« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

クリエイトな午後

学校は夏休み中です。休み中の子供に提供する様々な計画の一つとして「チャレたい(チャレンジ夏体験教室/こういう略語は嫌い)」があります。昨日は、友人が提供しているワークショップを、コーディネートする形で開催しました。昨年に続いて二度目です。昨年の参加者は10人程度。そのうちの3人が今年も参加。今年の参加者は23人でした。昨年度の8組から4人、現8組からも5人、そして卒業生も1人参加しました。自分達でプログラムした小さなコンピューター(クリケット)を2個のモーターとつなげて、「宇宙の生き物」というテーマで様々な材料を使って動く作品を作るのです。テーマは変わっていますが、作品は昨年度よりパワーアップしていましたし、時間の配分なども大変うまくいきました。

終わったあと、友人とそのお仲間とたっぷり話すことができて、大変楽しい午後になりました。友人は、もともと演劇関係の仕事をしていて、子供向けに何かしよう、などという目標を持っていたわけではなく、いろいろなつながりから現在のワークショップ運営を始めたそうです。
演劇関係の話から、音響効果や、照明効果を学校での教育活動に取り入れるためのタネをたくさんいただき、国語の授業やら、秋の学習発表会やらにむけて、ちょっと目の前が開けて来た感じです。
ほんとうに、いつも、友人からの刺激に助けられていると思います。

友達の友達が自分の友達になって、行ってみればネタ帳のページが増えていくような感じです。「人脈作りをしようっ」という脂っぽい一生懸命な関係ではなく、自然とつながってくるところが、不思議です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

しずく

雨の森歩きで、出会った美しい雫。
しずく1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

夏休み〜雨の森林浴(2)

26日の夕飯で、びっくりしたのが、「氷すきやき」というもの。氷を溶かしながら、すき焼きをするのです。見た目すゞやか。
27日。雨。御岳山のロープウェー乗り場まで行って見るが、視界なし、雨。でやめ。そのまま奈良井宿を観光。木工屋さん、漆器屋さんを冷やかしながら中山道を歩く。道の駅にあったU-LIFEというお店、何気なく入ったのに大当たりでした。北欧の木製マグカップが置いてあるので、なんとなくピンときて入ったのだけれど、フィンランドの伝統料理カレリア・ピーラッカとキャベツスープがものすごく美味しかった。米を牛乳でたいたものをライ麦で作った皮で包み、ゆで卵とバターを混ぜたものをのせてオーブンで焼いたものです。初めて食べました。オーナーがフィンランドの方だそうです。
開田高原アイスクリームを食べて宿にもどり、温泉読書三昧。夜はこの夜も美味しい。
28日。朝、雨は止んでいるが、視界は悪く、御岳山は顔を出さず。そこで、早々に赤沢自然休養林のハイキングコースを歩く事に決定。アップダウンのあまりないコースを雨に濡れた美しい木々に囲まれて2時間ほど散策。べにまんさくのハート型の実やら、木曽五木を見ながら、せせらぎの音を聞きながら。途中、蕎麦を食べ、ブルーベリーとネクタリンと白桃をお土産に買い、東京に戻りました。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

夏休み〜雨の森林浴(1)

南から戻り、その足で出勤してから、毎日きちんとお仕事。25日(土)は研究会。26日(日)は、とある会議で初めて立て替えられた文部科学省に潜入。

つたや季の宿風里の前菜会議を昼で失礼して、そのまま品川からのぞみで名古屋→しなの号にて木曽福島へ。
毎年恒例の家族(といっても今はみんな予定が合わず両親と3人です)旅行へ。
今年は、御岳山に登る(途中までケーブルカーですが)ということになっていました。スーツにパンプス仕事用鞄を持ったまま、駅のコインロッカーに預けておいたザックを背負うというへんな出で立ちで、木曽福島駅に到着。超豪華な宿に泊まり、美味しいご飯にお酒も飲んで。毎週こんなに遊んでいていいのかなあと思いながら。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

おさかな

初めて一人で沖縄に行った時に、かわいい!と思ったのがマンホールウォッチャーのはじまりでした。

P7210050

沖縄県那覇市おもろまち周辺

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

夏休み〜南へ(ホテル)

今回は、ゆいレールのおもろまちから徒歩10分ほどのホテルアバンティに宿泊しました。
羽田まで、ちょっとアクシデントがあったこともあり、4000円。ここの宿泊費の方が安いのです。
いろんな意味で、今回の私のような利用の仕方にはぴったりだと思いました。

何がよかったかって、ツアー後に、スノーケルセットや防水バッグなどを広いシャワースペースで潮落とし、乾燥できました。朝露に濡れていたテントまで、ロフトの柵にかけてすっかり干すことができました。ホテル内にはコインランドリーもあるし、部屋の洗面台もちょっとした洗い物などもしやすい大きな流しになっているので、食器なども全て洗って持ち帰ることができました。
ロビーではインターネットも使えるし、コンビニは至近距離。帰る時に、1000円割引のチケットをもらいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏休み〜南へ〜(4)

20日。この日も朝食後、7時30分にはキャンプ撤収,漕ぎ始める。
やはり海の上は涼しい。出発した屋我地ビーチまで戻るのだが、5月にフェリーに乗った運天港を通り抜け、建設中の橋の下をくぐりながら思っていたよりたっぷり漕ぎました。
潮が引いていたので、あちらこちらでコースどりに頭を使い、大回りし、カヤックを引いて歩く場面もありました。今回は、漕ぐ楽しさがメインの旅でした。楽しかった!!肩こりも治りました。

屋我地の浜でシャワーを浴び、車で那覇へ。あやぐ食堂でみそ汁定食。カヤックセンターで珈琲をごちそうになったり、コンテナの基地を見学させてもらったり、ハナちゃん(イヌ)をかまったりしたあと、17日にも泊まったホテルへ一旦戻り、夜は夜でビールとともに様々な話で盛り上がりました。

お天気にも恵まれ、仕事頭から夏休みへのスイッチとしてもとってもよい時間になりました。
今日、職場で気づいたのですが、冷房の影響で咽がハレたり鼻がぐすぐすしたりしていたのが、解消されました。(今日一日でまたやられはじめていますが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

夏休み〜南へ〜(3)

P7220001
19日。5時半に目が覚める。いい天気。朝食前にビーチコーミングするともなくぶらぶら。砂ガニをつかまえようとしばし遊ぶが、全敗。そのかわり、海からの贈り物がありました。貝殻だと思いますが、ぴったりわたしサイズ。写真ではわかりませんが、手のひら側は巾が細くなっています。

6時半ごろ朝食。風があまりなく浜は暑いので誰とも無く行動が速くなり、8時前には漕ぎ始めました。気持ちのよい浜を探しながら、買い出しポイントで上陸。ランチはパスタ。食べるとまた元気が出て、気持ちのよい浜を探してまた漕ぐ。15キロくらい漕いで前の晩のお隣の浜へ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*穏やかな海を、疲れない程度にたくさん漕いで満足。
今回のテントサイトはこんなでした。外で濡れものを干せるのはやっぱり真夏です。P7200048

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏休み〜南へ〜(2)

沖縄で唯一の花火大会が海洋博公園であるから渋滞するかもしれない、との18日だったけれど、今朝の第一京浜国道よりも車は流れていました。
東海岸を漕ぐ予定でしたが、風が強いので、本部半島周辺の西海岸を漕ぐことに。
お昼ごはんに、仲村家(ガイドさん)手作りのポーク卵おにぎりをいただき、屋我地の浜からカヤッキングスタート。


P7180030_2

穏やかな海に、日頃の行いがいいからだ、と納得しながら、初めて波乗りの楽しさを味わいながら漕ぎました。無心になって漕ぐとすいすい進みます。欲を出してもっと波にのってやるぅーとか、ちょっとみんなから遅れたから急ごうとか、考え始めると、とたんに水が重く感じられ、力任せに漕ぐわりには進んでいる実感がなくなることを、今回も感じました。変わりゆく海の色を楽しみ、サヨリが跳ぶのを避けながら、1時間半くらい漕ぐと、きのこ状に下の方が浸食されて細くなった岩が立ち、岩肌の上の緑にコアジサシの白が映える古宇利島の美しい浜に上陸。

P7180031


浜は暑く風がないので、まずは冷たいビールで体を冷やし、ラムのカクテルでハッピーアワーに突入。すると、肩をたたくものが。目をやると、岩壁の上の方からゆうなの黄色い花が落ちてきたのでした。この夏休みはなにかいいことがあるみたいです。友人が持ってきた泡盛「瑞泉」の黄色ラベル(実は飲まなかったのですが、46度で美味らしい。)の横がよく似合います。

夜は、スープカレー。私にとっては、雪の国で食べるイメージが強いのですが、さらっとした辛さは、南の島で食べるのにぴったりでした。その後、ひんやり冷えた砂の上に横になって星空観察。陸側には蠍座の全景が見える。真上には夏の大三角。星の名前を復習したり職業根性丸出しで白鳥座を教えたり(アルタイルはわし座でした)。流れ星も3つ見ました。

9時すぎにはテントへ。キャンプ1泊目は、波の音や生き物の気配でなかなか寝付けないのが常ですが、連日の睡眠不足を一気に解消。テントの入り口を少し開けたままだったので、夜中にほそーい三日月も見られました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

夏休み〜南へ〜

17日。定時退社→パッキング→タクシー→飛行機→那覇
18日。カヤックの旅はじまり。
今回お世話になった艇。NIMBUS ニヤック。一人乗り。
2009071820
詳細は後日。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

いざ、合戦

諸帳簿提出を週明けに控えた週末です。
自宅か職場にこもって、一気呵成に成績処理のラストスパートに集中したいところです。

が、本日PTAイベント。地元消防団の協力により、ブルーシートを校庭にしいて作った、水深5センチくらいのプールに、本物のプールの水を放水して遊んだり、カレーを食べたり、今年は父親企画の水合戦。イメージは「風雲たけし城」らしい。

役割は、審判。
この時期じゃなければ、かなり好きな部類のイベントかもしれません。あー、仕事がしたいっ、毎年なんでこの日程なの?というのが本音ですが、職場に行ってしまえば、仕事していられるわけはないです。結局、テントはりから、片付けまで体力勝負でしょう。やらねばならぬならば、楽しみましょう。カヤック仕様の出で立ちで出かけてきます。

しかし、夜は仕事できるように、余力を残しておかねば。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

「よろしくおねがいします」考

読者のみなさん、子供の頃、授業の始まりに教えてくれる先生に「よろしくお願いします」と声をそろえて言ってましたか?
今の職場では、これをきちんと言わないクラスはその担任に指導力がないって(しつけがなってないと)いうような風潮が感じられるので、異動してきて4年目の今年は迎合しています。

子供が、その時間に学習することがわかっていて、チャイムと同時にそれぞれがやり始めている、っていうのが理想だと、教わって、そういう授業をしようと一生懸命になってきました。
もちろん学習内容によって、一斉に話を聞いたりする場面もあるわけで、全てがそういうわけではありませんが。
例えば作文を書く学習なんかは、個々が作業を始めているのに、わざわざ、姿勢を正させて、
「これから○時間目の学習を始めます、礼」「よろしくお願いします」なんていうのは、
子供の思考を止めることになると思うのです。
そして、授業は、教師が一方的に教え込むものではないから、少し譲って、
「よろしくお願いします」の代わりに「はじめましょう」と挨拶をしていたこともあります。

部活での「よろしくお願いしますっ」っていうのは全く違和感がなかったから、
自分の中では、運動の時は、安全の面からもきびきび行動することも目標だと思い、
体育の時だけは、体育会系で、大きな声で「よろしくお願いしますっ」とやらせていたので
一貫性がないといえばないけれど。。。

従順な子供に慣れてしまっていいのだろうか、という意味で書き留めてみました。
お願いします、という心が子どもの中に自然に生まれるような授業がしたいし、そういうせんせーで
ありたいけれど、思ってもいないかもしれない子どもに、強制的に言わせるのは違和感があるのです。
礼儀は教えなければわからないとも言うけれど、
子供より権力をもっている(はずの)大人で、その上教師が、権力で感謝させるの図、が耐えられないのです。
でも、今の職場では誰も疑問に思っていないみたいだし、世の中が変化しているから、
わたしが新人だった頃とはわけが違うということなのか。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

北のみなさん、おつきあいいただけませんか?

夏休みの予定を少しずつかためています。
8月22日(土)に札幌入りすることになりました。
ちょっと気が早いですが、雪の季節へのはずみをつけるために、
いっしょに夏の名残を惜しんでいただけませんか?

| | コメント (12) | トラックバック (0)

ジュンサイとセルバチカ

最近食べたもの。
ジュンサイ鍋。大ボスに連れて行ってもらった、新橋の小さな屋台っぽいお店「和作」にて。。秋田出身のご主人がやっているそう。で、きりたんぽ鍋も食べましたが、オリジナルのジュンサイ鍋が絶品でした。こんにゃくとジュンサイのあっさり醤油系の鍋。美味しかった。

もうひとつは、近所で偶然出会ったセルバチカ。バルサミコ味のサラダのメニュー。見た事がない名前だったので、店員さんに質問すると、「ちょっと変わった香りのある葉っぱです」とのこと。
香草類は好物なので、注文する。菊みたいなギザギザした葉っぱ。食べて見ると、???これ、ルッコラじゃん。ゴマの風味がします。帰宅して調べてみたら、ルッコラの原種なんだそうです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »