« サッカーの日 | トップページ | 黄色 »

2009年11月14日 (土)

ネコその後。

来週末の発表会に向けて進捗状況。

運動会の表現運動(ダンスなど)でも同様ですが、子どものくいつきや、のり、出し物の難易度の兼ね合いは、「なまもの」なので、練習を始めて見ないとわからないことだらけです。
そこで、いつもわたしは、出し物の完成度を、初級編、中級編、上級編、と三段階ほど設定して練習しています。つまり、最低これだけできていれば演技として意味が通り、お客様にお見せする事ができるというのが初級編。時間や力に余裕があればそれに付随する工夫を付け加えて中級、さらに上級と。
この方法は、ずっと昔、先輩に教えてもらったやり方です。

台詞と歌で進行する25分程度のステージ「57ひきのねこ」。
初級編は、全員が、ステージの上に合唱する時のように並んで台詞を言ったり、歌ったりするだけ。
これはクリア。中級編では、振り付けを加えたり、立ったり座ったり、入場退場などをアレンジ。
上級編は、お客さんを巻き込んだり、ちょっと笑いをとる部分を入れたり。客席まで使った演出も加えてみました。

最初は、子どもののりが悪くて初級編止まりかなあと思っていましたが、昨日から上級編に突入。全部で10時間くらいの練習(授業としては)で、子どもってほんとうにすごいなあと思います。
持ち時間は、出入りも含めて30分。台本が25分に収まらなかったらどこかカットしようと思って作りましたが、時間を計ってみると、23分ちょっとで、一安心です。

図工で学習した、「はりこ」の技術を生かしてネコのぼうし(耳のついたおおかまヘルメットみたいなもの)を作り、毛筆の学習を生かしてテレビのテロップをイメージしたプラカードを作り、リコーダー演奏を取り入れ、と三年生の学習の主な要素を全部生かしました。自己満足です。

| |

« サッカーの日 | トップページ | 黄色 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネコその後。:

« サッカーの日 | トップページ | 黄色 »