« HARE WISPER 沖縄デビュー2 | トップページ | HARE WISPER 沖縄デビュー4 »

2010年5月 6日 (木)

HARE WISPER 沖縄デビュー3

Photo_3

5月3日

雨という予報だったけれど、まったく降っていません。
海に漕ぎ出ると、風が強い。進まない。。。。リーフの中を進むけれど、所々狭くて、横から波が来るところがあるから気をつけて、と言われちょっとびびりも入る。

ワタシが一番怖いと感じるのが、横からの波に近づくことで、ずっと左から来る波を気にしていなければなりませんでした。ラダーの動きは問題がなくなりましたが、お酒や食料が減ってシートの後ろの荷物が小さくなったせいか、シートが遠すぎて、ラダーを踏む時に足がのびきってしまい、またうまくない感じ。こういう時、海の上では直せないので慎重に合わせるんだなあと思いました。

そんなことを考えているうちに、どんどん遅れ、風にやられました。みなさんがいろいろアドバイスしてくれるのですが、いろいろ考えると余計にわからなくなってさらにダメダメ。
結論としては、手漕ぎだってこと。

自分の場合、運動のカン(センス)がいいわけではなく、すぐに頭で考えてしまうので、その時に体がどうなっているか意識して感じようとして頭と結びつけないと、いろんな運動がうまくできません。ほんとに、めんどくさいのですが、人の三倍くらいの時間がかかるんだなあ。
スキーは勝手に滑り降りていく部分があるけれど、カヤックは漕がないと進まないし、一人でなんとかするしかない、そういう意味では、あまり周りのことを気にせずにいろいろ試しながら、納得しながらつきあっていけるような気がしました。

大きく離れてしまっても、(みんなが見える安心感はあるけど)まあ、なんとかなる(できる)と思えるようになったのが今回の収穫かもしれません。

上陸してから、大瀬さんに漕ぎ方をチェックしてもらうと、やっぱり手で漕いでいることがはっきりして、パドリングがどういう運動なのか教えてもらいました。すごくよくわかりました。
アドバイスしてくださったみなさんの言っていたことが表現こそ違うけれど、つながっているのも理解できました。となると、早くコギターイ。

最後の晩は、星が一番きれいなでした。

風を遮るものがないキャンプサイトで、少し寒かったけど、また焚き火を囲み温めた石に足をのせながら泡盛で話がはずみました。

今回は上陸地ごとに砂がまったく違っていて面白かったです。最後の浜は、とても細かいなめらかな白い砂でした。

| |

« HARE WISPER 沖縄デビュー2 | トップページ | HARE WISPER 沖縄デビュー4 »

コメント

練習漕ぎ@三浦。する時間、ある?やる?

投稿: タカバシ | 2010年5月 7日 (金) 08時00分

作ります>タカバシさん

投稿: 8 | 2010年5月 9日 (日) 13時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HARE WISPER 沖縄デビュー3:

« HARE WISPER 沖縄デビュー2 | トップページ | HARE WISPER 沖縄デビュー4 »