久々に会って話す。同業他社ならではの気楽な愚痴を聞いてもらって、自宅から徒歩1分の定食屋(居酒屋?)を紹介してもらい、一人ご飯できるレパートリーが一つ増えました。肝醤油で食べるカワハギの刺身や、まぐろのほほ肉の刺身とか、安くて美味しいのもよかった。
スキューバダイビングをしたくなったら、連れて行ってもらおうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

地球とハグしまくり。

今年の遊び初めは関温泉でした。

8日。5時半自宅を出発。
デイナデザインのバックパック、タトゥーシュ35に全装備を入れられることは、ニセコで照明済みだったので今回もそのようにしました。ブーツバッグにシールとグローブと道具用のタオル、そして、ブーツの中にお酒(4号瓶:割れなくてナイス!2本は持って行けるってことですね。)で、長年使っている板のケースを斜めがけにするととても歩きやすいことが判明。
カヤックを持ち歩くようになったせいか、板とブーツを持つくらいまったくストレスを感じない体になっていて少し驚きました。

というわけで、足取りも軽く、東京駅へ。6時24分発のあさまに乗り、長野から信越線妙高1号に乗り換え。昨年はもっと混雑していたような気がするのですが、がらがら。車派が増えたのかもしれません。9時2分に関山駅着。

今回の大ちょんぼが、道中に発覚して、ちょっと沈みがちな足取りで、バス停へ。
というのも、銀行からおろした現金を財布に入れるのを忘れてきてしまったのです。所持金9000円ほど。切符はえきねっとで支払済。東京駅では少し時間があったのですが、この時点ではまだ気付いていませんでした。新幹線の中で気付いたものの、長野での接続はただでさえ、タイト。7分で新幹線ホームから、信越線ホームへいくだけで精一杯。あとは、関山駅の周辺でコンビニか銀行を探すしかない。バスの時間まで少し間があったかもしれないと一縷の望みをもって、駅の外に出ると、もうバスは着ていました。そこで、運転手さんに、「この辺でお金を下ろせるところはありませんか?」と聞くと、「コンビニはちょっと離れているねえ。信用金庫はあるけど、もう時間ないねえ。」とのこと。
一応「次のバスは何時ですか?」と聞くと、「11時すぎだよ。」
一人旅だったら、たとえ2時間待つことになろうとも、お金を下ろすしかないのですが、宿に行けば仲間がいるし、翌日は黒姫方面に行くかもしれないので、車で移動する途中に下ろせばいいや、と言い聞かせてバスに乗りました。

今年は雪が少ないので、あっという間に関温泉に着きました。泊まりは小松屋。とりあえず宿に入り、全員が到着するのを待って、ビールで乾杯。みんなの所持金を集めれば私の宿泊代くらいはなんとかなりそうだということで、少し凹みながらも、感謝感謝。

Photo_2この日は晴天。関には似合わない整地されたバーンに人はまばら。リフト1本上がると、なんと海でお世話になっているOさんらしき人が。現地に着いてから関に来ていることを聞いて狭いからどこかで会えるかもしれないな、と思っていたら、ワンターンもしないうちに会ってしまいました。仕事のじゃまにならないように、教えて光線は遠慮しておきました。

1日目にびっくりしたのは、ニセコ効果か、一本の長さが短いからか、足の筋肉のもちがよい。というか、疲れない!ポジションはめちゃくちゃでしたが。でも、固めで荒れた非圧雪斜面では、いつものびびりでやられまくりました。タウベで遅いお昼のあと、少し滑って早めに上がり、温泉のあと夕飯前から飲み。。。菩薩のような関のKさん予報だと、9日は雨とか。。雨だったら、直江津で鮨、もありだね、と盛り上がっていました。

9日起きてみると、雨でなく雪が舞っている。
これでは、鮨ツアーにする口実がない。というので、おとなしく、滑ることに。朝、なぜか小松屋に姿を表したKさんが、春木沢に行くトレースをつけるので、後から来ていいですよ、との優しい言葉をかけてくれたので、練習も兼ねて朝からザックを背負って滑ることに。といっても、荷物を減らすことに命かけました、なワタシは食料をいっさい持っていないし、予備のグローブもゴーグルも置いてきたので三点セットとフリースだけ、といたって軽いのですが。ゲレンデ脇の未圧雪ゾーンでやられまくり、テンションは下がる一方。で、お昼の後、春木沢に向かう。林間のアップダウンもシール無しで大丈夫だし、静かできれいで、ものすごく楽しいミニツアーでした。営業しなくなったゲレンデの跡地の開けたところに出て、さあ滑るぞ、と2ターンくらいですぐ埋まる。。。。脱出。まだまだ下のでこぼこにすぐ当たり、やられまくりましたが、笑いが止まらない。埋まって大汗かいて脱出して、あっという間に道路に出てしまいました。もう一本行こうか、とも思いましたが、林間に入ってすぐの崖が恐いのでやめました。

でも、このミニツアーで一挙にテンションアップ。近年まれに見る、リフトが止まるまで滑るというトシを顧みない行動に出てしまいました。どんどん降っているので斜面は柔らかくなるので、1日目にダメダメだった、ちょっとした崖とコース脇の荒れたところに繰り返し挑戦。テーマは縦に落ちる。びびって横に向くから、減速して止まって埋まる、ので、なんとか心と足を持ちこたえさせる。けっこう面白くて、仲間とばらけて、一人でぐるぐるしました。気のせいかもしれませんが、ちょっと開眼。ムフフ。夜は、「gift」とか「persona」とかのDVDを見ながら、美味しいお酒を飲む。窓の外はごんごん降っている。誰かが、「明日は、ウェア着て朝食集合ね」と言う。撤収の準備も整えて布団に。夜中の2時半ごろ目がさめて外を覗いてみるが、窓が凍っていてよく見えない。でも、すごそう。

Photo_33日目、10日。6時半に起きて、温泉に浸かったあと、着替えて朝食。リフトが動くまで少し時間がかかりそうなので部屋でまったり。さすがにこの降りだと行列ができている。ファーストを狙うとか、そういう気持ちはないので、動き出してから出発。一発目に、オンコースでいいリズムができたと感じたので、ちょっと崖に入ってみたら、止まる。刺さる。でどんどん沈む。脱出するために、板と体の周辺を掘り起こす必要がありました。仲間をさんざん待たせた後、第三に降りる斜面にやられに行ってみた。やっぱり昨日の縦おち感覚が少しは生きている。うふふ。そして、先ほどの教訓でどっかり転ばないようにがんばってみた。まあ、何度か転びながらも、下へ。その後は、サークのスクールを横からちょこっと眺めさせてもらいながら、崖やコース脇で楽しむ。1時半ごろ上がり、温泉、パッキングで、仲間に駅まで送ってもらい、借金を返して別れる。19時30分ごろ帰着。

あーほんとに楽しかった。腰周りと肩周りが筋肉痛。カヤックを自力運搬して漕ぐと、運搬による足の筋肉痛と脇腹の筋肉痛。でも肩こりが解消。スキーと交互にすると、筋肉痛も解消されそうです。
関山を20時40分に乗れば、その日のうちに帰宅できるということもわかりました。

温泉6回。タウベで食べたもの/スパゲティミートソース(給食を思い出しちゃう)、もつ煮定食、シナモンアップルホットケーキセット。飲んだ日本酒/作(ザクと読むそうです)、青晄(?ちがうか)、開運、〆張鶴しぼりたて。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

さよなら冬休み

Photo
ハッピーな冬休みでした。
心と脳みそを洗いすぎて、真っ白です。
明日から社会復帰できそうもないくらいです。

伊豆に始まって、ニセコ、関温泉と、よく遊びました。
そして、合間に仕事もちゃんとしました。宿題もほぼ終了しています。
古くからの友人たち、最近遊んでいる友人たち、家族、ととてもたくさんの人と過ごす時間がもてました。


関温泉から帰りの信越線より黒姫山(だと思う)を眺めながら、ほんとうに楽しくて美味しくて充実した冬休みだったなあ、という気持ちがあふれてきそうでした。

明日から、仮の姿になってちゃんとしなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京人なのに

Nec_00691月7日。学生時代、かわいがってもらった先輩が上京。一緒にかわいがってもらった友達と3人で会いました。
指定された場所は、カレッタ汐留。私は、勝手に汐サイトと勘違いして、案内。あれ、ちがう。で、カレッタってどこ?よくわからない。常日頃から、乗り換えるときは、地下鉄の路線図とにらめっこだし、お台場とかは近いのにほとんど行ったことがないし。。。。まあ、東京に住んでいる人ってこんなもんだと思うのですが、結局携帯と案内表示を見ながらたどりつきました。
葉加瀬太郎プロデュースのイルミネーションショーを見て食事。
職場以外の人間関係はやっぱりいいなあと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土)

マラソンって

お正月休みのまとめ

2日 箱根駅伝見ながら実家でまったり。日だまりのある部屋はいいなあ。
おせち料理、日本酒(〆張鶴)。煮雑煮(元日は関東式で焼き餅だった)。
ちょこっと仕事。

3日 横浜まで買物。両親とお茶。おせちとからみ餅を食べて、お餅とサンマと穴子をもらって夜帰宅。

4日 ちょこっと仕事。その後、お互いの人生の2/3以上を知り尽くしている友達と会って食事。この友達、先日ホノルルマラソンを完走。数ヶ月前から毎日5〜10キロをおしゃべりしながら走れる程度の速さで走っていたとか。歩いてもいいから完走、を目指すならこれで達成できるとか。この話を聞いて、ホノルルに参戦しようという気にはならないけれど、通勤を軽く走ってみてもいいかなあ、という気になりました。まずは、徒歩でしょうか。4キロ強の道のり。早歩きで35分から40分。毎日続けるとなると、時間的に難しいけれど、ちょっと心が動きました。

5日 ちょこっと仕事。だらだら。睡眠。

年末に出かけると、お正月休みはあっという間です。でも、今年は再び年末NYっぽい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

ゆるゆると仕事はじめ

きれいに片付いた机で、PCのキーボードをきれいにして始まりました。
まだ、出勤している人もぱらぱらで、始業5分前に行けば十分で、残業もなし。
と、いいつつ、仕事は次から次へとある。
夜は、出張にならない公務ではないけれど、半分仕事の集まりで神田の学校へ。
授業案を一つ練りながら、ちょっと新鮮な気持ちになる。

明日は、会議会議会議だ。
早く眠った方がいいのに、テレビで懐かしい80年代の歌が次から次へと流れているので音だけ聞きながら、3月に旭川界隈で滑るための算段をしている。。。。
ドタキャンのリスクは限りなく高いけど、それでも行く準備をしてみる。

今年のヴィジョンを落ち着いて考えるのは、関山に向かう電車の中かなあ。
お正月はぼーっとしすぎました。なにしろ、元旦、寝坊からはじまりましたから。
まあ、そんな脱力系もいいでしょう。

そして、届いた年賀状を改めて読むにつけ、あれこれ話したいことが浮かびます。

あ、今年のテーマは心ある毎日、でした。
まだ年賀状が届いていない方、もうしばらくお待ちください。
インクが切れていて印刷ができましぇん。
そして、なんとなくきっかけを逸して住所交換していないお友達の皆さん、そろそろ住所交換しましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

笑門来福

あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

例年どおり、実家で家族そろってお正月を迎えています。

遊びも仕事も研究も、とことんやれるだけ。

そのためにも、健康第一。笑顔で理念をもって。

忙しくても心ある日々を送りたい。

義弟のお土産のお酒で、一族で乾杯。

甘味がなくさらっとしていていくらでも飲めそう。

でも旨みは残る。青森むつのお酒。

Photo_4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »