« 繰り上がる日々だけど | トップページ | 正座はだめだけどバレーボールはオッケー »

2009年4月18日 (土)

カリスマとカリスマ的の間

仕事でカリスマになる先生というのを目の当たりにすることがあります。

うらやましく思った時期もありましたが、今はそういった気持ちはあまりなくなりました。
いくら真似したって、他の先生と自分は違っていて、自分は自分で、その人にはなれないです。

「カリスマ」と「カリスマ的」の間にはものすごい隔たりがあるんだなあと思います。
カリスマ「的」な人は、どこか小さいというか。カリスマっぽい自分に酔っているというか、自分はカリスマなんだぞーと井の中で思っているというか。

カリスマな方に共通しているのは、惜しみなく与える愛がある、ということだと思います。
太っ腹。ケチじゃない。

ケチな「的」にはなりたくない。

それにしても、休日の朝からこんなこと考えてるってケチな話だなあ。
今日は、国語教育の大大大先輩の白寿のお祝いのために、御年80代後半の大大大先輩にインタビューに行き、中学の時の先生のご勇退祝いの会に行きます。
そんな経緯で、朝からこんなことを考えたのかもしれません。

| |

« 繰り上がる日々だけど | トップページ | 正座はだめだけどバレーボールはオッケー »

コメント

カリスマと言われる方には、おしみなく与える愛がある、太っ腹でケチじゃない。
↑これには同感です!
私の持論ですが、金銭面でもセコい人は愛情もセコいと思っちゃう。{{ (>_<) }}

あっ、8さんの話とは全然次元の違う事でスミマセン。m(_ _)m

投稿: KEEMYAN | 2009年4月18日 (土) 10時35分

セコいって、たぶん、一つのことだけじゃなくて、生き方に通じているのでしょうね。
カリスマにならなくても、そういう大人にはなりたくないですね。

投稿: 8 | 2009年4月19日 (日) 00時07分

元気かー。
札幌は雪が降り積もっている。

カリスマは良くわからないので
挨拶だけ。

投稿: ぴ | 2009年4月26日 (日) 07時36分

雪ふったみたいですね。
余裕がなくて、日記の更新もままならず。
来シーズンはたくさん滑りたいと思います。

投稿: 8 | 2009年4月27日 (月) 07時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カリスマとカリスマ的の間:

« 繰り上がる日々だけど | トップページ | 正座はだめだけどバレーボールはオッケー »