« 朝、朝、星を見て | トップページ | 東北新幹線から »

2009年12月20日 (日)

初滑り&初パウ

諸帳簿提出〆切だった金曜日、ブツを提出してから研究会へ。
帰宅後、まずは眠って朝パッキングして出発。

安比に行ってきました。
いやあ、がんばってるご褒美ですかね。とってもいい雪でした。

踏むときゅっときしむような乾いたいい雪でスタートした土曜日。ゴンドラへの接続のために乗った1本でテレマークターンってどうだっけ?と探り、すぐゴンドラに乗車。昼ごろから滑ったのでゴンドラ直下は小さなコブが育ち始めていていきなりの荒れた急斜(ワタクシ的には)。ポジションがよくわからずたちまちももが痛くなってしまいました。でも、ゴンドラぐるぐるだったので、ゴンドラで休み、また滑る、の繰り返し。長いコースでそこそこスピードも出して滑る荒療治で少しずつ楽な位置を探し慣れてきました。例によって同行者を待たせながらよろよろ追いつくというパターン。まあ同年代なのでいい休憩だ、と言ってくれましたが。斜面下で待つ彼らが「優雅だよねえ」などと話していた(O嬢談)まさにその瞬間、大転倒。前に転べるを実際に見ていただくことができました。
その後、何本か長いコースを滑りながら、コース脇のあんまり見向きされていない吹きだまりを中心に攻めてみました。久我さん(serc)に以前教えてもらった、体をやわらかくして上下動しながら滑るというのを思い出しながら、やっぱテレマークはパウダーだよ、と実感。

ナイター(午後5時から)も行くから食事は8時ということになっていましたが、わたしと数名は5時すぎにはあがって温泉へ。大転倒の際に板に思い切りぶつけた所が痣になりはじめていました。
夕食は、中華。よく食べよく飲み、部屋にかえってすぐに沈没。

本日は、七時雨というレストランの朝食を開店同時に食べました。リピーターの友人の「並ぶから5分前行動で7時集合」という言葉と、8時からリフトが動く事、朝一が絶対によさげな模様だったことから、すぐに出られるかっこうで出向く。これがパック料金に含まれている朝食だとは思えない充実したメニューでした。

8時から3時間勝負と決めて、チェックアウト前に部屋に戻って着替える作戦でスタート。だから休憩無しで滑走。ゴンドラ一本目。昨日荒れていたハヤブサコースはパフパフ。おまけに誰もいない。テンションが上がり、いやあ、来られてよかった、などとにやけながら楽しく滑り降りました。緩斜面だと止まりそうになるくらいでした。ただねえ、どこぞでも同じようなことが書かれていますが、なにしろ昨日売り切れたももの充電が完了していないのです。一本目からももが痛い。温泉の後でタイガーバームを塗ったので筋肉痛がないのですが(決して◯◯のせいではありません。実際、転倒で痛めた首と肩は塗り忘れたため筋肉痛が始まっていました。)そこで、今日は、仲間に断り、ロングコースの途中で何度も止まりながら、しっかりターンすることにして、マイペースで滑ることにしました。そしてザイラーとハヤブサを何本か滑り終了。このころになると人が増えてきたので、いいタイミングだったと思います。

温泉にゆーっくりつかり、盛岡に出てぴょんぴょん舍で焼き肉冷麺セット&ビア。三陸の海の幸を買い求めて送り、新幹線でプシュッのあと爆睡して無事帰宅。

楽しかった!この時期の初滑りは久しぶり。今シーズンはまたたくさん滑りたいと思う初滑りでした。
初滑りでいきなり膝くらいの深い雪があったのは、パウダーの楽しさを初めて知った10年前のニセコ以来のような気がします。

今回の覚え書き。
1、SOS でもらったのサンプルウェア。生地が薄いので心配していたけれど、ブレスサーモ+ヒートテックタートル+パタのへたりフリース(R2)で寒くありませんでした。気温は氷点下の一桁、風ほとんどなし。曇り。ニセコでは寒いかも。

2、レッドハウスにはホットワインがある。

3、ピンポン漬け。(売り切れで手に入らず)いつか食べてみたい。

| |

« 朝、朝、星を見て | トップページ | 東北新幹線から »

コメント

七時雨(しちじあめ)って、朝からなんて不吉な…!(笑)

投稿: H氏 | 2009年12月21日 (月) 09時30分

安比でしたか? 

極上パウダーだったでしょ?

私は北上でビジネスホテル生活なんで土曜日は夏油高原へ初滑りに行ってきました。

まったく、待たされましたね!

今日も有給休暇取って夏油行ってきちゃいましたよ!

今日も極上パウダーでした!

吹雪いてたけどね。

投稿: サスケ | 2009年12月21日 (月) 18時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初滑り&初パウ:

« 朝、朝、星を見て | トップページ | 東北新幹線から »