« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月29日 (日)

S.O.Sその後

内藤が勝ったら年末ニセコに行く事にしようかな、などと宣言しようとしていたら、負けておりました。

さて、いつぞや、乾燥機にかけて圧着してあったポケットやパウダースカートがすべてとれてしまったウェア。修理に出したまま何の音沙汰もなく、シーズンインしそうだー、などと思っていたら連絡がありました。受け取りに行くと、これは修理したといってもひどい状態なので、お金はいただけませんとのこと。さらに、こんなふうになるのはおかしいから、と代替えにソフトシェルですが同じようなデザインのサンプルをもらってしまいました。

修理の状態は、自分でもできたかもっていうか、ボンドで貼付けたような感じ。
ほんとにメーカーに出してあったんだろうか?
このお店、いろんな連絡が遅いよ、と利用者から聞いていました。サンプルもらっちゃって文句は言えないけれど、半年以上連絡もなく、なんとなく丸め込まれちゃった感が残る接客だったのは確かです。
受け取りの後、今シーズンのものを見てきましたが、魅力を感じるものはほとんどなし。なんか変わっちゃったのかな。

いただいたサンプルは春スキーで着るとして、今年も7、8年目になるけどびくともしないアークを着ることになりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

喜寿

これまた土曜日、父の77回目の誕生日を祝って、一族で食事。
みんな健康で、食いっぱぐれている人もなく、美味しい食事と途切れることのない会話で
楽しい夜でした。

白身魚のお刺身をゆずこしょうとポン酢で食べたのは初めてでしたが、さっぱりして美味しかったです。小食家族のため、今までだったら食べきれなかったであろうご飯も二人の甥が食べてくれました。
帰りは、ランクルに大人8人満載で帰宅。これはそろそろ限界かもしれません。(妹その1はお酒が飲めないので運転手。)何より、父が喜んでいたのが嬉しかったです。8のカンレキまではがんばると宣うておりました。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都内最長

土曜日、社会科見学の下見で(れっきとした仕事なのに休日に、無給でこういうことやっているのはよくないんだけど)武蔵小山商店街に行ってきました。

セーター399円とかいうわけのわからない安さ。
各科医院もあり、今はめずらしい帽子屋さんとか、はきものやさんとか、金物屋さんとか、仏壇屋さんとか、なんでもそろっている。
贅沢せんべいでお使い物を買ったら、包むのを待っている間に焼きたての人形焼きをいただいてしまいました。
都内最長アーケードだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

音楽が必要だったみたい

ひとりで、レイトショー。最終かけこみで見てきました。
「This is it」

マイケルをこんなに『見た』のは初めてかもしれないというわたしですが、
心に響くものがたくさんあり、これまで歌詞もよくは知らなかったのに涙が出ました。
ダンスと同じでキレのある生き方とでもいうのかな、そんなものが伝わってきました。
まったく衰えを感じさせないダンス姿。
感情的にならずに正直に短い言葉ではっきり話すところ。

見に行ってよかった。
お疲れ気味のワタシにとって、必要なのは音楽だったみたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

貝1日目。

怒鳴らず、愚痴らず、1日目。

昨日よりさらにへこむ要素もありはしましたが、スキーの予定を検討できるくらいの元気はあるから
まだまだ大丈夫です。
この冬は、海も山も、と欲張りになりそうです。
ニセコ詣ではちょっと減りそうかな。
ロンドなき今、ふらっと行くには機動力が足りない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

憂鬱な水曜日。

授業者インフルエンザにより、延期。(中止!?)
先月は、授業学級が学級閉鎖のため、机上研究。

研究主任の温度が関係しているのか。
へこむなあ。

土曜日の発表への保護者からの感想が悲しいものでさらにどんよりの一日。

口をついて出るのは愚痴か文句になりそうだから、しばらく黙って仕事します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

