« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

ノーテレビ

昨日、全国から1800人が集まった焼酎一貫サミットへ。おそらく半分くらいは、わたしのように動員がかかった人々だったと思われます。シンポジウムの内容は、あまりピンとくるものはありませんでしたが、分科会でへえ、と思ったことがありました。

今、生活指導(生徒指導)を担当しているのですが、その分野で焼酎一貫化するといえば、学習規律(授業中の態度や発言や話し方のルールなど)を統一して小も中も同じ系統性の中で指導する、ということがまずあげられます。これで、中に上がったときのギャップを軽減するということです。
でも、あいさつをしっかりする、とか、時と場に応じた言葉遣いができるように、とか、生活指導(生徒指導)の基本は毎日の生活の中で心を育てることも必要不可欠です。

それで、ノーテレビ運動という実践が紹介されました。
ノーといってもゼロにしよう、というのではありません。
月に一週間だけ、テレビを見たりインターネットなどのメディアに触れたりする時間を減らしましょう、テレビは選んで見ましょう、ゲームやネットをやりすぎないようにしましょう、という取り組みです。学校から地域も巻き込んでいるそうです。
地域までまきこむのはなかなか難しいと思いますが、自分の生活を自分で設計できるようにさせる、という生活指導(生徒指導)の目的にかなっていると思います。浮いた時間をどうすごすか自分なりに考えて過ごしたりできたらすごいことです。できた時間で家族のふれあいが増えた、という実際の反応があるそうですから、その先に行けそうな気がしてきます。

取り組みが始まって数年たってマンネリ化してきている、録画をためてその後に反動的にテレビ漬けになる子どももいる、などの課題もあるそうですが。

学ぶことというのは、どこにでもあるものだと改めて思いました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

にゅうカメラ

OLYMPUS μTough 8010 .
PC上で設定したりするソフトは、マック対応していませんでした。カメラで手動でやりました。
写真取り込みなどは、今まで通りできます。

そして、お友達ブログで、旧機種でバッテリーパック格納場所に浸水した という記事を発見。
改善されているといいのですが。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年7月29日 (木)

雨のプール当番

ものすごい雨音で目覚め、ちょっとにんまり。
今日は、プール当番。中止!?(まあそれでも仕事なんだけど)

出勤するころには、自転車で行かれるくらい上がっていました。
とりあえず気温水温合わせて50度はクリアしている。
本日検定日。つまりは、楽しみにしている人が多い日。
とりあえず、小雨なので、1回目は開催。
参加者はいつもにくらべると少ない。
水の中はいいけれど風が強いので、水から出るとすごく寒いらしい。

で、だんだん降りが本格的になってきたので2回目は中止。午後も中止。
指導員さんとともに、プールサイドを掃除。デッキブラシでこすってきれいに。
スラックラインをプールの上にはれそうだなとか、風波の立ち方や壁にあたった波が返ってくるリズムを数えたり、しながら小一時間。

その後、来客と話をし、校内の片付け作業をし、退社。
正しい夏休み。涼しいです。
世代交代した”過メディア”by μ

Photo

| | コメント (3) | トラックバック (0)

牡鹿半島転じて沖縄 準備編

悪だ組カヤック仲間より牡鹿半島漕ぎに誘われていました。
が、仕事の都合でキャンセル。
しかし、副産物として、その週末にくっつけて平日休みが手に入りました。

そこで、懸案の沖縄withアウトドア派な名前をもつ甥を決行することになりました。

先日、装備を点検。テントやマットなど、ワタシが今使っているのはだいたい第二世代。前世代のものを貸してなんとかなりそうです。不安なのは、テントがベトベトになっていたりしないかです。ちょっと覗いた感じではだいじょぶそうでしたが、組み立ててみていないので。。。。
男のコはいいですね。荷物が少ない。若いから軍資金が豊富なわけでもなく、あれこれ新調しすぎることもない。水筒を用意しろと言ったらアルミのシグボトルを買っていた。いいぞ。でもカヤックの上で飲んでキャップなくすなよー。細引きでくくった方がいいと教えるのを忘れました。

で、ワタクシが新調したもの。防水バッグ。小さいのを持っていなかったので、これを機に10リットル用を購入。薄手のものが欲しかったのですが、登山用品といっしょに並んでいるウルトラライトのしゃかしゃか生地のものはどうも強度が心配で却下。今持っているシアトルスポーツの薄手のシリーズはどこにも(ネットでも)見当たらず。結局SEALINEのゴム引きみたいなクラッシックなものに。

そして、カメラ。ついに。やっと。「ビデオですかー?」と言われるようになって久しいCAMEDIA C40zoomのハウジングが壊れたのと、時々レンズを指で押さないとレンズ格納できなくなってきたのとで、で防水カメラを買いました。与論島への島渡りの時にデビューしてから8年間各地へ旅してこのブログの写真もほとんどこれで撮影したものです。
広角で撮れてレンズがいいのが欲しかったので、リコーのCX3と迷いましたが、防水機能で同じOLYMPUS μToughにしました。

そして、2人分の荷物と、カヤックを集配サービスで発送。
カヤックを集配してもらうのは2回目ですが、今回はいろいろ言われました。
「これは160センチ以上あるから、航空便のコンテナに入らないから陸送することになる。よって予定の日に間に合わない。」と。
これには、「同じ送り先に送ったことが何回も(いや1回だけどさ)あって、いつも普通に送れました。」と言うと、すぐに「じゃあ、なんとかいろいろやってるんだと。。。。。ごにょごにょ」で終了。次に、もう一つのキャンプ道具、の中身も事細かに聞かれました。テロ対策のため、書いてない物が入っていると、飛行機に乗せてもらえない可能性があるとか。そして、送り状。今回は自分でパソコンで入力して印刷したものを用意していたのですが、手書きの方が信用してくれるらしいです。
まあ、なんとか、受け取ってくれました。
大きくて重いものを送る人、とマークされて次から集配サービスでは、嫌な顔されるかもしれないなあ。嫌な顔されないように、なにか工夫しないと。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)

みーんな悩んで大きくなる

Photo_227日、カヤックをパッキングし直そうと思ったら。。。。チャインバーの一本の穴あきパーツがびくともしない。

18日艇使用。思いっきり水浸し。→乾燥。20日潮抜き。浴槽に水をはり、一晩つける。翌日乾燥させる。そのまま家の中に放置。

で、確かめてみたらとれなくなっていました。
いつもは、このパーツは外して撤収していたのですが、見落としていたみたいです。うーん。もっと強いちからで回せばとれそうな気もするけど、これがはずれないと、甥との沖縄がピンチ。

潮抜きしたらすぐに水分を拭き取ったほうがいいみたいですね。自然乾燥させていました。

<追記:数時間後>
お湯をかけたり、再度乾燥させたり、あれこれやって、最後に、麺棒で黒い部品(ストッパーの部分)を軽くたたいてみたら、はずれました。潮まみれでした。他のフレームとはあきらかに違う状態です。よかったー。Photo_3

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

大声も出していないのに

先週末、疲れてクーラーをつけてひきこもっていたせいか、声が出なくなっています。
声を使いすぎたときとは明らかに違う、風邪みたいな感じです。
おまけに本日、一日、冷房ギンギンのホールでの講習だったため悪化したと思われます。

さあ、旅の準備だ。
カヤック旅に甥を連れていく予定。
あれほど乗らないと心に決めた空印便、しかも深夜便。初日ホテルとれず。いきなりテント泊。

突然ですが来年はモロッコに行ってみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月24日 (土)

ありがとうを花で伝える

23日。
子どもと一緒にアルストロメリア2本、カスミ草、千日紅、コペリカン、アイビーをアレンジした。
こういう時間は楽しい。
写真はのちほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金)

外遊びは心をつなぐ

昨日は過酷な状況でした。
ラヂオ体操@職場に参加してそのまま仕事しよう、と考え4時半ごろから起き出していました。
朝食に両親からの差し入れの桃(うまぁ〜!!)をまるごと1個食べたりして全ての準備ができてもまだ5時半前でした。気を抜いたらうとうとしていて、ラヂオ体操には間に合わず。

8時15分に朝の打ち合わせ。遅刻者確認のためとしか思えないですが。
その後、プール当番業務へ。炎天下、プールサイドは37度、水温32度。夏休みは水泳連盟の方が来てくださるため、わたしたちは、陸番です。午後3時まで4回興行。
終了後、片付けをして、スーツに着替えて、他のメンバーで既に始まっている研修へ。
これで、勤務時間が終了しました。

その研修の講師の方と急遽「反省会」を行うことになり、参加。お会いするのは2回目でしたが、前回あまりいい印象ではなかったので義務感満載での参加となりました。

某社の6年生の国語教材に星野道夫さんの「森へ・・・」という、風景や、カヤック、クマなどの写真がたくさん入ったものがあります。わたしは、もちろんこの教材が大好きで、この学習の時は、必ず「たくさんのふしぎ」のアラスカたんけんを扱った、キャンプ道具の紹介などの入ったものも紹介し、自分のアラスカとユーコンの旅や、カヤックの話もします。

同僚の中では、この教材はあまり好きじゃないという人がけっこういましたが、昨日の講師の先生は「この教材がとても好きでね。。。」と切り出して、ご自身がエベレストの4000メートルまで旅をして植村直己さんと親交のあったシェルパと会って話したことなどを話し始めたのです。話が合うかもしれないと思いつつ、黙って話を聞いていました。同僚が8さんはカヤックに乗るんです、とバラしたため、話をすることになり盛り上がってしまいました。

こうやって、教育に対しての思いや、外遊びのことや、仕事に対するスタンスや、いろんなところで言葉のやりとりをすることで、分かり合えるのだなあ、と感じた瞬間でした。これからの研修が楽しみにもなりました。いみじくも、「対話」がテーマの研修で、この先生は対話が専門分野なのです。

きょうは、おさらい教室と中学と合同の会議です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

「夏休み」のすごしかた

こんなに、なにも決まっていない夏休みははじめてのような気がします。
意志をもって決めていない、のではなく、うやむや。
昨日から42日間の「夏休み」が始まりました。
まずは、教室のそうじ。自分のデスクまわりの整理。その後、おさらい教室の教材作り。いちねんせいは夏休みのプールが初めてなので、受付の仕方や、更衣室への動線や、もろもろを教えるため、プール当番ではありませんがサポート。その後、会議。ちょっと不毛なかんじ。終わると既に勤務時間外。職員室は閑散としていました。わたしも帰ろう、と思ったら、転出入情報のシステム関係の処理に手間取り、ヘルプに電話しながら操作していたら、6時半。そうこうしていたら、6年保護者から電話。その対応で配信メールを作ったり送ったりしていたら、7時半。残っていた同僚とちょっと雑談して8時に職場を出ました。

8組に絵日記(2回分)をしゅくだいに出したので、せんせーは、毎日日記を書く。
8組に読書(5冊)をしゅくだいに出したのでせんセーは10冊本を読む。
らぢお体操に参加する。。。。(?保留中)

かな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

おみやげ

富浦で、カヤックに乗っている時黒いラッシュガードにハチみたいな虫がまとわりついていました。艇が黄色で着ているものが黒だから虫が好むのか。。。
で、ハチだったらかまわないほうがいい、と思いがまんしていました。とまっている足がチクチクするのだと思っていました。

これはブヨだった模様。
今、その虫がとまっていたところが猛烈にかゆいです。右腕に4カ所。きっと、本格的にさされていたら、もっと腫れていたのだと思います。

もうひとつのお土産。膝上の前面に痣がいくつも。まあ、ミニスカートをはくこともないのでいいのですが。再乗艇の時に、スプレーについているゴムの結び目などが体と艇の間にあってイタかったので、その時のものだと思います。皮膚が薄い(と、つい最近専門家に言われて、納得)せいか、痣ができやすいのかもしれません。

多くの女性のようにタイツを穿いた方がいいのかもしれません。ファイントラックの通年使用できるものがいいのはわかっているのですが、素足の方が好き。

さあ、きょうもいってきまーす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

夏だ!

三連休中日に内房の富浦まで行ってきました。
海です。海。パドリングのスキルアップ。
HARE号ひっぱって。今回は始めてキャンプ装備も持参。
前回カートの取り付けがよくわからず、結局送ってしまったのですが、ゆっくり理屈を考えながらやったらできました。

朝6時40分自宅を出る。
今回はエスカレーターが稼動している時間帯なので、近くの改札口から乗車。しかしこちら側は、ホームに降りるエスカレーターはない。今回は重くて肩にはかつげなかったので、ゆっくり階段をおろす。これはカートが傷みそうだけど。
東京駅7時30分発のさざなみ1号に乗車予定だったので、東京駅でかなり余裕がある(と思っていた)。ところが、、、、横須賀線の地下ホームに行ってから、内房線は京葉線と同じホームだということが発覚。かなりブルーになりながら、けっこう混雑している東京駅をまた反対側まで。ものすごい汗をかいて、どういにかホームに着いたときは、発車五分前。
まずは、カートを置く場所を確保しようとうろうろしましたが、車両の端の座席は壁の方を向いてすでに席に着いている人がいらっしゃり、荷物スペースはなし。反対側にデッキに行くと、運良くスキー板を立てるような収納スペースを発見。ラッキー!とばかりに(そのときは思った)カートを立てて置き、ストッパーをかけ座席へ。少しでも荷物を軽くするために、食料は全て現地調達にしたのですが、もう飲み物を買う時間はなくなってしまいました。特急だから、車内販売で買えばいいや、と(その時は)思っていました。

(その時は)の理由。
1、検札に来た車掌さんに尋ねると「朝早いから」車内販売はない、自動販売機もない、とのこと。朝早いってさあ、もう7時半じゃん。
しかたない。でも、自宅から20キロ以上あると思われる荷物をがらがらしたおかげで大量の汗をかいて、のどはからから。でも、どうしようもない。

2、窓からの景色を楽しみながら、あれこれ夏休みのことを考えているうちに一眠りし、下車駅近くなったので、荷物をとりにデッキへ行くと。。。。びっくりすることが起っていました。
カートの片側のキャスターが電車の振動で(?)回り続けて(いたとしか考えられない)パックに干渉したのか、ゴムが巾1センチくらい削れて斜めになってしまっていました。荷物を置いたときには、まったくなかった白い粉が大量におちていました。立てるような形で自立しないカートを置いたため、キャスターで立っている形になったのかもしれません。ルームランナー状態だったのかもしれないです。パックのこすれば場所には穴があいてしまいました。使用4回目にして傷だらけの収納袋です。まあでも、こうやって何事も経験して次はそうならないように、っていう過程はけっこう新鮮です。

駅から、集合場所の原岡キャンプ場までは徒歩10分とのこと。10分歩くって1キロくらいかー、まあゆっくり行けばいいや、と思って9時15分定刻着。ホームに降りて、またまたガツーンとやられました。

お日様きらきら、夏だーっていう透明な空気。単線の線路が続く両脇の緑も濃く、ザ・日本の小さな町の駅という感じ。けっこう好き。
な風景のど真ん中にそれはありました。
Photo_2Photo_3
天国にはそうやすやすとは行かれないってことでしょうか。

10時ごろからのスキルアップ講習だから、始発の鈍行で来て8時半ごろ到着して組み立てていようかなと思っていましたが、スパークル北田氏の「9時15分駅着でいいですよ」のお言葉に甘えて、9時半に現地に着けば、15分遅刻くらいでなんとかなるかな、なんて思っていたのに。。。。海岸へは思ったより近かったけれど、カヤックが出せる場所は当然端っこなわけで、カヤックを積んだ車があったのであたりをつけて進んだ方とは反対側の端だったりして、たぶん、浜に到着するまでに30分はかかっていたと思われます。はあ。また大汗。

この後組み立て。今回は、初対面の方が多く、女性一人ということもありみなさん大変親切にしてくださり、組み立ても運ぶのもだいぶ手伝ってもらっちゃいました。北田氏の「息長く遊ぶために使えるものがあるときは使いましょう」との言葉に、かたくなに一人でやることにこだわることもないのかな、なんて思ったりもしました。

ツーリングではなかったので、最初は手持ち無沙汰だったけれど、漕ぎ方の名称やら(知らなかったんですよねえ)パドル操作の仕方やら教えてもらって、セルフレスキュー、や2人組レスキューなど、水に落ちては再乗艇の練習。
1997年に天竜川で初めて沈出(チンダツ:ひっくり返って水の中でコックピットから脱出すること)の仕方を教わった時と、その後、小笠原で兄島に行く前に練習して以来だと思います。川で沈することは毎回あったのですが、岸に流れついて水出しして乗るっていうのがほとんどでしたから。。。
まずはひっくりかえるのに勇気が要ります。がやってみると再乗艇は、覚えていました。

昼は、上陸してラーメン屋さんへ。「いたくら」という味のあるお店。ラーメンは素朴で優しいスープ。醤油味。その後、肩や肘が水につかるくらい艇を傾けて練習。パドルで浮力を体感したのは初めてでした。あんな、ブレード一枚で、と思うくらいです。これがロール(沈出しないでそのまま起き上がる)の動きの練習にもなるとか。腰で艇をまっすぐに戻す練習もしました。ロール練習まではせず。

水は思ったよりきれいだし、岸にはアジサイの原種のような花が咲いていてきれいだし、ちょっと飽きてきたので、「どこか行きましょうよ」とリクエストし、ちょっとだけ湾を出ました。天気予報では、風がけっこう強く、波も2メートルとか言っていた通り、やっぱり外はちょっと風があり、うねりも出ていました。「こういうところで、さっきのレスキューやってみませんか?」という笠原氏の一声で、やってみることに。セルフレスキュー、2人組ともに一応上がれましたが、セルフの方は、パドルフローとをつける前に艇を上向きにしてしまったため、けっこう水が入ってしまいました。館山の街が見えるところまで行って引き返しました。
上陸すると、夕焼け色になってきた空に富士山が見えました。

夕飯は紆余曲折の後、マルセイという店で穴子天丼。おいしかったー。エネルギーを消耗していたのか特大の穴子とメゴチの天ぷらをぺろっと食べてしまいました。
ビールなどを買い出した後、キャンプサイトで宴会。しかし、満腹と連日の寝不足でうとうと。日にちが変わる前にテントへ。風が涼しくて、テントの中でシーツにくるまってちょうどいいくらいでした。

今朝、6時起床。各自朝ご飯の後、ワタシは撤収。みんなフォールディングカヤックのオーナーだし、なーんかフェザー乗りはメカ好きの人が多いみたいで、ワタシがのろのろやっている間に、そこここから手が伸びてあっというまにバラし終了。
そして、パッキングや手入れなどの小技をたくさん教えてもらいました。行きより快適な状態でカートにくくりつけ、電車の時間の40分前に、みなさんと分かれてさようなら。けっこう駅までは長く感じました。翌日に出るなんて若い!と内心にやっとしながら、昨日の筋肉痛が足にもお尻にも、腰にも。腕にも。全身だるーい。そして、大汗かきながら富浦駅について、またあの階段を上り降りするんだー、と思ったら、駅前の黒いネコの旗に引き寄せられてしまったことは、きれーいにパッキング指導してくださった皆様にはないしょですー。

でも、これが功を奏した。帰りは特急ではなかったので、ずっと横並びの座席だったし、千葉が近づくにつれてどんどん人が乗ってきました。さらに、千葉駅からは、カートを持っていたら、寝かせておく事はできなかったし、もちろん座ることもできませんでしたから。

Photoおまけ。館山のスーパーで見つけた「お手軽やきそば」。釣り用のエサに似ている、ということがイメージできないアウトドア派の方にはおすすめです。味は屋台のやきそば。真空パックになっていて、上の方を切って、手にもってぱくぱくするのです。パンにはさんでもよさそう。やきそばのムコウに富士山が見えています。雪渓が一本だけ残っていました。

とりあえず、キャンプ道具をパッキングする要領もわかったし、急がなければ移動もなんとかなることもわかったし、レスキューの時は腕力が役立つこともわかったし、撤収の小技を教えてもらったし、実りの多いスキルアップ講習でした。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

生きてます

2日 
職場地域の方との飲み会。東京城南地区の神輿やお囃子について興味深い話を聞いて、楽しかった。この手の飲み会はいつもはなんとなく、表面的でつまらないのだけれど、仕事の話をいっさいしないで盛り上がったのは、自分も地元民だからか。江戸囃子に比べると華がないと感じていた城南囃子がなぜあーゆーリズムなのかわかりました。

P1010002_33日 
朝職場でお仕事。その後研究会が夕方まで。夜新幹線なども使い時間をお金で買って、一路修善寺へ。ハコ(竹かんむりに、風呂の呂の字を書く)湯という公共温泉が最高。350円。石けん、シャンプーなにもないけれど、檜作りで感じが良い。うちの近くの銭湯より安い。その後松崎の古民家へ。霧の中ピックアップしてくれた肉氏ありがとうございました。

P10100124日 
松崎から出艇。ただしHARE号ではなく借り物。朝、雨が上がって思いがけない晴れ間。大きなうねりの中ちょっと外海にも出て、午後は浜辺で昼寝。一眠りしたら復活して練習しようと思っていたのに、爆睡。帰りは、行きとは別の仲間のおやびんに乗せてもらい、戸田岬を通る旧道(といえばわかるのか?)を周る。山の緑がすっかり夏になっていることを感じ、歩いてみたいな、という尾根を眺めながら、木負へ。ほとんど車に出会うことがなく、枝が窓をかすめること何回も。すごく気持ちがよかった。木負で「海のステージ」という仲間のたまり場に寄り、ダイヤマンゴーを入手。伊豆産の完熟マンゴーは激ウマ。その後1日1個、一人で2個ともいただいてしまいました。
仕事のことを考えて、遊びに行くのは無謀かなと思ったけれど、行ってよかった。気分転換になりました。

5日〜9日
多忙。この1週間で、夜の会議3回。その上、明日までに提出、というタイミングでお上から回ってくる調査あり。いろいろ事情があるのはわかるけれど、しょっちゅう休暇をとって帰る相棒と組んでいると、すべての学年業務を片付けることになる。上司からは、夏休みの動静を出させられたにもかかわらず、夏休みに強制的に保育園で一日保育研修をせよ、との命令が来て、日程をやりくり。強制的な出張が多すぎ。夏休みをやっと入れ込みました。こんなのおかしい!

10日
職場ぴーてぃーえー行事。朝8時から職場に行き、テント張り。その後水合戦審判などで、びしょびしょ。午後3時まで。その後9時まで成績書類作り。電子化されたのに、紙を無駄にしない、などの事情で電子化のよさがまったくなくなっている。その上、職場以外では作業ができないから、今日もこれから選挙に行ってそのまま出勤。

自分の体力に感謝するしかない。
疲れているー。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »