« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月27日 (金)

いのち

先週末、他愛もない会話を交わした同僚が、今週始めに意識不明、翌日の朝亡くなりました。週末に突然具合が悪くなり自分で救急車を呼んで入院。職場仲間に入院の報告と挨拶のメールを送ったりしていたのに。彼はワタシと同じ年齢です。お医者さんも原因がよくわからないみたいですが、未だに信じられません。

きょう、研修で芝浦の食肉市場を見学してきました。生きるために命をいただいているということを改めて実感しました。今まで子どもたちに差別について伝えてきたことに加えて、自然の仕組みとして命をいただくという視点でも伝えるべきことがはっきりした経験でした。

うまく言葉にまとまりませんが、夏休みのおしまいにいろいろ考えさせられています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

シメ漕ぎ

22日早朝、沿線駅でひろってもらい一路内房田多良へ。
夏休みのシメ漕ぎです。(プルコギみたい)
仲間の進水式です。
R
今回は、お借りしたリジット艇です。いつも同じ艇で漕ぐようになって、やっとフネによる感覚の違いなんかを感じられるようになりました。やっぱりかたいです。今回も、ラダーを一度も下ろさず漕ぎました。行きたい方向に行けるようになった。スウィープとスターンラダーを多用して、進行方向左に向きがちなので、左をたくさん漕いで、右は加減する、という方法です。これは長く続けるとけっこう疲れます。すると、艇の持ち主さんが、次の課題を教えてくれました。左右同じように普通に漕いで、行きたい方向に修正しながら進む方法です。ポイントは加重のよう。これはまだうまく行きませんが、向かい風だとストレスなく、焦げました。
多田良は、7月に言った原岡のお隣、ラーメンやさん(いたくら)のある浜でした。今回のコースは、南風なので、北へ。南無谷の岬を超えて、浮島を時計回りに一周して、いわい海岸へ上陸。中生1杯。マイミクさんの山おやつを真似して自宅から凍らせていったフルーチェとおにぎりとフランクフルトでお昼。その後、出廷した浜までもどってぷかぷか。GPSによると23キロ。楽しい一日でした。
Photo
いわい海岸は臨海学校で何度も訪れた浜。水がとってもきれいになっていてびっくり。記憶の中にあるいわいの海は、わたしたちが出艇した多田良浜の海のような透明度0ぬめぬめした細かい砂の海でした。一日海につかっていると水着の布目に砂粒が入り込んでカビがはえたようになってとれなかったことを思い出します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月17日 (火)

でっかい夕陽

目で見たようには撮れない。もたもたしてたらみるみる沈んで。
0817

| | コメント (6) | トラックバック (0)

手作り(?)行動食〜シリアルバー〜

富士山登りに行く後輩に差し入れ。
シリコンスチーマー料理本に載っていたのを、またまた勝手にアレンジして作ってみました。
これ、シリコンスチーマーじゃなくてもできると思います。たぶん。

材料 
マシュマロ110グラム(1袋がこの分量だった/本では50グラム)
チョコレート味のシリアル2カップ(本では1カップ)
スライスアーモンド適当(本では、ゴマ大さじ1)

作り方
1マシュマロをスチーマーに入れて電子レンジで1分(本では30秒)
2チョコレート味シリアル(チョコフレークみたいなもの)とアーモンドスライスを混ぜたものをスチーマーに入れて混ぜる。
3自然に冷まして、適当な大きさに切る。(切るときはシリコンスチーマーから出してね)

まずびっくりしたのは、1、でマシュマロがブワーっとふくらんであふれそうになった事。これは容器の大きさに対してマシュマロが多すぎたのかもしれませんが蓋をもちあげてゾンビのように流れ出す寸前でした。そして、べたべたで2がよく混ざらない。でも適当で大丈夫です。きれいに整形しようという考えはすっぱり捨てなくてはなりません。とにかく、まぜているスプーンなどにもくっついて大変ですから、だいたい平らにしたら放置します。カチカチにはなりませんが、だいたい冷めてかたまった状態でもまだべたべたします。どうしよう、これでは、手づかみで食べるのは大変だし、アルミホイルなどで包んだとしてもそれをはがすのが手間取りそう。何か食べられるもので包めばいいのか。オブラート・・・ないし、湿気で効果がなさそう。片栗粉?これも一時的な感じが予想される。ココアの粉・・・かなりいいかも。でも在庫なし。ってことで、いろいろ考えた末、2センチ角に切り分けた後、断面に煎りゴマをまぶしつけました。今思うと、ミロもいいかもしれないし、シリアルを細かく砕いてまぶすのもいいかもしれないです。

手作りといってもただ加工しただけですが、ドライフルーツやナッツをアレンジすればいろいろできそうです。柿のタネなんかもいいかも。写真をとり忘れました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

バンフマウンテンフィルムフェスティバル

今年もやってきました。
ンフマウンテンフィルムフェスティバル
大崎ゲートシティホールにて。
10月8日の夜の部に行こうと思うのですが、どなたかご一緒しませんか?
カヤックものとスキーものが入っています。スキーのは見た事があるあれなのかな?そんなわけないか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月15日 (日)

炒めないチャーハン

仕事がばんばん進むわけでもなく、劇的に片付くわけでもなく、ひきこもりな休みを無駄に過ごしていますが、料理だけはきちんと作っております。

で、シリコンスチーマー料理の本を参考に作ったもの。
冷やごはんと冷凍コーン(と本に書いてあったけど、わたしは入れず)を2分チン。
ザーサイ、焼豚、ピーマン(わたしはアスパラ)、ショウガを刻んだものに醤油、ごま油(ごはん茶碗一杯強に対して各小さじ1)をまぜて、1分チン。その後しばらくむらす。
で、できあがり。
これがけっこう美味しかったです。

明日は、同じくシリコンスチーマーでアウトドアで行動食にするようなシリアルバー作りに挑戦する予定。

時間を無駄にしている罪悪感が。。。。しかも日曜日だからまる子とか、サザエさんとかの音楽が通常の日曜日を彷彿とさせて増長。明日は無駄に過ごさないように、しま・・・す。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月14日 (土)

つかこうへい「広島に原爆を落とす日」

シアター・コクーンにて同僚と観劇。
劇場に入るとアリスの「冬の稲妻」が流れています。同僚と雑談しながらも、意識は、なんで?戦争の話なのに・・・と音楽に向いたまま。その後も幕が上がるまで昭和50年代の歌謡曲やポップスのオンパレード。全ての曲がいっしょに歌えるくらいよく知っているものです。
冒頭の早口の台詞がほとんど聞き取れず、これは大丈夫かな、と思いましたが、主演の筧利夫さんが登場するとそんな心配もなくなり最後まで飽きさせることなく進んでいきました。奇想天外な虚構とヘタウマ的に挿入される歌やダンスで伝える今の時代を生きる自分も含めた人々と「戦争」の距離のリアルさの中で、つかさんはどんなメッセージを送りたいののだろう、と答えを求めながら見ていました。それは、戦争や国について自分の考えを持て、ということだったと思います。圧倒的な言葉の情報量と、そこここにちりばめられた笑い。ほとんど何も無い舞台装置。交錯する時代の違う物語。つかこうへいさんの芝居を見るのはたぶん「蒲田行進曲」以来でしたが、これまでこういう複雑な芝居を口立てでつくりあげてしまったなんて天才だなあと改めて思いました。
図らずも追悼講演となってしまった今回の芝居。「黙祷!」の台詞がありました。2回目のカーテンコールは、誰もいない舞台の真ん中にスポットライトがひとつ静かに照らされていました。

生はいいな。今年の学習発表会の構想も練らなくちゃ。なんて思いながら終電間際までビールを飲みながら話がはずむ夜でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

食生活充実へ

夏休み、といえばめいっぱい出かけるのがここ数年の恒例でしたが、毎日家にいます。本を読んだり、片付けたり、日頃できない用をすませたり。ゆーっくりな時間が流れています。一日にすることが少ない。今日は昼寝もしました。

沖縄で脳内も体内も浄化してきましたが、翌日は、保育園一日保母体験で過食。午後なんて給食→昼寝→おやつ(おにぎり、えだまめ、すいか。しかも大人だからと特別におにぎり2個も)という感じ。その翌日は出勤but給食がないからコンビニめし。そして、林間学校は、食事が豪華で有名です。子どもの手前毎食完食。夜は差し入れの消費。で、その後の国語の全国大会では2日とも、宴会付き。あー食べ過ぎ。

Photoそんな中、昨日は妹とシラスごはんのランチ。夜は、横浜で家族とフレンチのコース。パンがおいしくてつい3切れも。

本日、近所で宇都宮餃子を焼いて売っていたので、ついついまた買食にしてしまいそうになりましたが、行列だったのでやめてスーパーへ。
餃子の値段とほぼ同じ金額で買った食材で、久々に料理をしました。やっぱり薄味で美味しいし、料理は楽しい。経済的にも美容健康的にもいいしね。自炊しないと、作り置きの食料もないので、ついついコンビニで買物することになしますが、自炊すると、残った材料でちょっとした作り置きをしたり、味をアレンジしやすいものを保存したりできるので、無駄な買物もしません。
それに、何日か同じものを食べてもあまり気にしないタイプだし。

今日は、イワシと長ネギのオリーブオイル焼き。キュウリ、ミョウガ、青ネギ、ワカメのスープ。枝豆。ごはん。ついでに浸し豆の酢漬けを作ったのでこれは明日以降の箸休め用に。デザートは妹1にもらったブドウ。皮ごと食べられてタネの無い品種。甘くて美味しいです。

明日はイワシも、スープも、枝豆も残っているので、同じメニューかもしれません。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

海旅の友

12日は若狭の海に出向く予定で、夜行バスもとりました。
が、台風が直撃みたい。。。。
HARE号の威力も台風にはおよばず?
飛行機にのるわけじゃないのにHARE号を先に行かせたからご機嫌ななめなのか?

ところで、沖縄で仲村さんに、カヤックに積んでおく工具を教えてもらいました。沖縄に行く直前に、ラダーのペダルをレールに取り付ける部品の手で締めるところではないネジがゆるんでいるのを発見したので家で締めたのですが、海旅の途中でトラブルがあったときにいろいろできる工具を常備しなければいけないなあ、と思ったから、最低限何を持っていればいいか質問したら、実物を見せて教えてくださいました。

Photo

こんなの↓を見つけていいな、と思っていましたが、ナットが回せないですね。


Photo_2

夏休み中にふだんめったに行かない(車なしで行けるところ&近所にはない)ホームセンターに行ってウェスなども一緒に手に入れよう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年8月10日 (火)

〜やか

本日のキーワード。逆の発想。
逆引き広辞苑という辞書はお気に入り辞書の一つですが、これを使うのは反則ってことで、
「〜やか」という言葉をいくつあげられるか、というお題を出されました。
わたしは3分で17個。全部で90個もあるそうです。

伝統的な言語文化っていうのが、新しい指導要領に導入されていて、前倒しで試行錯誤中なのですが、
古典は、高校でもっとも嫌われている教科だそうです。品詞分解して現代語に訳して終わりということが多く、読み浸ったり味わったりすることがないのも要因の一の模様。で、某大学のF森先生は、逆の発想で現代文を古文にするという学習を考えたそうです。
ディズニーランドは「出銭遊園地」ミッキーマウスは「美紀鼠」というように遊びを加えながら、古語に変えた所をチェックしてみると、もちろん普段使っているのと同じ日本語なわけで、語順が同じ、ということがわかって教室の空気が激変して興味を示すようになったとか。こんなものがあると便利だという紹介もありました。

このセンセー、クイズミリオネアをもじってクイズオノマトペというのを作って(しかもテーマ音楽入りで、途中で音楽もちゃんと変わるのである)、パワーポイントで本物みたいな画面を作ってクイズ形式でオノマトペ(擬声語擬態語)に関する問題を解かせるのです。問題が、宮沢賢治の「どっどどどどうど」を扱うものから、源氏物語の若菜下で恋心に火をつけるネコの鳴き声、狂言のイヌの鳴き声や渡り鳥の鳴き声、というように時代を遡って難しくなる仕組みです。最後は、日本書紀に出てくる「こほろこほろ」という塩田をかき混ぜる音を表した最古のオノマトペの問題でした。おもしろかった。画面を作るのは大変そうですが。

その他、できるだけたくさんの音で回文をつくるというのもやりました。最後は、「長き夜のとをの眠(ねぶ)りの皆目覚め浪(なみ)乗り船の音のよき哉」の短歌などに行き着くわけです。これもおもしろかった。

昨日、本日と国語の全国大会でした。裏方の仕事もあったのでフルに勉強する、というわけにはいきませんでしたが、ちょっと仕事がしたくなる刺激を受けて帰ってきました。もっと勉強せねば。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

林間学校

仕事ハイキングでも楽しい。
熱中症対策のため、ポカリ4リットルプラス自分のものを背負って。
毎日の仕事バックパックとHARE号で鍛えていてよかった。
Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄 東海岸2

漕ぎ出し(with3men)
Photo_2

すてきな浜
Sosu_beach

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

沖縄 東海岸

甥をつれて海旅決行。
空印深夜便にて那覇入り。
翌朝、安田の港より出艇。
あがり浜→蘇洲→安田
2泊ともいい浜でキャンプ。
距離はそれほど漕ぎませんでしたが、沢で水浴びしながら涼しい夜を過ごしました。
Photo

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »