« にゅうカメラ | トップページ | 沖縄 東海岸 »

2010年7月31日 (土)

ノーテレビ

昨日、全国から1800人が集まった焼酎一貫サミットへ。おそらく半分くらいは、わたしのように動員がかかった人々だったと思われます。シンポジウムの内容は、あまりピンとくるものはありませんでしたが、分科会でへえ、と思ったことがありました。

今、生活指導(生徒指導)を担当しているのですが、その分野で焼酎一貫化するといえば、学習規律(授業中の態度や発言や話し方のルールなど)を統一して小も中も同じ系統性の中で指導する、ということがまずあげられます。これで、中に上がったときのギャップを軽減するということです。
でも、あいさつをしっかりする、とか、時と場に応じた言葉遣いができるように、とか、生活指導(生徒指導)の基本は毎日の生活の中で心を育てることも必要不可欠です。

それで、ノーテレビ運動という実践が紹介されました。
ノーといってもゼロにしよう、というのではありません。
月に一週間だけ、テレビを見たりインターネットなどのメディアに触れたりする時間を減らしましょう、テレビは選んで見ましょう、ゲームやネットをやりすぎないようにしましょう、という取り組みです。学校から地域も巻き込んでいるそうです。
地域までまきこむのはなかなか難しいと思いますが、自分の生活を自分で設計できるようにさせる、という生活指導(生徒指導)の目的にかなっていると思います。浮いた時間をどうすごすか自分なりに考えて過ごしたりできたらすごいことです。できた時間で家族のふれあいが増えた、という実際の反応があるそうですから、その先に行けそうな気がしてきます。

取り組みが始まって数年たってマンネリ化してきている、録画をためてその後に反動的にテレビ漬けになる子どももいる、などの課題もあるそうですが。

学ぶことというのは、どこにでもあるものだと改めて思いました。

| |

« にゅうカメラ | トップページ | 沖縄 東海岸 »

コメント

私の場合、テレビを見なくなってから、かれこれ1年経ちます。初めのウチは、物寂しかったのですが、慣れてくると、2時間ぐらいは余計に時間ができた感じがします。
この取り組み、意外な発見があると思いますよ。

投稿: るな | 2010年7月31日 (土) 08時05分

テレビという分類が古い。
どんなコンテンツを見るか選びましょうとするべきで、メディアは関係ないと思うな。
イチかゼロかを考え出すと、極端な方向に走りがちで、そういったものには必ず反動や脱落者(を敗者とする風潮)がついてまわるよね。
禁止をするのなら、それを上回るコンテンツを提供してみせろ! とね。(笑)

投稿: あきらけい | 2010年7月31日 (土) 10時38分

こういう刺激は、ワタシの周りの同業者との会話では、ないです。

テレビをほとんど見ない人はいるけれど、わたしも含めてそういう人は、テレビを見なくても自宅で過ごす時間自体が少ない人が多いし。

ノーテレビっていうネーミングが業界らしいっていうか、ですねえ。ほんとに。禁止じゃなくて選ばせる。テレビ、ゲーム、ネット、メール、そういうのを全部まとめてですね。もっと言えば、習い事やなんかもある意味同じカテゴリでしょう。
何もない時間を家族や自分で設計し、楽しむ機会を増やすということ、が有効なんじゃないかなあと思うし、興味があります。

投稿: 8 | 2010年7月31日 (土) 11時08分

私が中学時代の塾の先生が、元中学教師で生活指導の経験も多い方だったんですが、「TVは1週間に7時間まで」と指導されました。おかげで番組を厳選して観る習慣ができたのだけれど、あの時代なら誰でも観ていただろう番組を観ていないことを大人になってから残念に思いましたよ。
今の時代だと、TV、ゲーム、インターネットの時間を自分でコントロールできるように育てたいですね。
あと、取り組む時は家族を巻き込まないとですね。私の中学時代は、家族は普通にTVを観ていたので、一人で部屋にこもって、漫画を読み絵を描く生活でした。

投稿: あち | 2010年7月31日 (土) 11時20分

環境構築ってのは大きいよね。
自分の子供時代を振り返って、もし、野球が出来る空地(高架道路下だったので雨天でも遊べた)がなかったとしたら、とか、網持って歩き回れる川がなかったとしたら、と考えると、ひたすらTVな日々もあったもしれませんからね。
現代人な子供でも、夕食後TV見るよりカブトムシ探しに行った方が面白いと思うんじゃないかな。(笑)

代案なしに、TV見るなとは言い難いな。

投稿: あきらけい | 2010年7月31日 (土) 18時00分

幼保、大でもメディアの問題は大きくて、何度か小児科医会の方をお招きして勉強会を開いたことがあります。
過度の疲労から子どもを守りたい、というのが基本にあるんですが…大人も疲れているから、なかなか共通理解に至らないみたいです。

投稿: へんるーと | 2010年8月 3日 (火) 16時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノーテレビ:

« にゅうカメラ | トップページ | 沖縄 東海岸 »