« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

初代iBookとクラリスワークス

macのノートブックを欲しがっている甥に、使ってもらえるかも、とシェル型のでかいiBookを久しぶりに起動してみました。思ったよりサクサク動きます。
OSもXが入っているし、まだまだ使えます。
ただ、放置してあったせいか、電源ケーブルの端の方の接触が悪くなっていて、たぶん中で断線しているんだと思われる部分がありました。ちょっと固定してやると大丈夫ですが、使用中にショートしたりするとデータが飛んだりする危険性があるなあ。
で、新しい携帯で甥にメールしてみると、なんと、じじばばからの入学祝いでMacbookを手に入れたそうな。さて、old iBookをどうしようかな。

昭和の日、とある大学の附属小学校に出向く用事がありました。
パソコンを使わせていただいたのですが、なんと、デスクトップのモニタの淵に
「クラリスワークス使えます」
と書かれたテプラがはってありました。(写真に撮ればよかった!)
懐かしすぎる。そしてなんか、嬉しい。あれはほんとに使い勝手のよいソフトだったなあ。
思い描いたイメージどおりにマウスを動かせば、いろんなワークシートがサクサク作れました。
微妙な色合いも表現できました。このソフトがあったから、ずっとマック使いのままきたといっても過言ではありません。
今も使っている人がいるんだ、と驚きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

MからFへ

docomoのポイントが4月で消える、とのお知らせを読み、今まで10年以上でたまったポイントを使った方がいいと思い、ついに携帯電話を変えました。
ムーバからFOMAへ。「フォーマ」と打つと勝手に変換するのに「ムーバ」はそのまま、というのも時代を映し出しているようです。
薄くなったけど、大きくてちょっといやですが、まあ仕方ないです。変更割引機種は限られていて、その中で、海外でもそのまま使えるものは、1種類しかありませんでした。色も選ぶ余地なし。
すべりこみで同じようなことを考えている人が多かったのでしょう。
そんな訳で、しばらく電話機の操作に不慣れなので、メールや通話がうまくできないかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

正座はだめだけどバレーボールはオッケー

3月中旬にやったねんざ。
1ヶ月以上たちました。トシを感じる&処置がよかったんだなあと痛感。
痛みはあっという間にとれましたが、かなりひどいねんざだったんだと思います。
たぶん、少しずつ動かさないと固まってしまうような気がするので、ゆっくり伸ばすような運動をし始めました。
30日にある同業他社とのバリーボールの練習にも参加しています。
今年はセッターらしい。指が弱い?ので、軽い突き指だらけです。昔からオーバーパスをすると
いつもこうです。
久々の運動は気持ちがいい。いい汗をかきました。
4日間の無人島生活ももう目の前ですが、まったく実感がわかない日々。
毎日セブンナインでお仕事ですが、けっこう楽しくそれなりに充実しています。
土曜日は今年度の研究会のスタートでしたが、自分たちが産みの苦しみを味わいながら示した新しい提案に先輩諸氏からたくさんの反応をもらい、自分がリードするグループの若者がすすんで研究授業に
手を挙げ、別に自分がどうのってことではないんですがなんだか嬉しいです。

8組は心を鬼にしてしつけ中。これくらい許してあげてもいいや、と思うこともあるのですが、
この1、2ヶ月で1年間注意しつづけることになるか、自発的に行動する子どもを見守ることになるかの分かれ目ですので。
子どもに好かれようっていう色気がまったくなくなったなあ、と思います。
信頼してくれて、安心して過ごしてくれればいいや、と。
でも授業は楽しいと思ってほしいです。

と、ブログにどうしても書きたい!ということの無い日々なのですが、
心配してくださる方もいるので、元気です、とご挨拶代わりの日記でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

カリスマとカリスマ的の間

仕事でカリスマになる先生というのを目の当たりにすることがあります。

うらやましく思った時期もありましたが、今はそういった気持ちはあまりなくなりました。
いくら真似したって、他の先生と自分は違っていて、自分は自分で、その人にはなれないです。

「カリスマ」と「カリスマ的」の間にはものすごい隔たりがあるんだなあと思います。
カリスマ「的」な人は、どこか小さいというか。カリスマっぽい自分に酔っているというか、自分はカリスマなんだぞーと井の中で思っているというか。

カリスマな方に共通しているのは、惜しみなく与える愛がある、ということだと思います。
太っ腹。ケチじゃない。

ケチな「的」にはなりたくない。

それにしても、休日の朝からこんなこと考えてるってケチな話だなあ。
今日は、国語教育の大大大先輩の白寿のお祝いのために、御年80代後半の大大大先輩にインタビューに行き、中学の時の先生のご勇退祝いの会に行きます。
そんな経緯で、朝からこんなことを考えたのかもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

