« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月26日 (金)

銀杏

11月の上旬に、銀杏をたくさん手に入れました。
品川のウィングのウェストに秋田物産館みたいなのができていて、そこで。
で、1回に10個くらいを紙封筒に入れて電子レンジにかける方法で食べていました。

先日、葉山の友達の所に遊びに行ったおり、夕食を食べたお店で出てきた銀杏が、焦げ目がついていて煎ったものでした。これが電子レンジで加熱したものとは比べ物にならない美味しさでした。

そこで、最後の銀杏を私も鍋で煎ってみました。
が、電子レンジの時にするように、加熱前に割っておかなかったので、大爆発!!1個が台所のどこにいったかわからないくらい遠くまで飛び散ってしまい、すぐに火を止めましたが、余熱であと2個は破裂してしまいました。

表面はカリッとしていて中はモッチリ。これは電子レンジでは味わえません。やっぱり手間をかけると美味しいです。

こんな夜中に起きているときは、宿題がある時です。やる気がデマセーーーーン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

いちばん嬉しかったのは

昨日、保護者の前での発表を終えて教室で、絵日記のようなものを書かせました。みんな、◯◯ちゃんの隣は誰だっけ?等と言いながら、絵もいつもより100倍くらい詳細に書いていました。
そんな時、誰かが「センセー、今何時間目?」と聞いたので「4時間目だよ」と答えると、誰とも無く劇の歌の冒頭「4じかんめ〜 たいそうをしてると〜・・・」と歌い始め、延々と台詞を言い劇を再現。みんな友達の台詞まで覚えていて、手は色鉛筆を動かしながら、目をきらきらさせて、大きな声で台詞を言っている姿を見て、子どもたちにとってほんとうに楽しかったんだな、と涙が出そうでした。頑張ってよかったなあ、と思いました。こういう一瞬があるから、やってられるのだと思います。

そして、教室で劇を2回りくらい繰り返したあと、受けをねらった場面のひとつ(言葉スイッチで、「え」「えがおのエッチなえんかかしゅ」というのがあったのです)が止まらなくなってしまいました。

シーンとすると、だれかが 台詞にあった「えっ? あいうえお順?」と言うと
(その前の場面で言葉スイッチ「あ」「い」「う」までやっているのです)
「えがおの エッチな えんかかしゅ」とみんなが言う。これを壊れたレコードのように何度も何度もやって笑っている教室でした。

夜は同僚と打ち上げでした。練習で声がまた出なくなりそうな感じだったにもかかわらず、2次会のカラオケでアンルイスとか入れてしまう気のきく後輩にのせられて、歌ってしまい、当然ですが声が出ません。やっぱりカラオケボックスには足を踏み入れてはいけないなあ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

天までとどけ!制作ノート

文化祭が終わった。終わったということで、ホッとして、満足しています。舞台のできばえとしては、どうしても人手不足で細かい所まで行き届かなかった所が多々ありましたが、一人でやるってこういうことなんだな、とよくわかりました。

今まで、何本も発表会用の脚本を作ってきましたが、今回のは、全国津々浦々どこにいても、そして、時代が少しくらい変わっても、また使うことができそうなので、記録として残しておきたいと思います。

「天までとどけ!」
まずは、教科書教材「くじらぐも」のお話をもとにした歌。コーアオペレッテさんのページで見つけました。物語をなぞった歌になっていて、雲の上に行くときと、雲の上から戻るときの2カ所には台詞が入ります。その歌の前半を劇のオープニングに使いました。

行った先の雲の上は、「あいうえ王国」で、「かきくけ子クジラ」が住んでいます。子クジラたちが、雲の上に来た1年生に、あいうえおで遊ぼう、と誘い、言葉遊びが始まります。

