« プレゼン | トップページ | 12月に見た芝居 »

2008年12月28日 (日)

お仕事時々妄想

研究のまとめの日々です。
冬休みになりましたが、今日も出勤して印刷やさんに校正した原稿をわたしたり、机上整理したりしてきました。
怒濤の日々はまだ続く。だんだん、この禁欲的な生活が快感になってきました。

19日研究紀要入稿。
20日国語教育学会で発表。
21日終日あゆみ。
22日、職場の忘年会で屋形船。
大事な仕事がひとつ終わっていなかったので忘年会はパスするつもりだったのですが、
大ボスに、「そんなことしたら、みんなが、『研究主任に負担をかけてすまない』と思ってしまうからあなたがそんなことをしてはだめ。いつものように、なんとかなるわよーと涼しい顔をしてなさい」と言われた。ほんとに。自分らしくないことをしようとしたなあ、と、思い直して参加しました。
レインボーブリッジがレインボーカラーでした。東京タワーもレインボーカラーでした。
これは、日にち限定で何時間かに10分間だけのものだったそうです。
1次会で帰宅するも、睡魔に勝てず。
23日。昼間カヤッックサンタを探しに横浜へ。その他は家で仕事。ほぼ徹夜状態で仕上げる。
24日。誕生日。朝8組に入ると、掲示係から手作りカードをもらう。(掲示係は誕生日の子にカードをあげる、という企画を続けていました。)今年は、仕事の予定が見えなかったので、毎年訪れていたフレンチレストランはパス。何も予定が無いのは悲しいなと思っていたら、大学時代からの仲良しからお誘いが。遅い時間に合流しワインと鶏。
25日。一人一人にメッセージを伝えながらあゆみを渡す。その後、今年最後の校内研究会。
ここで、紀要にまとめた内容を30分にまとめて話す。講師の先生にまとめて指導講評していただく。同僚からは、難しい研究がわかりやすくまとめられていた、と言われほっとする。
この日も、夜遅くなって友人宅へ。鍋を食べ、プレゼントを交換し、終電で帰宅。
26日。10時〜特別支援教育の研修へ。内容は興味深く、隣席の人のいびきをよそに集中して聞く。午後は、紀要の1校を直す作業。退勤後は、研究会とその会の忘年会へ。日本の伝統文化に関する研修から考えたことをレポート。

そして、今朝は、ひさしぶりに好きなだけベッドの中にいられる幸せを味わいました。
午後から職場に行き、夕方まで。一旦帰宅して夕食を食べたあと、家族のクリスマスプレゼントを探しに川崎まで出かけました。(お正月に渡すのです)
明日は、カヤック仲間が三浦で集まっているのですが、さすがにキャンプの準備をする心の余裕がないので参加するのをやめました。
1月23日(ワンツースリーと呼んでます:ベスとハウス風に)まで、外遊びは封印して研究の頭をオフにしないことにします。

名前も知らず、顔も知らず、会ったこともネット上でつながったこともない、人に興味わいてます。妄想ですね。

明日は、研究発表会の発表原稿と年賀状。
それと包丁研ぎやさんが、住宅の入り口の所に来るそうなので、出してみようかと思う。1本500円だそうです。

| |

« プレゼン | トップページ | 12月に見た芝居 »

コメント

包丁研ぎもやるとなかなか面白いですよ。
鋭く研ぎ過ぎて、耐久性に難有りにしてしまったこともあるけど汗

投稿: sin | 2008年12月30日 (火) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お仕事時々妄想:

« プレゼン | トップページ | 12月に見た芝居 »