繰り上がる日々だけど

わたしの職場は、焼酎一貫化工事が始まりました。そこで、この春から、うちの庭を隣の中学生とシェアすることになり、どちらの休み時間も保証するために、うちの時程を10分繰り上げる事に。

とはいってもわたしたちの勤務時間にはまったく関係ないのですが、新人さんに明日の授業について伝授することでお子様が帰った後の時間がほとんどなくなってしまうので、自分の仕事が滞っているため、最近少しずつ出勤時刻が早まっています。ついに本日は6時30分に。10時近くに帰宅して、ほとんど寝るだけ。

今日ももう眠いのですが、もうすぐユーミンが登場するらしい。(テレビ)
見たいから、もう少しがんばって起きているかぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

ぼちぼち始動

十の位がもうひとつ上がるまで、とりあえずあれこれ考えず今の仕事でやれることはやってみる、そしてやってみたいと思うことは手を出して可能性をさぐってみる、というスタンスで暮らすことにしました。

仕事の仕方は、あまり変わらないのですが、趣味の領域では、今やっていることを深めるだけでなく新しいこともやってみよう、と久しぶりに思う春です。そう意識していると、求めていたものが飛び込んでくるのが不思議です。やっぱり思っていないことは実現しないってことですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

骨盤教室

ちょっと縁があって、寺門琢己さんという人の「骨盤教室」というのに参加してきました。
骨盤は一日の中でも、もっと大きな周期でも開閉しているそうです。開いている状態が得意な人と閉じている状態が得意な人といるそうです。かかとを付けた状態で両足を90度くらい開いて立ち、手を肩の高さで前に伸ばしてかかとを床から話さないでしゃがむ(お尻が出て前屈みになってもよい。できなければできる所まで)のと、両足の親指をつけてかかとを開いて同じことをするのと、どちらが楽にできるかで診断しました。前者が得意なわたしは、日本人に多いという開き傾向でした。

いろんな場面で関節が固いということを指摘され、気づいてはいましたが、閉じるのが苦手というのは体の(足の)内側が錆びている状態だそうです。ねんざの後遺症があって全部の運動を力一杯することができなかったのが残念でしたが、この1ヶ月運動をほとんどしていなかったので気持ちよかったです。明日は筋肉痛かも、ということで、夕食はクエン酸を多量に摂取しました。
錆びているところの流れをよくしないと、筋力などの面からも美容の面からも運動しても効果が出ないそうです。リンパの流れが悪いですね、とよく言われたのとも関係がありそうです。

簡単な運動なのでちょっと続けてみようと思います。歯を磨きながらでも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

RTを懐かしんで

テレビのCMを見て、パソコン通信を始めたばかりの頃のチャット(RT)を思い出した。それほど頻繁にやっていたわけではないが、よっぱらって意味の無い文字の羅列が流出したり、「おもらし」したりしたことを思い出しました。

買物をしていたら、ほろよいが売っていて売られていて、CMを思い出し、ついつい手にとってしまった。自宅では客人が来た時以外飲酒しないのだけれど、レモン味とうめ味と迷ったので2本とも買ってしまった。帰宅後、さっそくおそい夕食とともにレモンを飲む。1本ではほろよいできず。うめに突入しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「夜は短し歩けよ乙女」

アトリエダンカンプロデュースの芝居を見てきました。(4/9)
一言で言うと、奇想天外。なんでこんなこと考えつくのだろう、という数々の設定に笑いました。京都の街で、くだらなくもアイのある設定の中で、現代では絶滅していると思われるような純情な男子学生が、天然系の女子学生に恋する1年間のお話でした。

後半ちょっと間延びした感じがして寝てしまいました。主役の(田中美保)の声がきれいで歯切れがよく好感がもてました。辺見えみりが出ているのは知らなかったけれど、声でわかりました。声にあった役でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

新学期雑感

閉店まで職場にいて、帰宅して遅い夕食をとって風呂に入って眠る。朝は5時前から目覚めて、しばらくぼーっとしたあと、シャワーをあび、簡単な朝食をとり出かける。
7時過ぎに職場につくと、もう5人くらいの同僚が出勤しており(なんか、どんどんエスカレートしてないか???)、コートも脱ぐ前に「◯◯はどうなってますか?」などと話しかけられる(出張もどりの人などにいきなり、こっちのペースで仕事のことを聞くのは控えるように気をつけなければ。。。と思っていますが)。新人の手前、模範的勤労態度及び、全業務に手抜かりなし状態で臨んでいるので、朝、疲れているなあ、と思いながら自転車を漕いでいます(自転車は健康のバロメーター)。

そんな毎日の中で、今年中2になった元8組と道で会うことが続いた。いきなりハイタッチしてきたり、「せんせー、げんきー?結婚したー(余計なお世話だ)?」とか、「◯◯が頭ツンツンでやばいよ」とか、いうなんてことない会話を交わしたりすると、ほっとします。そして、去年の8組の子とすれ違った時は、なつかしさで声をかけようとして知らん顔で素通りされたりすると、軽く寂しさを感じます(まあ、そんなもんなんですけどね)。新しい出会いの緊張感が、めりはりのある毎日につながっているのですが(この仕事のよさだよなあ)、新学期はいろいろ気を遣います(2日連続で保健室に行く子がいると、精神的なものかな、と心配したり)。早く今年の8組ともツーカーになりたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

肺結核?

ハリセンボンの細い方の人が肺結核にかかっていたという。12月から激しい咳が出はじめたとか。
どこかで聞いたような。。。。

先日もレントゲンをとったし、もうすぐ定期健康診断(もちろん肺結核の検査は必須)だから。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

今年の新人

今年の相棒はピカピカの新人です。つまりわたしは指導教官。
2、3年目の後輩だとあまりにも細かいことを言うのはどうかな、と躊躇してしまいますが、
初任者だと、いろんなやり方があるけれど私のやり方でやってみてね、というスタンスで
とりあえず知っている事は全て伝授することにしています。

で、今回の新人さん、よく動くし気が利く。たった3日だけど、職場の誰もがそう思ったようです。
こういうのって、やっぱり持って生まれたものなのかもしれません。
何よりも、選択肢を示して、どの方法でやってみたい?と尋ねると、ちゃんと質問したり確かめたりしながらちゃんと答えてくれるのが嬉しい。
楽しくなりそうです。
そして、自分ができていないことは、やはり言いにくいので、こちらの気もひきしまります。
何から何まで同じ歩調でやっていくことになるので、私が見通しをしっかりもっていないとうまくいかなくなるから、自ずと早め早めに準備しなければ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

毛皮のマリー

テアトル銀座で美輪明宏さんの「毛皮のマリー」を見てきました。
度肝を抜かれたり、意味を考えようとしてわからなかったりしましたが、
言葉にできない深いところでよかったな(というのもぴったりしないのですが)というのが残っています。
初めてボックス席で鑑賞しました。リッチな気分。広い空間で楽しめました。そして、何より、ボックス席のすぐ外にあるトイレにびっくり。扉の内側は鏡張り。洗面台は、バリ焼きみたいなグリーンの陶器でお花をかたどったもの。個室の扉はすりガラスでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

フォアグラの茶碗蒸し

妹が結婚してから初めて(って既に甥っ子は大学生)家族水入らず勢揃いでディナーでした。
というのも、まだ出ぬ定額給付金を先に使ってしまえ、という父親からホワイトデーのプレゼントでした。中には、チョコレートもあげてないのにお礼だけ参加という不届き者もいましたが。
みなとみらいにあるHataというレストランでした。なんだか周囲は閑散としていましたが、味もサービスもとってもよかったです。そこで出てきたのがフォアグラの茶碗蒸しトリュフ添え。濃厚でとっても美味しかった。タイのカルパッチョも新鮮でよかったし、野菜は三浦あたりのものにこだわっているよう。
ごちそうさまでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

1年の〆

バーベキューをしながら、異動する人、退職する大ボスを送る宴でした。
もちろん勤務時間終了後に開始。最後は校歌を合唱しながら玄関から送り出しました。
大ボスが退職するので、おそらくこのような催しはこれが最終会だと思われます。
いわゆる退職を祝う◯◯さんを囲む会のようなものは、うちの大ボスらしくないので、
例年通りのバーベキューで、ちょっといい食材を焼いて食べ、大ボスの構想をもじって
「学校百科事典」と題して、写真や職員からのメッセージをまとめたアルバムをプレゼントしました。PC上の学校百科事典のメニュー画面をコピーして大ボスに関係のある文面に加工して目次にしたり、遊び心を取り入れてアルバム作りを楽しませていただきました。
我が社のIT主任が、先日行われた地域の方とのお別れの会で流す映像を作ったのですが、これが、某放送局のプロフェッショナルをパロッた形式でした。職員みんなから愛されていたんだなあと思います。
私は、研究会関係でまだお会いする機会も、指導を受けるチャンスもあるのですが、学校はやはりその時々の構成メンバーで作るものなので、これで一区切りだと思っています。

明日から、新しいボスを迎えて、新しい1年が始まります。新しいボスや新しい相棒がやってきます。今度の8組はどんな子どもたちでしょう。楽しい1年にしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »