« 若者の涙に酔う | トップページ | 早すぎるたびだち »

2009年9月27日 (日)

9月20日〜23日 東海岸 2

20日9時那覇から北へ。
波があるので出艇ポイント候補地をいくつか見て回り、安田の港の横からということに。
12時お昼を食べたあと、艇の組み立て開始。
仲村さんに、「8さんは、カフナを買うんだから、カフナを組み立てたら?」と言われながらも
(決まってないってば)前回も手伝ったK2を手伝う。

荷物が少ないなあ、と思ったら、みんなで飲もう、と飛行機に乗せてきたお酒をカヤックセンター預けのザックに入れっぱなしであることが発覚。

そんなこんなで、出艇。海用フォールディングカヤックのシングル艇は初めて。風が強い。
リーフの外はものすごいことになっている。リーフと陸の距離が近いところでは、横から崩れる波を受けそうになりながら、あまり遠くない浜に上陸。(2つ前の記事の写真はここ)
台風余波と潮の満ち引きで、上陸後、さらに波が上がる。

潮が引いている間に、ティラジャー探し。
今回は、潜りと狩猟で、この先の展望がちょっと開けたキャンプ生活でした。

ティラジャーとキャビアでちらし寿司。
Photo
Photo_2
Photo_3

21日。停滞決定。
浜から10分くらいの天然のプールで頭から真水につかり、さっぱり。

そして、マングース捕獲用の籠が置かれている山道を30分くらい歩いて、出発した安田の集落へビールの買い出し。

浜にもどる門
Bokunen

その後、釣り。手のひらサイズの流木に釣り糸を巻き付け、ティラジャをエサにして、お魚ポイントをシュノーケリングしながら、糸をたらす。
白っぽいのか、黒いのを狙え、と言われていたけど、寄ってくるのは黄色いの(ベラ)ばかり。
それでも、茶色のブチがある白いのを1匹釣る。が、波打ち際で逃がす。。。
これと同じの。
Photo_4

ベラは、つり上げると、青になるみたい。(釣ったのはわたしではありません)
Photo_5

22日。
波待ち。
Photo_6

夷武の浜を目指すが、湾に入る水路が狭く、そこに波が集まっていて入れず。
目的地を安田ヶ島に変更。

上陸すると、日帰りで釣りに来ている方がいて、冷え冷えのドラゴンフルーツをいただく。
ドラゴンフルーツってこんなに美味しいものだったのか、と感動。

その後、岩の間を川のように潮の流れているところがあり、岩の上から飛び込んでは流れて遊ぶ。
楽しすぎる。

この日は燃料もなかったので、早寝。

23日。あっというまに最終日。
目の前の港まで漕いで終了。
あ、、出艇の際、セットウェーブを上手に待つことができず、びびりが入ってしまい、
大量の波をくらってしまいました。
まだまだだなあ。

Photo_74日間お世話になったカフナのばらしを手伝う。
今回の旅で、この先のカヤックとのつきあい方が、さらに明確になった感じがします。
丁寧にいろいろ教えてもらいながら、実際に触って、漕いで。
やっぱり海はいいなあ。
帰りは、ドラゴンフルーツや島バナナを手に入れ、そばとぜんざい。
那覇に戻ってシャワー、ビール、バー、の後、帰宅とあいなりました。

| |

« 若者の涙に酔う | トップページ | 早すぎるたびだち »

コメント

> 今回の旅で、この先のカヤックとのつきあい方が、さらに明確になった感じがします。

西伊豆で是非聞かせてくださいな (*^-^)

投稿: タカバシ | 2009年9月27日 (日) 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月20日〜23日 東海岸 2:

« 若者の涙に酔う | トップページ | 早すぎるたびだち »