« 気分の切り替え | トップページ | 三ノ輪界隈へ »

2010年12月 4日 (土)

落ち葉のしわざ

きのうの朝の雨はすごかったです。
ちゃんと、6時半頃出勤。ものすごい雨なので最寄り駅から徒歩15分くらいのところを歩くのはやめました。なんとか「3日坊主」には漕ぎ着けられたなあ、と思いながら仕事をしていると、ものすごい雨。そうこうするうちに、近くの交差点が水浸しで、子どもたちが危険な状態です、とのこと。

そこで、どうせ濡れるんだから、これしかない!と短パンに、水泳指導用のビーサン着用で外に出る。お知らせのあった交差点以外にも、大変なことになっている所があるかもしれないので、あたりをつけて川の近くへ。

いやあ、すごかったです。膝下までのジャージもびしょぬれになる水たまり状態が2カ所も。隣接する公園や幹線道路から川のように水が流れてきて、車もおそるおそる通っているという感じ。
季節柄、昨日からたまった街路樹の落ち葉が側溝の排水口の上をふさぐ形になってしまい、水はけがより悪くなったようでした。

ありがたかったのが、ちょうど一番ひどかった場所にある清掃事務所の方が、冠水しているところを避けるように、事務所内を通り抜けさせてくださったことです。私が着いたときには、何人もの人で子どもを誘導してくれていました。工事現場の警備員さんたちも、車道の真ん中を通れるように安全確保してくださっていました。地域の方に守られているのだなあと改めて感じました。

<緊急対応覚え書き>

全校に登校時刻を遅らせてください、という連絡用メールを配信する手配を7時半ごろからしていました。おそらく区内の学校が一斉にメールの配信システムを使おうと動いたためだと思われますが、メールが実際に配信されるまでにものすごい時間がかかってあまり役に立ちませんでした。

そして、保護者からは、「登校を見合わせているので遅刻します」「うちの子は無事に着いているでしょうか」という電話が3回線(しかないんです)に、ひっきりなしにかかってきて、電話から離れられない状態。しかも、半数は安全確保に出ているので、まだ誰が登校していて誰が休んでいるか全体としてつかんでいないので、電話が来た子どもについていちいち確認しに行かなくてはならない、というてんやわんや状態でした。

わたしも、登校の波が一段落し、水も少し引いてきたところで学校に戻りました。
その後、登校している全校児童を体育館に集め、出欠確認。
来ていない子については、連絡が入っている場合以外は、電話連絡をして家にいるかどうか確認。
全体では、濡れたものをぬいで体育着になること、これから家の人に着替えを持ってきてもいいですよ、という連絡をするのでそれが届いたら着替えることなどを確認。
その後、教室で脱いだものをロッカーの上などに広げて干して、授業を始めました。
靴も外に干して、乾かしました。子どもの靴はすぐ乾きますね。


季節はずれのビーサンを片付けながら、更衣室に置いてある膝下までの長靴を発見してorz。そういえば、同僚に貸した後置きっぱなしだったんだ。。。。まあ、寒くなかったからよかったです。

| |

« 気分の切り替え | トップページ | 三ノ輪界隈へ »

コメント

そんな時はやはり実る君でしょ~
コンパクトに収納できるもんね!

投稿: ハンちゃん | 2010年12月 4日 (土) 08時58分

あーみのるくんでしたね。
でも、「みのるくん」をご披露したら、変な人度がアップしちゃいますぅ。>ハンちゃん

投稿: 8 | 2010年12月 4日 (土) 12時35分

そんなに降りましたか。僕は昨シーズンの雪も降らず、今年の夏のゲリラ雷雨も通らず、マイミクが地震だ~とつぶやいても揺れず。そんな季節感も共有できない街に住んでいます。

投稿: タカバシ | 2010年12月 8日 (水) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落ち葉のしわざ:

« 気分の切り替え | トップページ | 三ノ輪界隈へ »