言葉遊びのパートは、いろいろアレンジ可能ですが、今回は使ったモチーフは次のものです。
◆まどみちお「あいうえお」の詩
◆谷川俊太郎「あいうえおうた」の詩
◆ピタゴラスイッチのDVDブックにあった歌とタコスイッチを参考にして
あ〜んの言葉スイッチで押した文字から始まる面白い文
歌に乗せた回文
◆和田誠さんの「ことばのこばこ」という絵本から
頭とお尻の2文字や3文字がつながるしりとり(劇の中では「高級しりとり」と命名)
あるフレーズの文字を並べ替えて別のフレーズにする「文字のばらばらじけん」(命名8)
濁点がつくと意味が変わる言葉のフレーズ(「ガザダバかいじゅう」(C)伊東信夫さん という濁点をつけるかいじゅうが登場)

その他にもモチーフに使った言葉遊び系の絵本はたくさんあります。
今まで好きで見つけると読んでいた言葉遊びが、いろいろ浮かんできて脚本作りも楽しかったです。
年度当初から、1年生だからNHKの「にほんごであそぼ」のような事ができないかな、というイメージはもっていて、その中の演出を真似させてもらったりしました。

会場のお客さんを巻き込む演出は、見ている他の学年の子どもたちに好評でした。そして、1年生の国語の学習としても十分取り上げられる内容にできたことは、練習時間の確保の面でもよかったです。

場面転換の合図としてけんばんハーモニカでの演奏を取り入れる予定でしたが、仕込み時間の都合上今回はこちらでやってしまいました。その他、随所に、効果音やリズムをとるために、ウッドブロックや、リズム太鼓や、シンセサイザーのリズムボックスを使っています。

言葉遊びを音声だけで発表しても、消えて残らないので、視覚化する工夫をしました。1年生は自分たちでできる作業が限られているので、子どもに作らせたものと、パソコンの文字などでこちらで用意してしまったものとあります。

用意した小道具は以下の通り。
◆言葉スイッチ用「あ」〜「ん」のB6くらいの大きさのカード。段ボールに貼付けて、首から下げられるひもをとりつけて、首から下げて登場。(これなら1年生もなくしません)
◆回文を書いたもの。当初は、一文字ずつカードにして、回文を読むのにあわせて一文字ずつ上げて出し、もどって読むのに合わせて一文字ずつ下げる演出を考えていましたが、1年生には、スピード的に無理でしたのでやめました。
◆高級しりとりは、模造紙半分大に、「さよならさんかくまたきてしかく」とカルタの読み札のように子どもに書かせました。それを体の前に持って、相撲の土俵入りのように、ウッドブロックのリズムに合わせて動きながら、「さよなら三角またきてしかく」「しかくはベッド ベッドははずむ」「はずむは・・・」と一人ずつ舞台の中央に来たら言う、という演出をしました。
◆ガザダバ怪獣が濁点をつけるフレーズは、パネルにはっておき、舞台の後方に設置しました。小技として、子どもの名前をつかったのが受けました。例「山田さん、たいへん!名前がっ」の台詞で「やまた」と書かれた名札を見せる。濁点がたくさん出て来る名前ほどおもしろいです。この後で、ガザダバ怪獣を読んで濁点を取り戻し、ちゃんと「やまだ」にもどす、というオチ。
◆バラバラ事件のパートでは、文字のカードを用意して、一人一枚もち、並び順を変えました。3つのパターンでやったので、持たせる文字カード3枚の下を製本するようにとめて、太鼓の合図でぱらっと1枚目を落とすと二つ目の文字が出て次のフレーズになる、というようにしました。これは、誰にどの文字を持たせるか、頭を使いました。

全部で20分の舞台です。
最後は、「くじらぐも」の世界にもどって、「おや、もう時間だ。」「では帰ろう」という台詞で、冒頭の歌の続きの部分を歌ってエンディングです。

今回は、歌い終わったあとで、1年生になってできるようになったことをいくつか、呼びかけ風に言う台詞をつくり、「天までとどけ、1、2、3! もっともっと大きくなります」という台詞でシメました。

大道具はパネル以外なし。子どもたち70人は、基本的には全員舞台全面のひな壇に立っていました。
上演時間は20分。今回も時間を守ることができて一安心でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

桜の香り

200411
ひさしぶりに自転車で帰宅。
いろんな道具を持ち帰る日々から開放されました。

で、住宅の中庭を通り抜けると、サクラモチや道明寺の香りが。。。いや、桜の葉の香りです。

このところ急激に桜の葉が落ち始めていますが、ほどよく生っぽい落ち葉がたまっていると香るようです。カリカリに乾いた落ち葉は香らないような気がします。
*写真は、2004年11月の釧路川です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小道具の多い出し物につき

文化祭の出し物。
国語で学習した「くじらぐも」をベースに、雲の上の「あいうえ王国」にいって、そこにすむかきくけ子クジラさんと、言葉遊びをして、帰ってくる、というストーリーを仕立てました。発表の要は、詩の暗唱や、回文を歌にのせて歌ったり、文字のスイッチを押すと、その文字からはじまるおもしろい言葉が出てきたり、頭とお尻の2文字や3文字でしりとりをしたり。。。といった、言葉あそびです。
オリジナルで作ったのですが、やや内容が高度だったようで、子どもはそのおもしろさを理解できていない様子。
また、言葉遊びは、音声だけで聞いても、おもしろさが伝わらないため、文字カードなどの、小道具がたくさん必要で、毎日毎日その制作手直しに追われているのですが、まだ完璧になっていません。
本日最終練習。これから、模造紙のウラウチ作業をします。(さすがに持ち帰れませんでした)

なんとか、明後日まで!そして、何よりも、成功させなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

対話の力

本日は、首が回らないくらい(たぶん)リンパ腺が腫れていました。
頭もぼーっとしていて、だるい。しかし、お子ちゃまを帰すまではあまり感じない。帰ったとたん、座りたくなり・・・保健室へ。症状を話すと、アイスノンで冷やした方がいい、と言われ、首に巻き付けて、小道具作り。今日は、初めて相棒が、自発的に作るものを担当してくれた。それが終わったところで定時。まだまだやることはあるけど、たのもうか、どうしようか、迷いに迷っていたら(相棒はプライベートな事情がいろいろあるので)、「お先に失礼します」とそれこそ、お先に言われてしまいました。

その後、一人で黙々とカッターナイフやらテープやらで作業をしながら、心の中では文句ばかり。他の学年はみんな2人でいろいろ打ち合わせしながらやっているのに。まあ、言ってもしかたないから黙ってよう。

とそこへ、外でけんか騒ぎを起こした子たちの対処で同僚と話をし、中学校に出向いたり、その対応で自転車を乗り間違えて帰ってしまったお隣の校長先生と自転車の交換をしたり、しているうちに、元気になってきて、やっぱり人と話をするのは大事だなあと思えた夜でした。

夕べは、フェルトにクジラの形を30個描き、切り取り、目を縫い付けました。今日は、文字のカードに首から下げるリボンをつける作業をお持ち帰り。

連日カレー。きょうは納豆を投入してみました。けっこう美味しかった。明日はブロッコリーと茄子を入れてちょっとスープっぽくしてみようと思います。

冷やしたおかげで、首がだいぶ動くようになりました。とにかく今週もちこたえます。

今日、1年生に言われて嬉しかった言葉。
H子「せんせー、かっこいい。」
8「え?とつぜん、どうしたの?」
H子「しんけんに、やってるから。」
舞台の真ん中で、腕組みして、台本をにらみ、子どもを見渡し、どうするのが一番いいか、考えていた時です。真剣さがかっこいいと思えるH子の感覚を褒めました。

ってことで、一部方面、昨日の日記で心配をかけていますが、快方に向かっています。カヤック旅や、スキーの計画を立てながら、バランスをとっています。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

わかちあう人がいない

今週末は、文化祭。
例年のように、オリジナルの脚本を作って練習中なのですが、綱渡り状態。
脚本から小道具、練習内容まですべて一人でこなし、まさに単学級状態。このはらはらドキドキ感をシェアすべき相棒はいつもいない。きっとどうでもいいんだと思う。あたしが、好きで全部やってると思っているんだと思う。
あー。
帰宅して先週末の写真を見たりするのが憩いの場です。まだ余韻でいけてます。

体力には自信があるのだけれど、いよいよのどがはれてきた。いつも、のどで発熱をブロックするタイプなので、1年前に同じ症状で医者からもらった薬の残りを飲んでみた。朝、昼、と飲んだら、なんとなく首の両脇が腫れてきたので夜はやめた。昨晩は熱ーいお風呂&ユンケル&ポカリでふとんかぶって眠りましたがあまり汗をかかなかった。。。。
カレーを作り置きしてあるので、体調悪いときにどうかな、と思いつつ食欲があるからいいや、というわけでカレーを食べました。とりあえず今晩も眠ります。目標3時起床、たぶん実際は4時かな。もう一仕事。30個のくじらワッペンに目をつけるのです。

保護者をうるうるさせるしかけはできているんだけどなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

HARE号覚え書き ラダーペダル&ウェア

そういえば、今回も、ラダーが使えませんでした。
いえ、もう使わなくても全然不自由しないし、怖くもなくなったのですが。
今回の学び。
・テンションをかける前に、ラダーペダルがチャインバーにひっかからないように上に起こしておく。

前回、スターンのフレームを入れるときに、ラダーのワイヤーをはさんでしまい、まったく動かない状態になったので、今回は,注意してそれは大丈夫でした。
テンションかけおわって、いざ、ラダーにベルトをつなごうとしたら。。。。。
左のラダーペダルの端がチャインバー(っていうんだったと思う)の下に入ってしまい、どうやっても起こせません。まあ、いいや、とそのままにして、ラダーは使わなかったのですが、ペダルが倒れた状態で常に足裏に当たるため、ちょっと痛かったです。

11月上旬でしたが、日が当たると汗ばむくらいでした。
ウェアは、ウール長袖Tの上に半袖化繊Tを重ね着。その上にレインウェア。
化繊Tは、ユニクロで初めて売られた化繊の速乾性のものですが、これはレインウェアの中では汗が乾かずだめでした。途中からウールTだけにしたら快適でした。
下は、ファイントラックのタイツ(厚)の上にボードショーツ。ウェットブーツ。
ちょっと暑かったのでレインウェアの腕は肘上までまくっていました。

パドリングジャケットと、レイブンパンツ、パドリングシューズは買ったほうがいいと思いながら、これ以上冬には漕がないかなー、と毎回間に合っている感じです。

その他、艇まわりのもので購入したいもの。デッキバッグ、パドル(でも今の漕ぎ味けっこう気に入ってきています)、コックピットカバー、コンパス。

いつもは、けっこう形からそろえていたわたしですが、カヤックに関してはそうでもないのはどうしてかな。

あと、山ガールのスカートをばかにしていましたが、電車でアクセスしてすぐに漕ぐときは着替えにもスカートの方がいいから、ひとつ買うかなあ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

品川駅/熱海駅/三島駅/伊豆急下田駅情報for フォールディングカヤッカー

<品川駅>
・京浜東北線 東京方面に向かって後ろにエレベーターあり。そのまま南側通路を通って有料トイレ前を通って新幹線改札へ。(中央通路より人が少ない)
・新幹線ホーム行きエレベーターは2号車付近。こだま号は2号車も自由席。(ただし、3号車は喫煙車)
・各車両進行方向最後部の座席と壁の間がカヤック置き場に最適なので、今回は2号車の3号車寄り入り口より乗車。
<熱海駅>
・新幹線ホーム中央にエレベーターがあるが、エスカレーター脇防護柵との間が狭く、他に歩いている人がいたので、ホーム名古屋寄りのエスカレーターで降りた。特にストレスなし。
・熱海駅で伊豆急下田行きに乗り換え。全てエスカレーターあり。今回は乗り換え時間が7分あったが、ゆっくり歩くとすぐに5分くらいかかる。買物をする余裕はなし。
・伊豆急下田行きは、前の方に乗る。今回は意識していなかったが、途中で後ろは切り離された。下田駅はどんづまりで止まるため、前の方が改札まで歩く距離が少ない。

<三島駅>
・新幹線側の改札口周辺の方がエスカレーターが充実。在来線側の入り口から新幹線までは、ちょっとした階段の上り下りが何カ所かあり、新幹線ホームまでも遠い。

おまけ。大森駅情報追加。夜11時までなら、中央改札からアトレの中の下りエスカレーターが利用できる。(1階までの動線もよい。)
朝も6時以降なら、中央口外から改札までのエスカレーターが動いている。(何時から動いているかは?)
北口は、改札からホームまでのエスカレーターがない。6時前だと、外から改札口までのエスカレーターも止まっていることが多い。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/7 南伊豆 弓ケ浜〜爪木崎

Gパ(グリーンランドパドルというおしゃもじのような形のパドル)の神様のようなS島さんのクラブハウスに泊まらせていただき、朝食は、湊カフェで。

弓ケ浜〜出艇。この日は、男性陣も一緒。一応女子漕ぎというコンセプトだったので、最初は、わたしたちより前に行かないようにしてくれていた様子。この日は、ウィスパーが2艇です。
PhotoPhoto_3

下田の天窓堂。
Photo_2

サンドスキーの浜。雪山を壺足で登るときの要領で登ってみました。テレマーク姿勢をとってみましたが、ウェットブーツではすべりません。
Photo_4

トンネルほじり。
Photo_5Photo_6

お昼。
Photo_7Photo_8

下田港入り口の灯台がかわいい。
Photo_11

その後、爪木崎へ。湊カフェご夫妻が回送のためお出迎えしてくれました。
Photo_9

撤収は速いのです。
Photo_10

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

11/6 南伊豆 本瀬〜吉田

下田から弓ケ浜へ向かう途中で、さば弁当を手に入れました。
Photo

湊カフェで仲間と合流。
Photo_3

組み立て。またまた1時間以上。シミュレーションが功を奏して、前半はかなりスムーズにいきました。ウィスパーの先輩にテンションのかけかたのコツ(一本ずつ、一個ずつ)を教えてもらい、少し楽になりましたが、この工程で手間取りました。


お昼は千畳敷。江戸城に使われたであろう石を切り出した跡。小さな潮溜まりが干上がって塩ができていました。なめてみると、まろやかな味でした。
Photo_2

美しい海。
Photo

吉田に上陸後、趣のある白鳥神社をお参り&ビャクシン(白い杉)に感動。
Photo_2

さわやかさ満喫の一日でした。(夜は宴会でしたが)
Photo_3

お世話になったシーシェルパさんありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

Wispers @洞窟の港

6−7日で、南伊豆へ行ってきました。
土曜日朝、電車で下田へ。ピックアップしてもらい、話でしか知らなかった湊カフェへ。今回は女子漕ぎというコンセプトでした。ここで、仲間と合流して、本瀬から出艇。洞窟めぐりをしながら、石廊崎を回って、吉田まで。石廊崎というと、強風高波のイメージですが、この週末はとてもおだやかで、波もうねりもほとんどありませんでした。
きょうは、弓ケ浜から出て、爪木崎まで。爪木崎は大好きなところです。水仙の時期に2度ほど歩いたことがありますが、海からだとどんな感じなんだろう、と漕いでみたかったところだったので、大満足です。途中で立ち寄った鍋田の近くの洞窟の港がとても気に入りました。
Photo_2


| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »