« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

初すべり@ニセコ

28日。

9時千歳発のバスに乗って、一路ニセコひ。らふへ。

宿泊するコテージ343に昼前に到着し、着替えてゲレンデへ。

343

長逗留の仲間は、粉のないひらふは飽きたらしく留寿都などへいっており、一人でひらふゲレンデへ。整地されたバーンでターンの仕方を思い出す。花園と2壁以外のコースを総なめしながら、寒くなってきた15時30分くらいまで汗かきながら滑る。

29日。曇。朝7時に起き出して簡単な朝食を作って食べて出発。8時30分ごろ滑り出し。朝方降ったようで、うっすら積もっていて柔らかい。この日は、私にテレマークを最初に教えてくれたHS氏がテレを滑るというので、一緒に滑る。途中、札幌からHY氏も合流し、久々の再会。休憩していると、A氏も登場。初めてニセコに魅せられたミレニアムの年が蘇ってちょっと嬉しい。

花園3をぐるぐる。のあと花園1まで降り、旧ロープトゥ上に入り、ニセコらしさをちょっと味わう。裏山はまだ笹だらけとのこと。その後、6C上から左に出て今季からテレに転向し潔くアルペンを葬り去ったY子(すでに私より上手いと思われる)の練習コースを流して、上る。

その後、温泉綺羅の湯→買い出し→夕食一軒家のレストラン千鳥。夜は、ワインを片手にと薪ストーブの火の番で癒される。Photo Photo_2

30日。晴天。

9時前に滑り出し、花園へ。まったく降っていないので、高速滑走の仲間も待っていてくれて一緒に滑る。前日、斜度がきつくて、腰が引けて、バランスを崩してぼろぼろだった花3の斜面も、荒れていないので気持ち良く高速で大きめのターンが決まる!と喜んでいたら、大転倒。板が外れる。テレマークて板が外れる転び方は初めて。なんとか履きなおして復活するが、このころからみんなに引き離され、一人滑走へ。昼すぎまで滑ってコテージに戻ると、みんなもう上がっていました。大急ぎでパッキング、遅昼ごはん、で駐車場まで送ってもらって一路千歳へ。

3日とも違うコンディションで、脚が売り切れるまで滑ることが出来て満足でした。

空港でテレ師匠のHSとビールを飲みしめくくり。

その後、霧のため機体到着遅れで、羽田着が23時50分になったり、エアドーで、行きはノーチェックだった新品のワックスを没収されて、数千円けちるのはやめよう、と思ったり。

さらに、ブラックダイアモンドのストックを仲間のものと取り間違えて持ち帰ってしまったことが大晦日二発覚。2月連休にニセコで交換することを約束しまPhoto_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

いってきます!

ニセコで滑るのは3シーズンぶりでしょうか。
2008に行ったのが最後だと思います。
本日1便で、北海道入り。板も靴も、ウェアもニセコに通っていたころと何も変わっていないので343(ニセコで仲間が集うショップ)は危険エリアです。
いつも泊まっていた宿が貸コテージのみになったので、夕食はお店に繰り出すようです。初滑りだから(じゃなくても、か)仲間のペースにはついていけないでしょうから、ゆるゆる足慣らしをしたいと思います。
パッキングの練習も兼ねて、たぶん使わないけれど、雪山三点セットもシールも入れてみました。小さい方のバックパックで、ブーツは専用バッグで外出し。わくわくしてきました〜。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年12月27日 (月)

HARE号覚え書き 組み立てのコツなど

<ひさしぶりで間違えたところ>
・テンションかけてから、3番と4番のリブを入れる。
・4番リブは、左右とも一番上のフレームがリブの上にくるようにセットして表の上からたたいて入れる。
<今回気付いたこと>
・ラダーペダルを固定しないでバウを入れて、キール他4本の中心部分のフレームを入れる。
・座席を固定させるラインは、ラダーの赤いテープの下になるようにする。
・チャインバーとラダーのレールがあるバーの接続は、きっちりハマるまでのばしてはめ、その後テンションをかける。ななめにハマっている状態ではテンションがかけられない。

<要メンテナンス箇所>
船体布のボトムに3カ所ボンドを塗り込む必要あり。あー、ボンドの名前忘れた。黒いゴム状に固まるもので、ホームセンターなどに売っているもの。

<パッキング・カートの取り付け>
・バッグに2カ所あるベルトはカートにも通してから締める。
・船体布の下に隙間ができやすいのでシーソックとスプレーを入れるとよい。

<駅、列車情報>
・大森駅と品川駅京浜東北線エレベーターは、乗り降りする扉が1カ所。
・品川駅新幹線エレベーターは扉は1カ所2カ所で、乗った方向のまま向こう側に出ることができる。
・大森駅改札は、狭いのでカートは通れない。有人改札へ。品川駅新幹線改札は通れる。品川新幹線改札で切符に操作してもらうと、新幹線を降りる駅で自動改札を通ることができるようになる。
・カートは、こだま号では、座席3列の方の空間にねかせると通路にはみ出ない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

外浦へ

12月25日クリスマス。
ちょっと家事をかたづけて、髪を切り、妹の働く店でクリスマスケーキを買い、カヤックと寝袋などパッキングして、夕方沼津へ。K2という2人乗り艇の進水式をする仲間の家に泊めてもらって、伊豆漕ぎ納めの予定です。三島駅で合流した後、SWENというアウトドアショップをひやかし、(SNOWPEAKのガスに取り付けるカメラのミニ三(ではないが)脚を買いそうになったけれど、冷静に考えてやめた。まだちょっと欲しい。。。)温泉にゆっくり浸かって、買い出しして宴会。
Photo_2Photo_3
26日。
風が強いので、艇を出せる場所が限られていそう、ということもあり、ゆっくり起きて、昼頃外浦に到着。下田の港で、かんぱち刺身定食を食べ、いざ、組み立て。また1ヶ月以上空いたので、いろいろポカをする。結局K2が組み上がるのとほぼ同じくらいにHARE号も組み終わる。やり直したり、してゆっくりだったけれど、ラダーもちゃんと動くようにできたし、ねじれてもいないし、ここ最近では一番きれいに組み上がりました。
夕方昭和の湯経由、キンメ鯛のしゃぶしゃぶやさんへ。初めて食べましたが、とっても美味しい。まずしゃぶしゃぶ、次に、寄せ鍋、最後に雑炊。地元の方のお話を聞きながら、地域に生きる一員としての自分について考えてしまいました。都会でも田舎でも似たような問題が起っていると感じました。その後、みなさんと別れて一路東京へ。
いつもこれを引っぱって移動してます。↓
Photo

心の栄養 | | コメント (6) | トラックバック (0)

心を洗う

12月22日
職場忘年会。なんとも、ばらばらな職場を象徴したような会でしたが、その中で心に響いた言葉。大ボスの代わりにお言葉を述べた中ボスの話より。

子どもは、純粋な心をもっている。大人もそういう心をもっていたはずなのに、心はだんだん汚れてきてしまう。だから、心を洗うということを時々しなければならない。

いい事言うなあ、たまには(失礼ですが)。汚れるっていうのがちょっとぴったりしなかったので、ちょっと考えてみました。自分だったら「濁る」とか、「曇る」とか「錆びる」とか、いう言葉を選ぶかな。

それで、何が言いたいかというと、ワタシにとって、カヤックを漕いだり、キャンプをしたりするのは、強ばった頭と、濁った心を洗うことなんだなあ、と妙に納得したということです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

アイオラ

12月20日
女子カヤッカー仲間とioraというユニットのクリスマスライブに行ってきました。11月の女子漕ぎの反省会兼、クリスマス会兼、忘年会でした。(@新宿御苑らくだば)
ioraは男女2人のユニットで、ギターとパーカッションだけの構成です。女子漕ぎの時の移動の車の中で、かかっていた曲に惹かれてのライブ参戦だったのですが、大地のニオイ、力強いボーカルと、ラテン系のリズムと、旅を感じさせる歌詞がとても気に入りました。
車の中で聞いて、印象に残っていたのが、♪眠りにつけばいい また夢見るために♪という歌詞でした。ライブ終了後に、お二人に聞いて、その曲が入っているCDも購入してきました。

20108この日、みんなから思いがけず誕生日プレゼントをいただき、驚くと同時にとても心温まりました。いただいたのは、「かがくのとも 8月号 シーカヤックでいこう〜ゆうたの しれとこたんけん〜」。この仲間だからこそのプレゼントで、絵本の世界に共感できるのが嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

初滑りのはずが・・・

この週末は、初滑り@安比の予定でした。
が、雪が少なく、一番したのファミリーゲレンデのみの営業で、プールはいつでも自由に入っていいよ、というツアーに変更。
痛心簿は仕上がったものの、仕事の宿題満載だったので、キャンセルしました。

2日も時間があいたのだから、家事やエステやマッサージも、と思っていましたが、ちょっと優雅に近所のカフェでコーヒーを飲みながら新聞を全部読破したあと、今日も職場へ。
昨夜は、何をしても、職場での楽しくないことをすぐに思い出し、むかむか。。。。おまけに今日は鮮明に覚えている仕事の夢からの目覚め。。。

たとえ新聞であっても、外部からの刺激を注入すると、イライラは忘れるものなんですね。
仕事に関係する記事でも、ちょっと気分転換になり、もうどうでもいいや、という境地に入ることができました。

で、やってもやっても減らない仕事ですが、今日は、子どもの作文を分析して、1年生の陥りがちな弱点をあらし出し、それを学ばせる授業の構想を練りました。2月に実践報告をすることになっているので、まだその内容はヒミツにしておこうと思います。

そして、職場に一日いて、夕方から近場で久しぶりに買物をしました。明日はカヤック仲間とライブを聞きにいきます。いちおうクリスマスイベントで、プレゼント交換なんかもします。限度額300円!
気に入ってもらえるかどうかわからないけれど、自分としてはイケテル300円のものを用意しました。

そうそう、今日読んでいた作文の中に、週に2時間だけ8組を教えている若者について書いてあるものがあったのですが、「◯◯せんせいは、おしゃれです。」と書いてありました。え”!!!!その若者(男)は、いわゆるシュウカツスーツみたいな、たぶん安物(すみません)のビジネススーツ、しかも上着の裾がほつれてたりする、を着ています。
しかし、ここで、我が身を振り返った。わたしは、子どもが来る前にだいたい毎日ジャージに着替えている。20代の頃は、ジャージもかわいくなくちゃ、と一週間毎日上下セットで違う、色とりどりのおしゃれジャージを着ていましたとも。
でも、今や、山ウェアの払い下げや、何年も前のジャージ。しかも、子どもの体操着と同じ感覚で、下に切るTシャツ以外は3日くらい同じのを着ている。

これではいかんのですね。あの、どうにかしてよー、と思っていたスーツをおしゃれ、と言わせてしまうのですから。たまに出張で、JUNKO SHIMADAなんかのスーツを着ていると、みんな目をまん丸くしてびっくり。いつものと(スーツと)どっちがいい?と聞くと、スーツだという子が多い。そして、先日、教務主任が体調を崩して副社長と行くはずだった教育課程説明会に行かれなくなった時。。。。。まず、はじめにもう一人の主幹が行ってくれ、と頼まれましたが、服装の都合が悪いとのこと。そして、案の定「8さん、行ってくれる?」うっっっ。その日、私は、どカジュアルなドルマンスリーブの編み込み模様の腰が隠れるくらい長くてぴったりしたセーターと綿のパンツでした。
やっぱり、いつ、どこに行けと言われても困らないかっこうで出勤しなければならないトシになったということなんでしょう。自転車通勤で、あたたかいとか、涼しいとか、動きやすいとか、ばかり優先させるようになっていました。

だらだら書いていたら、週末も終わり。おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

貝の叫び

わざわざブログに書く価値はないことだけれど
だれかきいてーな感じです。

まずは、諸帳簿作成のまっただ中、何度も会議を開きながら今年度の全体の評価についてやら、新しいハコについてやら、話し合ってがんばっていた水曜日。年間の計画では休日出勤になりそうな予定も入っていないからその日程を選んで決めた遊びのその日に、教育関係者対象のイベント(しかも一日中)に強制動員されることを言い渡された。ほんとうに一粒涙が出てしまいました。いっさいの都合も聞かずに、配られたビラには、おそらく副社長が入れたと思われる「シュカンは全員かならず参加」という斜めのテロップが印刷されています。それほど、役に立っているとは思わないけれど、さぼらず、ぎりぎりかもしれないけれどまじめに仕事をやり、少しはアイディアだって提供して動いているのに、こんなのありですか。主幹になったからしかたない。のですね。根負けしたとはいっても、試験を受けたのは自分ですから。

動員かけなきゃ面目を保つことのできないようなイベントをするなーーーーーーー。
休日まで拘束されたら、豊かな教育活動からどんどん離れて、つまらない、画一的な、決められたことを期日までにやることはできるけど、言葉の端からにじみでる人間性の薄い人ばかりになって、学校はどんどんつまらない場所になっていくと思う。

そして、もう2ヶ月も前から、校舎を壊すにあたっての社内イベントの企画について相談しているのに、昨日の会議で、今後の見通しについて話すと、どんでんがえった。何なのまったく。たしかに、毎年やっていることではないから、迷いながら進むことではあるけれど、上に何の見通しも示してもらっていないのに、わたしたちのチームが考えたことを否定される。そして、あたかも、こちらに見通しがなかったことが悪いかのように言われる。

もうほんとにやる気がなくなることだらけです。

わたしは、適度に放置してくれてだめなときにストレートにがつんと指導される、とか、絶対こうしろ、と先手を打って示されれば、多少意見はしても大きくはその方向で進めようがんばるんだけどな。
まあ、根回し的な打診もいっさいないし、他の主幹と管理職は全部男で、そこで話が回っているようだから、そういう立場としてお茶入れたり、隙間の雑用をしたりしていてそれでいいのですが、そういう扱いを受けながら、私が担当しているチームに一番仕事が偏っていて、企画ものみたいなのは全部引き受けている。

人間できていないから、何度も、もう何も言うまい、貝になって言われたことを、そのままやろう、と誓うのですが、つい、いろんなことを言ってしまうわけです。

8組がうまくいっているのだけが救いです。
文化祭でつけた言葉のリズム感が、冬の言葉を集めてカルタを作る活動で発揮されていて、その自作のカルタを使って休み時間まで遊ぶ子どもたちが、ほんとうにかわいいです。
授業や行事を作るのは楽しい。でも、今は、もういいかも、な気分でいっぱいです。今さらですがコンカツして、寿退職も視野にいれよう、と来年の占いを読んだりしてます。(←すでにこの行動がダメともいいますが。)

あの、新幹線の中にある雑誌にのっている壺みたいなの、を思い出す朝です。でも、ワタシは絶対これでは、気持ちがおさまらないと思います。だって、みんな、誰かに聞いて分かってもらいたい、でしょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年12月10日 (金)

お正月料理といえば何を思い浮かべる?

♪雑煮を知らずにーきみらーはーそだったぁーー

びっくり仰天しました。
冬の言葉を集めて分類する学習のあと、集めた言葉を使って、カルタ作りをしていました。
例として
「お正月 おぞうにたべて おめでとう」
というのを板書すると、
R「せんせー“オゾウ”ってなんですか?」
8「オゾウじゃなくて「お雑煮」ですよ。お正月に食べるでしょ?」
R「???」
8「えっ!?お雑煮って知らない?」
R他何人も「しらなーい」

知ってる子は、「えーーー!?おもちが入ってるのだよー。」と言うけれど、あれほど、多種多様なものを一般化して説明すると、「おもちの入った和風のスープ」ということになってしまい、イメージが持ちにくかった様子。

いやー。キャンディーケーンなんていうのは知ってるのに、お雑煮を知らないなんて。こんなことも学校で教えることなんでしょうかねー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 7日 (火)

こころをなくしている

最近、きちんと仕事をすることばかりに頭がいっているせいか、いろんな人の誕生日を忘れてしまっている。
お父さん、妹、ごめんなさい。
友達にいたっては、真夏のお祝いをまだ手元にもっていたり(しかも2人分も)、赤ちゃん誕生のお祝いも用意してあるのにまだ渡していなかったり。

ブログをやめる友達が増えています。
転校人生だった子どものころ悟ったことは、ずっと友達でいたい人には自分から手紙を出す、ということ。ブログを読み合って近況確認するのは便利だけど、結局、つながっていたい人には自分からメールしたり電話したりする努力をしなければ、単なるストーカーと同じなのかもしれません。一方的に相手の情報を得ているから仲が良い気がしている、だけで。。。。

自由になる時間が少ないからこそ、心が大事なんだなあ、と思う。
正直であること。心を亡くさないようにすること。

しかしさー、昨日になって休に
「8日学年読み合わせ」「10日下書き提出」ってなによっ。
電子化したのは、訂正が簡単で下書きがいらない、ということではなかったのか。。。。。
あーーむじゅん。
直書き一発勝負でほぼ誤字なし、だった人にとっては負担が増えた以外のナニモノでもない。

それなのに意地になってこの期日にたたきつけてやろう、っていうあたしはやっぱりヘン?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

三ノ輪界隈へ

研究会の仕事で、都電の三ノ輪駅付近へ出向いた。
社会人になって6年間通い続けたところ。行くまではあまり意識していませんでしたが、上野で日比谷線に乗り換える時に、この連絡通路は、昔は壁に地下水が滴っていて暗かったなあ、とか、初任者研修の後同期のメンバーと終電ぎりぎりで駆け上がったなあとか、朝一でスキーを預けて、そのまま出勤したよなあ、とか思い出しました。

そして、地下鉄の駅を降りると・・・大関横町の交差点はお店が様代わりしていて、一瞬明治通と昭和通りの区別がつきませんでした。でも、都電の駅の方に向かうと、まったく変わっておらず、ジョイフル三ノ輪も元気なままでした。裏の路地や商店街は、品川にもたくさんあるのですが、三ノ輪界隈の方がどちらも道幅が狭いです。そして、路地の両脇に並んでいる個人所有の植木などの数がとても多いです。
そういえば、この公園で子どもを指導したなあ、とか、大好きだった手焼きせんべいやさんや、よく出前をとった(土曜日半ドン時代でしたから)ラーメン屋さん、当時の教頭先生といっしょに都電で区役所に行って辞令伝達をされた後、都電の駅の横にある喫茶店でコーヒーをごちそうになったこと、などいろいろなことを思い出しました。

上野駅構内で、人が歩く速度が品川駅よりゆっくりだなあ、と思いましたが、三ノ輪界隈の気取らないのんびりした感じに、今このあたりに勤めていたらもっと良さを味わえるんだろうな、と思いました。

8組@南千住たちはどうしているだろう。もう30歳くらいです。数年前に会った時、既に親になっている子もいたし、ハリウッドで映画監督になりたいと手紙をくらた子もいるし、わたしと同業を選んで試験を受けた子も。熱い心がストレートで伝わった時代が懐かしいです。当時の同僚の先輩たちに迷惑をかけながら育てていただいたことなどと、合わせてちょっとタイムスリップした瞬間でした。

わざわざ訪れることはないかもしれませんが、会場だった学校は今後何度か通うこともあるようなので、次の機会にはちょっと早めに着くようにして、自分の職場だったところなども歩いてみたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

落ち葉のしわざ

きのうの朝の雨はすごかったです。
ちゃんと、6時半頃出勤。ものすごい雨なので最寄り駅から徒歩15分くらいのところを歩くのはやめました。なんとか「3日坊主」には漕ぎ着けられたなあ、と思いながら仕事をしていると、ものすごい雨。そうこうするうちに、近くの交差点が水浸しで、子どもたちが危険な状態です、とのこと。

そこで、どうせ濡れるんだから、これしかない!と短パンに、水泳指導用のビーサン着用で外に出る。お知らせのあった交差点以外にも、大変なことになっている所があるかもしれないので、あたりをつけて川の近くへ。

いやあ、すごかったです。膝下までのジャージもびしょぬれになる水たまり状態が2カ所も。隣接する公園や幹線道路から川のように水が流れてきて、車もおそるおそる通っているという感じ。
季節柄、昨日からたまった街路樹の落ち葉が側溝の排水口の上をふさぐ形になってしまい、水はけがより悪くなったようでした。

ありがたかったのが、ちょうど一番ひどかった場所にある清掃事務所の方が、冠水しているところを避けるように、事務所内を通り抜けさせてくださったことです。私が着いたときには、何人もの人で子どもを誘導してくれていました。工事現場の警備員さんたちも、車道の真ん中を通れるように安全確保してくださっていました。地域の方に守られているのだなあと改めて感じました。

<緊急対応覚え書き>

全校に登校時刻を遅らせてください、という連絡用メールを配信する手配を7時半ごろからしていました。おそらく区内の学校が一斉にメールの配信システムを使おうと動いたためだと思われますが、メールが実際に配信されるまでにものすごい時間がかかってあまり役に立ちませんでした。

そして、保護者からは、「登校を見合わせているので遅刻します」「うちの子は無事に着いているでしょうか」という電話が3回線(しかないんです)に、ひっきりなしにかかってきて、電話から離れられない状態。しかも、半数は安全確保に出ているので、まだ誰が登校していて誰が休んでいるか全体としてつかんでいないので、電話が来た子どもについていちいち確認しに行かなくてはならない、というてんやわんや状態でした。

わたしも、登校の波が一段落し、水も少し引いてきたところで学校に戻りました。
その後、登校している全校児童を体育館に集め、出欠確認。
来ていない子については、連絡が入っている場合以外は、電話連絡をして家にいるかどうか確認。
全体では、濡れたものをぬいで体育着になること、これから家の人に着替えを持ってきてもいいですよ、という連絡をするのでそれが届いたら着替えることなどを確認。
その後、教室で脱いだものをロッカーの上などに広げて干して、授業を始めました。
靴も外に干して、乾かしました。子どもの靴はすぐ乾きますね。


季節はずれのビーサンを片付けながら、更衣室に置いてある膝下までの長靴を発見してorz。そういえば、同僚に貸した後置きっぱなしだったんだ。。。。まあ、寒くなかったからよかったです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

気分の切り替え

早朝出勤とりあえず続いています。
今日からは、学期末成績処理の仕事に入れそうです。

管理職に、自分のPC画面のトップにTO DO メモを貼付けられ、嫌な気分になっています。
ぎりぎりだけど一応閉め切りは守っているつもりなんだけど。

必要なことだけしかしゃべらず、余計なアイディアなど口にせず、言われたことだけやろう、
と改めて誓う朝。

早朝出勤は気分浮上の役にはあまり立っていないけれど、8組のために役に立っているかな。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

ルーティン

最近おそすぎるけど自覚したこと。
わたしはルーティンワークが苦手です。毎日同じ時刻に出勤したり、決まった行動をするのはつまらないと感じてしまいます。

考えないでも、やらなければならないことは、サクサクやるべきなのに、ね。

ということで、12月は、毎日早朝出勤をすることにしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

島の生活

ちょっと先のことをあれこれ模索し始めて数年。興味のあることについて体験教室に参加したり、習ってみたりしましたが、食べては行かれない、そんなに甘くはない、でした。

一番現実的で、自分らしくいられそうな道として、描いたプラン。
来年度はかなわない事がわかりました。

あーあー。ますますやる気なし。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »