« 今年のテーマ | トップページ | 運だめし福引き »

2009年1月10日 (土)

大詰め日記2 あとは微調整

8日。発表当日の資料を製本業者に渡し、こっちは完了。
職員の前でプレゼンの画面を見せながら1回目のリハーサル。
 
20分で、研究の全容を説明するのですが、一つの分野について説明するのなら、楽に入るのですが、
何しろ、学校全体に関する考えを変えよう、というところから始まっているという構想を伝えなければならないので、長くなってしまいます。
A4十数枚の原稿を書かなければいけない、と言われたら、苦しいなあ、と普通なら思うのに、
今回の発表原稿作りでは、時間さえかければ、どんどん書けるのです。
個人の研究ではなく、暗中模索だったけれどみんなで、実践もしながら2年間やってきたことの重みだと感じました。この研究を通して提案したいことを、いかにしてわかりやすく伝えるか、というのが、私の役割です。

わかっていたことですが、内容が多すぎて、早口になるので、伝わらない、というダメ出しをもらいました。画面を見る余裕もありませんでした。
話し言葉でつくったし、画面をつくってくれている同僚とは合わせて声に出しながら練習もしました。
でも、聴衆がいる広い空間で話すのはまったく違うということを体で感じました。言い回しがおかしく感じるところもありました。子どもに、話すことを指導するときに、さんざん頭では理解していたことですが、本番はどんな空間で、何人くらいを相手に、どのくらいの時間で、話すか、ということはとっても重要なんだな、と改めて感じました。

次のリハーサルは、13日。きょーいくいいんかいの人が来ます。8日のリハの後、9時まで職場で原稿のダイエットにとりかかりましたが、帰宅してからは集中力が続かず一晩では終わりませんでした。

9日。寝坊して遅刻ぎりぎりにすべりこむ。疲れている。5日に医者でもらった咳止め関係の薬を飲んでいるけれど、薬が切れるとぜんそくっぽい咳が出る。とにかく、今日一日。
子どもが帰った3時半頃から発表原稿の直しを再開し、先に帰る画面担当者に8割がた終わった原稿を渡し、3連休のどこかで合わせることを約束し、その後、6時すぎに発表原稿ダイエット完成。
ちょっと早口ぎみだけど、1分間に400字しゃべるとして、(ほんとうは300字くらいにするべきなんですが)20分で8000字。一般的なA4にうつと4枚と少しになりました。

実はこの研究発表に向けて、事務的なことの担当者を采配しなかったのは反省です。(事務室には事務主事さんがいるから、その方がやってくれるものと勝手に思い込んでいたのです)
結局、資料を入れるものはどうするか、とか、そういうことも12月上旬の職場の企画会議で提案し方向が決定していたので、事務主事さんが発注してくれると思っていたのですが、細かくチェックしたり相談したりする担当者がいなかったので、いろいろ不本意な状態になっています。
今時、区で使ってる封筒(茶色っていうか、あの事務用のです)に入れた、資料をもらう発表会なんて、うちの業界でもほとんどありません。。。。。クリーム色の封筒を買ってください、と頼んだら、却下されました。事務主事さんには、日頃お世話になっているし、大先輩なので「区で共同購入しているそれを使うのが筋だよ」と言われると、「はい、じゃあそうします。」と言うしかありませんでした。会議のあと、具体的にものを検討する担当者がいれば、こんなことにはならなかったなあ、と後悔。

| |

« 今年のテーマ | トップページ | 運だめし福引き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大詰め日記2 あとは微調整:

« 今年のテーマ | トップページ | 運だめし福引き »