« HARE WISPER 沖縄デビュー1 | トップページ | HARE WISPER 沖縄デビュー3 »

2010年5月 6日 (木)

HARE WISPER 沖縄デビュー2

Photo

5月2日

朝4時に目が覚める。テントから顔を出すと、下弦の月が美しく輝いていました。そうこうしているうちに東の空が明るくなって。。。しばしテントから足を投げ出して本を読む。幸せなひととき。
コーヒーを飲み、朝ご飯を食べて、キャンプを撤収。8時30分満潮だったので9時ごろ出艇。

シーソック(カヤックを知らない人になんと説明したらよいのだろう!?コックピットにセットする人が入れるソックス状の袋と言えばいいかな。それがあるから、水が少しくらい入っても沈没しないわけです。)がゴワゴワしているのと、慣れないのとで、ラダーのペダルの向きがきちんとセットされているのかよくわからない。なんとか位置をさぐりあてて漕ぎ出す。
まずは、今泊の港で上陸して、買い出し。福木の生け垣のある沖縄らしい路地のある集落でした。心配していた水と、共同装備ビールを調達。
ここで、もう一度ラダーの調子を見てもらい、出発。

連休なので、どの浜もけっこう人が出ています。カヤックのいい所は、陸からではアクセスする道のない浜に上がれることです。備瀬という集落の端の浜まで10キロ少々。追い潮、追い風。

沖縄の浜で、アオサがたくさんついている所を見るのは初めてでした。リーフが一面にやわらかな緑でとてもきれいでした。岩場にいるムール貝ににたムラサキ貝を晩ご飯の彩りに少しもらいました。

到着後のビールや、昼寝はお約束通りでしたが、やっぱり気持ちはフネに向いていて、ラダーを点検すると、左のワイヤーが一番上のフレームの間に挟まっているのを発見。エアを抜いてゆるみを作って、それを直しました。これで次の日は安心。とこの時は思っていました。

日が落ちるとけっこう寒くなり、焚き火がありがたかったです。風の影響を受けにくいように、砂をすり鉢状に掘った美しい焚き火でした。いぶされていやされて、ちょっと泣きたくなるような。

| |

« HARE WISPER 沖縄デビュー1 | トップページ | HARE WISPER 沖縄デビュー3 »

コメント

ああ、はやく8さんのウィスパー見たいな。
シーソックをした状態でどうやったラダーペダル操作するのか、全然想像がつかないんだもん。

投稿: タカバシ | 2010年5月 7日 (金) 07時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HARE WISPER 沖縄デビュー2:

« HARE WISPER 沖縄デビュー1 | トップページ | HARE WISPER 沖縄デビュー3 »