« 新学期雑感 | トップページ | RTを懐かしんで »

2009年4月11日 (土)

「夜は短し歩けよ乙女」

アトリエダンカンプロデュースの芝居を見てきました。(4/9)
一言で言うと、奇想天外。なんでこんなこと考えつくのだろう、という数々の設定に笑いました。京都の街で、くだらなくもアイのある設定の中で、現代では絶滅していると思われるような純情な男子学生が、天然系の女子学生に恋する1年間のお話でした。

後半ちょっと間延びした感じがして寝てしまいました。主役の(田中美保)の声がきれいで歯切れがよく好感がもてました。辺見えみりが出ているのは知らなかったけれど、声でわかりました。声にあった役でした。

| |

« 新学期雑感 | トップページ | RTを懐かしんで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「夜は短し歩けよ乙女」:

« 新学期雑感 | トップページ | RTを懐かしんで »