« 冬支度 | トップページ | 街ですごす週末 »

2009年10月30日 (金)

ったく

仕事の仕方は行動で示しているつもり。
だから、意地でも、徹夜してでも、
明日までに学習発表会の台本を仕上げるぞー。

あー、きっと今人相悪い人になってる。
だってさー、がくねんだより、てつだってくれますか、だよ。
3かかんもがっきゅうへいさがあったのにさー。

このごろ8組にいるときだけだなあ、笑ってるのは。

| |

« 冬支度 | トップページ | 街ですごす週末 »

コメント

働かない先生がいたら、働かせるかクビにしてください。納税者からのお願いです。(区は違うけど。)土曜日子供の学校の参観日に行きました。ヒドイ授業。先生の話を聞かない生徒も悪いけど、何が言いたいのか結論がわからない新人先生。日本の公教育は負の連鎖に陥っているね。みんなが8さんのようにいい先生だったら親は助かるのに。。仕事がんばってください。未来の日本のためにも。

投稿: ひ | 2009年10月30日 (金) 01時05分

相棒の名誉のために言いますが、授業はちゃんとできるし、クラスの子どもとの関係もよく、保護者からのクレームもこないし、がんばっています。

わたしの方はというと、経験に見合ったいい授業がいつもできるわけではありません。うまくいかないことの方が圧倒的に多いわけですよ、実際は。
そして、いろんな仕事(公務)が当然のように回ってきて、その準備や対応に追われると、授業の準備というのが一番後回しになる。チョーク一本口八丁で経験にたよって授業することに、罪悪感を覚えたりしながら、やってる、というのが現実です。

いい先生が少ないから、子どもがだめになる、という負の連鎖もあるかもしれませんが、この多様化しが価値観の世の中でいい先生と言われる人をたくさん用意することはむずかしい。
最近感じていることは、個性を大切にしよう、といってやってきた教育を何でも個性ととらえてそれに反発できなかった現場や、周り(環境)が悪いから子どもがこうなる、と問題の原因を押し付け合っている社会の流れが、子どもの思考にも多大な影響を及ぼして、我慢する力とか、理不尽だと思ってもとりあえず従ってみようという態度を奪っているように感じます。

そして全てのニーズに答えようとする現場は疲れはてていて、私自身もいつまでやってられるかなー、というのが本音です。
みんな、自分の学級、学年、学校の子どもがよりよくなるために、日々やっているのは確かなんだけどなあ。

投稿: 8 | 2009年10月30日 (金) 06時30分

きっと、今まさにお仕事中なことでしょう。
お疲れ様です。

投稿: sin | 2009年10月31日 (土) 01時27分

コメントありがとうございます。ご提案ですが、全ての授業を監視カメラで録画しておいて、問題がある生徒、教師がいる場合、まずは生徒の親や教師の上司に見せて修正を促しては?人権だとか未成年保護、個人情報とか多くの問題はあるだろうというのは推測できるけど、物事何でも実態把握に基づいた対策が必要では?全てのニーズに応えるのは無理でしょうが、例えば「学習障害は病気」と言って、授業を妨害する生徒や親は、まずなんとかしてほしいですね。インフルエンザだって蔓延するのが怖いから学級閉鎖するんですよね?学習障害の病気もクラスに蔓延する怖い病気では?8さんのクラスはそんなことはないと思うけど、世の中学級崩壊はたくさんあると思います。教師も親もフラストレーションと不満を抱えて何も変わらない状態が日本をだめにしていくのでしょう。。とか自分も言ってるけど、自分の子供の心証が悪くなるとかモンスターペアレントと言われるのが厭だと思って、結局学校には何も言えずに、この場をお借りして愚痴らせていただいております。スミマセン。

投稿: ひ | 2009年10月31日 (土) 23時25分

8さんこんにちはー!!
そう、身体張って示しても、わかってくれない人多いですよね。。。>おしごと
しかし、手伝ってくれませんかーって、周りの状況読まずにいえるのも一種の才能ですが、200ページの論文じゃないんだから(しかもガリキリもしなくてよい次代だし!!)、自分でやれーっておもっちゃいますよねー。スペース開いたらフォントおおきくしちゃえーって。(笑)

====学校の授業ですが

現在、月1-2のベースで、小学校1年の娘のクラスに手伝いに行っています。学校を、授業内容を理解するために。
この兼また、自分ブログに書きますね。

いやー。。。すごいです(笑)。

投稿: P | 2009年11月 1日 (日) 03時12分

>ひ さん
経験が長くなると、麻痺してくることもたくさんあるので、学校に対して保護者がものを言いにくい感覚とかそういうことについて改めてそうだよなあ、と思いながら読みました。

それと、8が新人の頃は、保護者もわたしを育ててくれたなあ、ということを思い出しました。時代が違うといえばそれまでですけれど。「先生、自信をもって!」とか励ましていただいたことも一度や二度ではありません。今は、そういうのんびりした時代じゃないからね。
保護者から、なんとかしてほしい、という要望が入ればまず間違いなく、校長や副校長は教室を見に(もちろん予告なしに、何度も)行くはずです。

親が学校や担任に何か言ってきたからといって(それがクレームであっても)、その子どもを悪く思ったりましてや、冷たくすることはありませんし、冷静な状態で心配していることを伝えてもらうことで、モンスターペアレント(だいたいこの言葉だって現場ではほとんど使いません。)だ、と言われたりないがしろにされることはないです。だから、思っていることを、実際に会って話すことが一番いいと思います。

>P さん
アメリカの1年生の授業、の様子、楽しみにしています。日本でも、最近は保護者や地域の方のボランティアさんに入ってもらう機会がたくさんありますよ。

投稿: 8 | 2009年11月 1日 (日) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ったく:

« 冬支度 | トップページ | 街ですごす週末 »