不言実行とはちょっと違うか

本日は、土曜日の振替休日。
明日は茶道体験がある。
茶道で使う部屋の準備が今日の午後6時以降にしかできないので夕方職場へ。

本当はもう一つ会議があったのだが、メンバーインフルエンザのため中止になったため、
夕方からのお仕事とあいなったのである。
その旨、昼ごろ相棒にメール。
「6時には間に合うように行きます」と返事があったのが4時すぎ。
私は、すでに職場で茶碗を洗っておりました。

部屋の準備は6時からだけどさあ、茶碗は洗ってから使うよ、茶筅も洗うよ、と言わなかったから
しかたないか。
でもさ、言われたことだけやってるんじゃだめだよね。
って話を土曜日の打ち上げで、管理職からたくさんされていたのな。

と思いつつ、当然彼女は、茶碗を洗っている場面をまったく見ていないわけで、
たぶん、ただ、運び入れる準備(必要なものをワゴンの上に並べた)をしただけ、と
思っているんだろう。
私以外の人と組んでいる仕事で、同じような行動があった時は厳重注意しようと思う。

明日から、出勤時間をもう少し早めてみようと思う。
私より早ければいい、くらいに思っているようだから。
それと、子どもを怒鳴らない。彼女が真似するから。
というより、二人でぎゃあぎゃあ注意してたんじゃ、まったく役割分担もへったくれもないし、
子どもは嫌になるだけだからね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

普通の休日

昨夜は美味しいお酒を飲みながら同僚と発表会について語り合うことで、みなさん一仕事終えて浄化されたようないい打ち上げでした。

で、今日。
アウトドア系ブランドやショップのセールが目白押し。
最終日だから掘り出し物があるかも、と思いちょっと出かけてみましたが、
めぼしい物はなし。ネルシャツを一枚(3000円)手に入れて帰ってきました。
帰りにバスがなかなか来ないので、ぶらぶら歩いてみました。
埋め立て地のほうは歩いている人が少ないし倉庫街の中に木の茂った公園があったりして、
昼間だけどちょっと恐い感じでした。
その後、久々にマッサージに行き、足はあまり凝っていないけど上半身がかちこちだと言われました。
毎日歩いているからかもしれません。
帰宅して、夏から時々やっている切り絵を一つ仕上げて夕飯。
その後フィギアスケートをテレビで見て、読書。

ほんとうは宿題がたくさんあるんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

ネコまずまず。

「57ひきのネコ」の発表一日目。
昨日の練習よりよかった、らしい。
らしい、というのは、小道具のセッティングなど間違いは許されないので、緊張して裏方をやっていたからよくわからないので、昨日の練習も見てもらった方からの評価です。
明日は、いよいよ保護者に向けて発表します。
この調子でがんばれー。

しかしです。
時代錯誤なのかもしれませんが、ちょっと物足りないんだよなあ。
熱い思いが伝わらない。そこそこできるけど、それだけ。心が伝わらない。
自分の台詞や歌をうまくやろう、という目標については興味があるけど、みんなの心がそろって、集団で一つのものを作り上げる苦労やパワーや感動まではまったくたどりついていない。
これを一人でも多くの子どもに味わってもらいたくて、この仕事をしているようなものなのになあ。
自分が中学高校時代に経験したような気持ちを味わわせたい。
けど、今はそういう時代じゃないのかな。

演技のうまさじゃなくて、心。
求めるものが高すぎるのでしょうか。
歌う姿はほんとうに一生懸命だし、大きな声でがんばろうとしているし、育ったものはたくさんある。
でもさあ、この出し物を通して、みんな違うノラネコ、やる気のないノラネコ(57人の子ども)が力と知恵を合わせて心を一つにして幸せになるすごさを感じて表現してほしいんだなあ。
三年生にはちと、高度な要求ではありますが。

明日はどうでしょう。
美味しいお酒が飲めることを楽しみ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

みんなネコネコ、あと2日。

ちょっと余裕があるので、次々にアイディアが浮かぶ。

本日は、テロップとして使う毛筆作品(一人2〜4文字担当したつぎはぎ作品)をかけじく状に加工して、ちょっと細工を加えて、歌に合わせて1枚ずつひっぺがせるように工夫。
T字のバーに、フックを穴あけパンチの巾でつけて、そのフックに、作品上部につけた穴のあいた上質紙の部分をひっかける。歌に出てくる順に重ねて10枚ほど。
そして、歌に合わせて両脇を引っ張ると、穴の部分が破れて作品が一枚はずれて、次の作品(テロップ状文字)が現れるという仕組み。
何度か練習したり、本番やったりするので、上質紙を10センチくらいの巾にして、縦に穴が4個並ぶように開けました。写真がないとわかりにくいですね。

そして、エンディング。
物語は、ノラネコ天国をつくって「ノラネコ天国ソング」を歌いながら終わるのですが、歌をもう一度繰り返して歌いながら体育館後方の出口まで歩いて退場することになっていました。
そこで、物語が終わったら、「この物語は、わたしたち三年生57人の劇作りの物語でもあります。聞こえるまで何度も練習した台詞。リズムや音が難しかった歌の練習。日に日に心が一つにまとまってきました。毛筆で書いた字幕。リコーダー。はりこのねこ帽子。三年生になって学んだことをつかってみんなでつくりあげました。いろんなノラネコがいるように、みんなちがう57人が、声をそろえると、力を合わせるとすごいと思いました。ネコの物語は終わりますが、3年生の物語はこれからも続きます。」という字幕を出しながら、ネコの帽子を脱ぎ、みんな三年生の◯◯にもどって、堂々と歌いながら退場することにしました。

保護者の方を泣かせられるかな〜。
はりこの帽子作りの場面や、習字を書いている場面の写真を撮っておいて、それを流しながら退場させればよかったなあ、と後悔しましたが、おもいっきりアナログで作っているので、これもまたいいとおもいます。
毛筆の字幕は、(意図したわけじゃないけれど)「水曜どうでしょう」のタイトルみたいなイメージです。へたうま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

黄色

昼間、窓から外を見下ろしてみてびっくり。
桜の葉が赤と黄色に。まだ落ちていないので、中庭が鮮やかな葉で覆われています。
そして、住宅前の街路樹の銀杏も鮮やかな黄色一色で、歩道も黄色になっていました。

今年もこういう季節になったんだなあ、と。
出勤時は、その日一日の算段を考えながら早足。
帰宅時は、9時すぎで真っ暗だし空腹をかかえて食べ物のことばかり考えて急ぎ足。
ってわけで、ここしばらく季節を意識していませんでした。
気温も高いから、衣替えもしたんだかどうだかはっきりしないし。

好きな色は、オレンジ黄色系と紺。
着ていて似合うと褒められるのは、レモンイエロー。
しばらくは黄色の季節を楽しもう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

ネコその後。

来週末の発表会に向けて進捗状況。

運動会の表現運動(ダンスなど)でも同様ですが、子どものくいつきや、のり、出し物の難易度の兼ね合いは、「なまもの」なので、練習を始めて見ないとわからないことだらけです。
そこで、いつもわたしは、出し物の完成度を、初級編、中級編、上級編、と三段階ほど設定して練習しています。つまり、最低これだけできていれば演技として意味が通り、お客様にお見せする事ができるというのが初級編。時間や力に余裕があればそれに付随する工夫を付け加えて中級、さらに上級と。
この方法は、ずっと昔、先輩に教えてもらったやり方です。

台詞と歌で進行する25分程度のステージ「57ひきのねこ」。
初級編は、全員が、ステージの上に合唱する時のように並んで台詞を言ったり、歌ったりするだけ。
これはクリア。中級編では、振り付けを加えたり、立ったり座ったり、入場退場などをアレンジ。
上級編は、お客さんを巻き込んだり、ちょっと笑いをとる部分を入れたり。客席まで使った演出も加えてみました。

最初は、子どもののりが悪くて初級編止まりかなあと思っていましたが、昨日から上級編に突入。全部で10時間くらいの練習(授業としては)で、子どもってほんとうにすごいなあと思います。
持ち時間は、出入りも含めて30分。台本が25分に収まらなかったらどこかカットしようと思って作りましたが、時間を計ってみると、23分ちょっとで、一安心です。

図工で学習した、「はりこ」の技術を生かしてネコのぼうし(耳のついたおおかまヘルメットみたいなもの)を作り、毛筆の学習を生かしてテレビのテロップをイメージしたプラカードを作り、リコーダー演奏を取り入れ、と三年生の学習の主な要素を全部生かしました。自己満足です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

サッカーの日

11月11日は、イレブンってことで、サッカーの日だったそうです。
いろんな日があるものです。
わたしにとっては、今年度数回目の研究授業の日で、人様に公開する授業が一つ終わりました。
うーん。やはり、エネルギーのかけかたに見合った手応えでした。
うまくいかなかった授業の典型ともいえます。授業力という点で反省はいろいろありますが、
会場準備など周りの人に助けてもらっていることを痛いほど感じました。
日頃の仕事がそういったサポートをいただくことにつながり、またそれを感じて他の所で返そうと思う、そんな和を感じました。
でも、自分の力は、もうこのへんまでかも、と感じました。

そんな感じで眠りについたら、現実にありそうな楽しくない夢を見てしまいました。

でも、マイナーな気分でいても始まらない。
さて、切り替えて。昨日の反省を生かして、続きの授業を進めます。
そして、今日も、ネコの練習。こちらは、今の所順調。ピアノ伴奏も音楽の先生にしていただけることになったので、一安心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

獅子座流星群

今年は新月と重なって、18日の朝方、日の出直前がピークとなるらしいです。
2001年だったかな?屋上にシュラフとマットを持って出て観測したのは。
4時すぎだったら、最近のわたしには楽勝の時間帯ですが、屋上に行くのがちょっと怖いなあ。
今年はあまり話題になっていないから、それほど人が出ないと思われるから。
12時頃には、水平線の近くに中心になるポイントがあるそうなので、海辺キャンプは最高でしょう。
3連休、海キャンプ行けたらいいのになあ。初日は仕事だからなあ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

マンションが建って

太陽の動きを調べるために、日時計のように、鉛筆などを紙の真ん中に固定して、1時間ごよに影を記録する学習があります。

1年前にタワーマンションが近所に建ったので、設置する場所を選ばないと、一日の半分は日陰に入ってしまう、ということは認識していました。
よって、このへんにしなさい、と指示をして、日陰にならない場所を選んだのですが。。。。。
午後になって、太陽が、そのマンションの窓に当たって反射することが発覚。
「せんせー、かげが2つある」
あーーー。都会の学校って自然現象を調べようとすると、ほんとにいろんなことが起ってしまいます。
まあ、それも学習の材料なんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

ラーメン(大井町グルメ)

夕べ、後輩とラーメンを食べて帰ることに。
大井町はラーメン屋さんがたくさんある。
Oちゃんお勧めの永楽を思い出して、向かってみます。ところが、時既に遅し。
「本日は売り切れました」
と、まるで、ニセコグランヒラフ駐車場で昼近く(いやもっと早くか)に交わされる会話のような張り紙が一枚。
主語が無いよー、文がねじれてますよー、なんてことは言わず、すごすごと撤退。
で、ちょっと歩いて、魚だしが効いたスープを求めてじゃげなへ。
外の券売機の前で迷っていると、お店から出てきたおにいさんが、「これ、どうぞ」と完食するともらえるトッピングサービス券をくれました。20代女子と一緒だったし、後ろ姿だったからでしょう。
もちろん後輩にあげて、だしが通常の2倍というバリなんちゃらラーメン。
前に食べたときより味が濃くなっていて前の方が優しい味でよかったように思いましたが、魚だしがここまで濃いラーメンはあまりないような気がします。
完食したら、さきほどいただいたのと同じサービス券をいただきました。
また行ってしまいそうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

年内に初滑り計画

綱渡りではありますが、文字通り師走の大仕事を〆切の定時にきっちり仕上げて、旅立つ計画です。
今年は北海道までは飛ばず、とりあえず初滑りは本州です。
全てが予定通りに運ぶかどうか。相棒もせっつかなければ実現しません。
決戦は金曜日。12月18日。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ネコネコネコ!

頭の中でネコが鳴いてます。
「飲んだ食った飲んだ食った飲んだ食ったよー。」という飲んだ食ったマーチも鳴ってます。
月末にある文化祭でやる出し物です。
今年は、前にも書いたけれど、井上ひさしの「11ぴきのネコ」と、それを元にして青島広志が作曲した合唱曲を抜粋して、台詞をアレンジした、歌と台詞(呼びかけ風)の舞台を作っています。
劇ではなく、朗読劇に近いものです。

11ぴきのネコの合唱曲は、学生時代に歌ったことがあり、いつか子どもとやってみたい、と思っていました。今回取り組み初めて、この脚本も、曲想も、小さい子にはかなり難しいな、ということがよくわかりました。
風刺的な内容は理解できないから、ほとんどカット。(井上ひさしさんごめんなさい)
凝ったコード進行がいいのに、ハモリは無理だから、主旋律で斉唱に。(青島先生ごめんなさい)
っていう具合です。

ノラネコ(11ぴきじゃなくて、子どもの人数に変更)たちが、空腹と無気力から脱却するために旅に出て、大きな魚のいる湖に行く。そこで、魚をとるために試行錯誤し、最後は知恵で勝負して、みんな満腹になる。都会に帰らず、そこに住み着くことを決心する。という物語の本筋だけを追うシナリオにしました。
曲も、1番だけ、や一部だけ、歌うなど、全部で25分におさまるようにしました。
全13曲のうち、
「にゃあごろソング」
「野良ネコ暮らしの是非に対する問答歌」(抜粋した部分をつないで編曲)
「飲んだ食ったマーチ」
「11ぴきのネコが旅に出た」
「体を鍛えようソング」(冒頭部のみ)
「のらネコ天国ソング」
を歌います。
これらの歌は、伴奏がついて初めてコードが完成し、曲として落ち着くので、久しぶりにピアノを弾いています。弾き始めて、そういえば、青島先生の伴奏ってどれもすごく難しいんだった、ということを思い出しています。

8組でも、ふっとした瞬間に、みんながこの中の歌を歌いながら作業していたり、台詞の一部を普段使いしたり、と盛り上がってきたので、しばらくはどっぷりこの世界につかってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

休日明け

朝3時半に起きて、休日にやらなかった仕事を片付けて出勤。
レディースデイだから、定時退社してマイケルか、サイドウェイズを見ようと思っていた。
出勤してみると、予定外の役割があったりして、結局SECOMになるぎりぎりまで職場。
さすがに、眠い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

街ですごす週末

城ヶ島で漕ぐお誘いを断った結果アルコール消毒に励んだ週末になってしまいました。

金曜日。突発的にHARE GINZA。
ひさしぶりだったのに、お店のお姉さんが覚えてくれていて、新メニューの説明なんかしてくれた。
こういうのは、嬉しい。予想どおり、ワイン開ける。
お店を出てからも、二人とも話が止まらず、有楽町駅前で1時間くらい立ち話してから別れる。

土曜日。朝から出勤。相棒とスーパーマーケット見学の下見に行く。その後、井上ひさし「11ぴきのネコ」と青島広志作曲の合唱曲をアレンジしての台本作りの大詰め作業。
そろそろ帰ろうか、と思い始めた夕方、職場後輩が地元で飲んでいるから来ませんかとのお誘いメール。何も予定がないと、せっかく誘ってくれたのだから、ちょっとは顔出そうかな、と思い遅い時間から合流。日本酒熱燗(ぬるめだったけど)。その後、カラオケ。あまり酔っぱらってなかったので、声がよく出ました。私以外はずっと立って跳んでる。若い。

本日は、家で仕事。間に妹の誕生日プレゼントを探しに出かけたけど、ピンとくるのがなく手ぶらで帰宅。

海水消毒(全身)や、そろそろ白粉消毒も。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »