« 8月18日 オホーツク舟歌の旅 3 | トップページ | 8月20日 オホーツク舟歌の旅 5 »

2009年8月30日 (日)

8月19日 オホーツク舟歌の旅 4

昨夜は、この旅初めての星空を眺め、流れ星も3つ拝みました。
北極星を中心にして北斗七星とカシオペアをずっと見ることができたのは初めての経験でした。

今朝は、4時すぎに起き出しました。

P8190190

6時半出艇。
赤岩までは、沿岸を漕ぎました。新谷さんは、穏やかな海を漕ぐ時、「知床旅情」や「オホーツク舟歌」や「われは海の子」などを大きな声で歌っています。その声は後ろを進むわたしたちにも聞こえ、空で歌詞を覚えていないわたしは、ハミングなどでいっしょに歌っていました。
ちょっと風が出てきたかなあ、と感じた後、カブト岩と陸の間の狭い水路を一列で通りすぎると、今までとは一変して波が高くなっているのが見えて、緊張が走ります。
水路の出口はあっちからもこっちからも風が当たるようで、波が白くなってひっくり返っています。
横からまともに受けるとまずいなあ、と思い、必死で漕ぎました。
その後、ずっとずっと向かい風。波はそれほど高くなく、うねりも小さいので、怖くはありませんでしたが、とにかくちょっとでも気を抜くと、後ろに押し戻されてしまいます。腕だけで漕いでいてはとても続かない。ウェストシェーイプ!バストアーップ!(の効果がある、とメンバーの一人くまちゃんが言ってたので)と声に出しながらパドルを動かしました。
ここで、ラダーのトラブルがあった艇の修理のため上陸して休憩。いやー、きたぞっ、とまだ余裕の笑みを浮かべたりしていました。
昨日のこともあり、カメラはしまってあったので、写真はありません。

行動食を食べ、元気を第たところで、再出発。ペキンの鼻はいつも風が強い所だそう。ここを超えればあとはなんとでもなる、との言葉通り、向かい風がどんどん強くなってきました。風にはリズムがあるみたいで、時々ゆるんだ、と思う瞬間があってほっとすると、猛烈に吹いてくる、という繰り返しです。時々、新谷さんが、「こげー!!こげー!!」と叫んでいます。
わたしは、先頭を行く新谷さんの後ろに続く3、4艇のかたまりに入って漕いでいましたが、風が強くなるにつれ、ちょっとずつちょっとずつ遅れてきました。後ろにはダブル艇もいるし、まだメンバーもいるから,安心ではありましたが、後ろの集団とは少し離れていて心細くなってきます。

こんな時は声を出すしかないなと思い、浜辺の歌とか知床旅情を歌い始めました。そして、なぜか、突然思い出したのが「至大荘歌」。これは高校の時の臨海学校の歌です。気温が低くても、雨が降っても1週間毎日午前3時間午後3時間泳がされ、最終日に宿舎のある湾の隣の湾まで歩き、そこから遠泳をする、という伝統ある臨海学校です。これが、元気になる。大好きなサザンの歌でもこのシチュエーションにはまったくマッチしませんでした。

くせ者は、陸から張ってある定置網のロープです。魚を貯めてある網には近づきませんが、陸から張ってあるものはどうしても横断せざるを得ません。このロープを超える時に、強い向かい風の瞬間を選んでしまうと進まなくて、ロープにラダーがひっかかりそうになります。だから、風がゆるんでいる瞬間に一気に漕がなくてはと意識していました。
途中で、後ろから仲間が「あと少しだからがんばりましょう」と声をかけに来てくれて、よしっがんばろうとまた力が湧いてきました。後で聞くと、彼も、あと少しなんて知らなかったようだし、実際後少しではなかったんですが、声をかけてもらうって元気になるんだなあ、と改めて思いました。

このへんは、景色どころではありませんでした。なんとかペキンの鼻に上陸し尾根に登りました。人が一人通る巾だけしかない尾根を行った丘の上には、祠と鳥居があるはずでした。
鳥居は風のせいか壊れていました。新谷さんは、今度来るときに道具を持ってきて修理すると言っていました。祠にこの先の安全をお祈りして、しばし来た海を眺めました。

P8190196P8190199P8190200

ハマナスの花も初めて見ました。
P8190202

その後、向かい風の中もう一漕ぎして、船泊の浜でキャンプすることになりました。
小雨と本降りを繰り返す空模様の下、同じ向かい風をくぐり抜けたせいか、メンバーの連帯感が育ったように感じました。夜は、サンマ丼。美味しかった〜。
P8190203P8190206P8190207

雨は降っていましたが、焚き火を囲み10時半ごろまで話をしていました。
夜、テントに入ろうとすると、陸側に青い目が光っていました。
赤目は熊、青目は狐、だそうで、青でよかった!でも、キタキツネも人間の近くには食料があると学習していると食料を荒らしたりするので、すべてのものをガイドさん達のテント兼荷物置き場のタープに入れ、かわいそうだけど彼らを追い払って寝ました。

| |

« 8月18日 オホーツク舟歌の旅 3 | トップページ | 8月20日 オホーツク舟歌の旅 5 »

コメント

はいはいは~い。盛り上がってきましたよ~

ところでサンマ丼は何人前ぢゃ

投稿: タカバシ | 2009年8月30日 (日) 22時05分

1人分2缶で、13人分です。
このツアーで太って帰る人も多いそうです。

投稿: 8 | 2009年8月30日 (日) 22時22分

今一気に読んだけど、いや~8さんはチャレンジャーだなぁ。

下手な男じゃ付いていけないよね。

そんな8さん大好きだなぁ~~~

あ、告白じゃないよ^^

投稿: Shun | 2009年8月30日 (日) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月19日 オホーツク舟歌の旅 4:

« 8月18日 オホーツク舟歌の旅 3 | トップページ | 8月20日 オホーツク舟歌の旅 5 »