« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月28日 (火)

軽くへこんでます

お腹。例の靴と下着のおかげで。。。っていう話ではなく。
たった1本の電話で、うまくいっていると思っていたことが全部否定されたように思えてしまいました。
歌謡曲を歌わせるのは学校の方針なんですか!?だって。
こんなにうまくいっているのに崩壊の危機を感じる、だって。

切り取った一部分だけ見ても本当のところはわからない。
これは自分への戒めでもあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

帆かけカヤック=東西南北の融合

セーリングカヤックの旅のスライドショー&トークショーに行って来ました。毎年開催されている、フェザークラフト(カナダのカヤックメーカー)のオーナーを中心とする人々の集まるフェザークラフトミーティングが、今年は水辺ではなく街で行われたのです。私はフェザークラフトのオーナ−ではありませんが、先週初めて乗ってきたセーリングカヤックは、このメーカーのもので、ガイド付きツアーに参加する時に漕ぐ艇もフェザークラフトが多いです。

その旅とは、鹿児島から台湾(実際にはここまで行かなかったですが)まで黒潮に逆らってセーリングカヤックで旅をしよう、というものでした。(BePALにも3号にわたって連載されました)
いつもお世話になっているガイドの仲村さんや、フェザーの社長のダグ氏、カヤック界ではよくお名前を見る大瀬さんや、ホーボーじゅんさんなどチョーエキスパートな方々6人衆が旅をされたわけですが、うねりや思い通りにはふかない風に悩まされ、ビデオの無い場面もけっこうありました。
先週体験してみて、海ではこうはいかないんだろうなあ、と感じてはいましたが、ダグ氏の話を聞いてあらゆる場面を想定しそれに合わせて艇の改造などをしていることがわかり、奥の深さを感じるとともにもっとやってみたいといと思いました。
たとえば、漕ぐ時間が長くなった時に交代で眠れるように、前のシーソックを長くしてキャンプマットを敷いて横になれるようにしたり、そういうための道具をすぐに取り出せる場所に収納できるように工夫してあったり。風がいいときは、バウマンはやることがないのに、普通のカヤックのときのように行動食を口にするので、メタボの元とO氏はおっしゃっていましたが、夜じゃなくてもちょっと昼寝なんてこともできそうです。

カヤックは元々北の乗り物で、セーリングは南ではじまったもので、そこに、ファルトボートという西洋(カナダ)のものと、沖縄の古式船であるサバニの帆の技術をアレンジして作ったセール(商品化されています)が合体してこのセーリングカヤックが出来上がったということをダグ氏が語ってくれました。なるほどなあ、と思いました。

体験会の時に、大瀬さんが力説していたのが、風の力を使うことで漕ぐだけのカヤックと同じ速さを求めるなら余力を残して旅ができるし、風がなければ普通に漕げば進める、ということです。より遠くに旅ができる可能性が広がったということです。

ダグ氏の英語がほとんど理解できたのがちょっと嬉しかったし、生ホーボー氏も初めてだったし、元同僚のお兄さんであるカヤックガイドさんや、アラスカでシーカヤック旅をしたときにご一緒した方にもお会いできました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

方向が違っていたカゼ退治

体調回復のためにジンジャーレモンを作って飲んだり、めったに食べない豚カツ食べたり、薬に頼らないぞ、と努力しはじめて10日ほどたちました。
熱はないのですが、鼻とのどの周辺がもやもやしてぼーっとする感じで、これ以上長引くのもいやなので、楽しみにしていた酒席も涙を飲んでパスして耳鼻科に行ってきました。
カゼもあるけれど副鼻腔が炎症を起こしているとのこと。抗生物質ももらって帰ってきました。
耳鼻科でレントゲンをとったのは初めてでした。アレルギー持ちは、鼻腔と副鼻腔をつなぐ部分がより細くなりがちなのだそうです。そして、咽を大事にしたい人は特に鼻をきれいに保ち鼻で呼吸することが大切なんだそうです。
最近のお医者さんは、写真を見せたりしながら詳しく説明してくれるからわかりやすいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

煮詰めて冷凍したワイン

どうも、風邪がすっきり治らない。
薬は飲まず、自力解決!とがんばっていたけれど、なにしろ睡眠時間が4時間半程度なもので。。。昨夜は、ほぼ1年前にたぶん同じような症状だった時に耳鼻科でもらった薬をおそるおそる飲んでみた。
最近は薬の効能などが書かれた紙をもらえるので、それを読み、まあ毒にはならないだろう、と。
のどのはれはおさまったけど、鼻と咽で発熱するかわりにたたかっている、という感じは続いている。
きょうは、早く帰宅したのだけれど休診日だったので、体の温まりそうなスープを作ってみた。
友人が来たときに飲み残したワインを煮詰めて冷凍しておいたものを入れてみた。これ、とっても便利です。電子レンジオッケーの容器に入れておくと、チンして使って、残ったのはまた冷凍できる。一部は製氷皿に入れて冷凍してあるので、今回のような時は必要な分だけ凍ったまま鍋にいれて使うこともできます。食べ終わって新聞を読みながらうとうと。よっぱらったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

子どもの興味<カヤック編>

21日の朝、せんせーの話で、今年の8組に初めてかヤッックの話をした。
みんな算数がつぶれるからか、質問しまくる。
「カヤックがひっくりかえっちゃうことをチンって言うんだけどね」とか、「キャンプ道具を積んで無人島にも行くんだよ」とか話すと、トイレに行きたくなったらどうするかと質問がある。
海の中にはいってするんです。→えーーーーー!!!ここから、トイレ関連の質問が続く続く。
その後、サメに食べられそうになったらどうするか、というサメ話が続いた。
10年前の子どもは、カヤックといっても知らない子が多かったけど、今の子はとりあえず知っている。少しメジャーになったんだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレマークに効きそうな靴

MBTという靴を手に入れました。簡単にいうと、これを履くことにより、立ったり歩いたりしているだけでバランスボールに乗っていうかのような状態を作りつづけることができる、という靴です。
「自然の不安定さ」とメーカーは表現しています。
かかとの下に重心がきちんとくるので、私の場合より腹筋を使うことができます。ごついので、足がミッキーマウスですが、かかとを固定したら、足の小指側に重心をじわじわ移す感じで歩きます。
これは、テレマークのターンのときに意識するのと同じです。
今年はあまり行かれないかもしれませんが、トレーニングによさそうです。
今日は、お腹周りにずっとうっすら汗をかいていました。足がよく動いているので、ぽかぽか!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

手紙

10年以上前の8組の女子から手紙が来た。
メールじゃなくて手紙。嬉しくて、すぐに返事を書き、投函してきました。
手紙は、なんと、わたしと同僚になる可能性があるとの内容。
そして、当時の8組の4、5人で今でも毎年会っているとか。
懐かしい名前と、当時の面影があるかどうかよくわからない小さなプリクラ写真のついた手紙と一緒に、教育実習の最終日と思われるスナップ写真が入っていました。
当時は、漢字練習、計算練習、作文を3種の神器と名付けて、毎日「神器ノート」なる日記帳のようなものに返事を書いていた。友達関係の悩みや、クラスの問題など、真剣な思いが綴られたノートに、私も1ページくらいコメントを書いていました。30冊のノートを自宅に持ち帰ることも1度や2度ではなかったです。8組には、神器ノートは、あとで読み返すと自分の成長が自分でわかるよさがあるよ、と話していたと思います。
そんなことを思い出させてくれる手紙でした。
いつか、彼女たちの集まりに呼んでもらえるかな?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

セーリングカヤック

本栖湖で帆をつけたカヤックに乗る体験会に参加してきた。Photo
目の前にどーんとそびえる富士山。久しぶりのキャンプ。風や焚き火の匂いを感じながら過ごした。
たった1日だったけれど、やっぱり自然はいい。
特に、帆を操るのは初めてだったので、余計なことはまったく考えず、いかに風をつかむか、
理論も教えてもらったけれど、理屈じゃなくて感覚なんだな、ということを身をもって感じた。
そして、風には、強弱があって、場所によって向きも違って、どんなにつかもうとしても吹いていないときもあって、力ずくではどうにもならない。
カヤックを漕いでいると、時々力ずくでなんとかしようとすることがあるけれど、風はそういうわけにはいかないんだなあ。こっちが風に合わせるしかない。風が弱ければ漕げばいいんだしね。

ほとんど体力を使っていないように思っていたけれど、帰宅してお風呂から出ると、両手の親指と人差し指の内側がなんとなく痛い。ラダーが遠かったこともあるけれど、つっぱっていた足と、フレームのパイプに乗っていたふくらはぎの下の方も少し痛い。
快晴の中、嬉しくて日焼け止めを塗るのを忘れて、キャンプ地から対岸まで往復。
子どもの頃憧れていた「ツバメ号とアマゾン号」の世界に近づいたなあ。

そして帰宅して鏡を見ると、すっきりした顔をしている。やっぱりリラックスして楽しむといろんないいことがあるなあ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

久々の野営

週末は、静かな湖畔でキャンプです。もうひさしぶりでわくわく。今週は学校後悔公開週間で、朝は5時前に起きて、夜は9時まで準備に終われているにもかかわらず、いつもでは考えられない用意の早さです。
友人には同じような趣向の人が多いから、そのブログを読みながら、「海も山も逃げない」と言い聞かせているこのごろででした。
夜から合流ですが、久々にキャンプ。もう寒いだろうなあ、焚き火にはもってこいの季節。
これがあるから、土曜出勤しかも6時間だって、学校公開中に職員会議があったって、子どもの茶道体験のために屏風からお菓子に至るまで注文通りに用意したり学童クラブ用の和室を茶室に変身させるために夜までかかったって、相棒がそのお茶道具をゴミだって乗せて運ぶ台車に直置きして運んでいるのを見たって、耐えられる木曜日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

1500歩

昨日帰宅時に雨がふっていたので自転車を置いて来たので(実はこの後、電車が止まっていて、タクシー帰宅となったのです。)なんとなく、最寄り駅から職場まで徒歩13分の歩数を数えてみました。
登校中の子どもに会う時間帯だと、「おはよう」の回数がふえて数えられなかったと思いますが、今日は早かったので、周りを気にすることもなく、数えながら歩くと、約1500歩でした。
1500歩を13分ってことは、1分に100歩以上歩いている計算。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

鼻水に効くアロマ

鼻がつまっているのに、アロマオイルで、治るというのはいささかおかしい気がする。
だいぶ前に、ゴージャスなマッサージサロンで鼻をぐすぐすさせていたら、これをどうぞ、とガーゼにユーカリのオイルを数滴たらしたものをいただいた。これがよく効く。マッサージが終わってそのオイルの小瓶を買って帰った。
生姜+レモン+蜂蜜を飲みつつ、ユーカリのオイルをたらしたアロマポットを稼動。
昨日はあまり物を食べずに体を休めたら、ほぼ治りました。今日はすっきり目覚めました。アロマのおかげか、鼻水も止まりました。
きょうも、もう眠い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

キーン

天王洲銀河劇場で市村正親さんの「キーン」を見て来た。
シェイクスピアは高校時代の一時期読みあさったり、人の足りない演劇部でお手伝いしたりしたので、十分楽しめました。ほとんど出ずっぱりで、長いセリフばかりの市村さん、役にぴったりでした。
カーテンコールが全員私服だったのは、演ずることを終わりにした、というのとかけているのかな、と思いました。俳優が主人公のお芝居だったので、実際の緞帳を劇中劇の緞帳に使ったり、客殿をわざとつけたりする演出もわたしにとっては新鮮でした。
舞台を見ながら、今度の学習発表会に使えるなあ、なんて考えてしまうのはどうしようもないですね。

体調が悪かったので、予定していた自転車行きはやめて、電車で直行直帰。観劇後の一杯もなし。
天王洲はできたばかりの頃に、期待して行ったら、何もかもが高くて、それ以来よりつかず、劇場に時々行くだけです。駅も建物の中も閑散としていて、大丈夫なんでしょうか。平日でもっている、という話も聞きますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

薬を飲まずに風邪退治しよう

先週から、なんとなく咽がはれていて風邪っぽかったのですが、今日になって風邪と確信。布団のカバーなどをはずしたので最初はホコリによるアレルギー症状だと思ったのですが、いまだ鼻水だーだー止まらず。午後はなんとなくだるくてごろんとしたら夕方になっていました。
で、ショウガです。すりおろして、レモン1個しぼって、蜂蜜入れて、お湯で割る。これを飲んでちゃんと作ったもの食べて、ポカリで水分補給をまめにして。ますが、よくならない。汗が出れば、すっきりすると思うのだけれど、体の中に熱がこもっている感じ。熱いお風呂に浸かってふとんかぶって寝ます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

ほんものの虎好き

P1000001
こんなにたくさん入っていました。
バックネット裏から野球を見るのは初めてでした。
誘われたので、モスバーガーつまみにビールと缶チューハイ飲んできました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

朝からヒヤリハッと

昨日、なんとなくそんな予感があったのだけれど関係書類が手元になかったので今朝確認したところ。。。。木曜日に実施するある体験学習にはお手伝いのボランティアさんが必要だった。
募集していません。まずい、非常にまずい。
プラス思考で考えれば、連休明けすぐに募集をかければ間に合う。
しかし、しかし!!お願いごとなのに、「明日までに返事ください」とか、ありえないし。
まずは集まるかどうかも問題だし。いや、実際そうするしかないんだけどね。
自分(や気の知れた友達)だけで楽しむことについては、まあなんとかなるさ、ってなもんですが、
子どもに関係すること、しかも学習、そして私にとっては仕事。
あーーーーーーーー。
落ち込んでいてもどうにもならないから、最善の方法を考えて動こう。
こんな3連休の始まり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

森の美術館

大田市場となりの東京港野鳥公園で、自然の色探しゲームというネイチャーゲームの一つを体験してきました。
レンジャーさんが作成してくれた16色の色がタイルのように印刷されたカードをもらいます。
1番から16番の色と同じものを自然の中から探すという単純なゲームです。
示された色は、緑系や茶系のものばかりではなく、ピンクや青もあります。えっこんな色あるのかなというものも。時間は30分。
お宝は、バンダナの隣り合う2箇所の角を結んでつくった鞄に入れて集合です。
動くお宝を手に入れたチームも。。温かかったので、オオカマキリやトノサマバッタなどもいました。
ザリガニもいました。
集合して発表した後、白い額縁をもらい、地面に置いた額縁の中に、お宝を好きなように並べて森の美術館の完成です。タイトルをつけたり、歩いてお互いに見てまわりました。

*この活動があるので、重いけどマクロレンズも持っていきました。お天気もよく、すごくきれいに撮影できたのですが、画像サイズを小さくするのがよくわからなくてアップできません。
古いコンパクト(でもないけど)デジカメばかり使っていたので、解像度を下げる必要がほとんど無かったから、今更ですがちょっと勉強しなきゃ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 9日 (木)

夜のサイクリング

今週は、日本語がわからない転入生と、他の学年の宿泊学習についていった相棒のクラスと、1年に2回回ってくるランチルームでお客さんをお呼びして行う招待給食の準備と、1月の研究発表会で配る冊子についての印刷屋さんとの交渉と、とにかく考えることがたくさんありました。頭ばっかり使って、運動不足になると、煮詰まってくるのがいつもの自分。
きょうは、明日の校外学習のために天王洲のバス停の下見をして、そのまま自転車を駐輪場に入れて、研究会のため池袋まで出かけました。研究会が終わってまた天王洲まで戻り、自転車で自宅へ。天王洲通りと海岸通は歩行者も車も少なくて、第一京浜や、いつもの裏道より走りやすかったです。25分で自宅に到着。30秒ダッシュで漕いで30秒流す、みたいな漕ぎ方をしてうっすら汗をかくと、なんだか心の活力も湧いてきました。
精神的に煮詰まったときは、思いっきり長く歩くと何も考えなくなって、すっきりするのですが、自転車も使えそうです。ただ、自転車は何も考えない状態はちょっと危険なので、歩くよりは脳みそを使っているとは思います。
近々天王洲でお芝居を見る予定があるのですが、自転車で行こうかな。ただし、観劇後の一杯ができなくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

アポなしお見舞い

8組の子が入院したため、読書感想文審査の出張の帰りにお見舞いに行って来た。
病院の入り口で、誰に会うか尋ねられて入るのは、どこも同じ。何号室かは、病棟のナースステーションで聞いてください、といわれました。
小児科の病棟に行くと、ナースステーションの窓口も全部しっかり閉まっている。抵抗力のない子どもが入院しているから病原菌などが入ってしまわないように、ということなんだと勝手に理解する。会釈をして合図すると、看護師さんが対応してくれる。ところが、どういったご関係ですか、お名前は、ご両親と連絡はとりましたか、にはじまり、今日おみえになることをお知らせしてありますか、とめんどくさそうに言われる。
そういえば、この仕事は長いけれど、こういう小児科病棟にお見舞いに来たことはほとんどない。地元の小さな病院みたいなところは何度かあるけれど、大病院の小児病棟というのは初めてだと思う。何があるかわからない世の中だから、しかたないんだろうけれど、用事があったわけではないけれど、元気で暇にしているかもしれないから顔を見て少しおしゃべりできれば、と思って行ったのにちょっと悲しかった。
結果的には会わせてもらえたけれど、ナースステーションからは、本来ならば取り次げませんよっていうオーラでまくりでした。規則だろうからしかたないけどね。今後に生かす機会があるのはあまりよいことではありませんが、ひとつ学びました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生姜もの2

ロッテののど飴にゴールドジンジャーというのが登場。ピリ辛度が一般向け。1粒10カロリー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

しょうがないじゃん

Pa070001だんだん肌寒い朝が増えて来たら、
コーヒーにかわって紅茶にすりおろしショウガを入れたものが登場するようになってきた。
ジンジャークッキーも好きだし、ハーブとしてのジンジャーの香りはすごく好きで香りものは愛用中。
だから、つい手に取ってしまいました。これがピリッとして美味。ミントにショウガいけます。必要ないのにぽりぽり食べてしまいます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

懐かしの8クラブ

帰宅して、作りおきのお惣菜を温めて食べながらテレビをつけると、懐かしい歌がばんばんかかっている。懐かしすぎる。
口ずさめる歌のオンパレード。とはいいつつ流れる曲は1960年代のものから、数年前までと幅広いので、ハイライト演奏だとその当時を思い出していると、まるでフラッシュバックのよう。
で、この番組のように、いろんな歌を毎月歌っていた頃を思い出しました。12、3年前かなあ。表参道ビッグエコーで毎月8日。何曜日でも8日に告知なしでも集まる。なんで命名されたのか忘れたけれど、「8クラブ」と名付けられ、けっこう長く続いていました。
最近また大声を出しているので、喉の調子はちょっと心配だし、ずっと歌っていないのでさびついた楽器のようで音程をスムースに移動できないのですが、歌いたくなりました。
学生の頃って、毎週いくつも歌番組があって、壁の薄い下宿で、番組が終わるともう一回(隣人の)ベストテンが聞こえてきたりしたものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

勧進帳

本日は、「日本の伝統・文化理解教育」推進者養成のための研修のため給食を二口くらいかっこんで、職場を飛び出して都内に出張しました。
2人の講師が3時間半の研修を担当していました。はじまって10分くらいして、私が求めていた内容とはまったくちがうということがわかりました。プロジェクタを使った講義形式の講演の内容は、国や都の求めている伝統・文化についてはホームページで読んで各自解釈してください、わたしは別の切り口からお話します。とおっしゃって、建築、環境保全などの分野からのお話を超スピードで話されました。大学では半期分の講義でやる内容をダイジェストで2時間でやったという感じでした。
この研修の募集時点でうたわれていたねらいには、「日本の伝統・文化理解教育のねらいや、活動内容、発達段階に応じた指導方法や指導技術の基本を理解することを通して・・・・」とあったけれど、あまりにも周辺部分のお話で、趣味や個人的な視野を広げるという面では大変興味深く役立ちましたが、受け持ちの子どもたちに、ごめんね、して参加するほどのものではなかったです。
そして、同じように感じた人が多数だったのだと思われますが、会場はまさにはるか昔によく見た大学の講義と同じで、船漕ぐ人の嵐。しっかりふせて寝ていらっしゃる方も一人や二人ではありませんでした。
こういうことするから、たたかれるんだよねえ。お給料もらってる時間なんですよーーーー。
2人目の講師の先生は、三味線が専門の大学の先生で、学生さんを連れてきていました。ここが、音楽科の教員を対象にした三味線の演奏の初歩を研修する場だったら、これでよかったし、個人的には興味もあるけれど、やっぱり、授業時間を調整して、出て来てまでする内容ではない、と感じました。しかも、流したビデオを当の先生が見ていなかったようで、こんなはずじゃなかったと言い訳。
そして、タイトルの勧進帳につながるのです。いい講演ができなかったお詫びに、勧進帳のクライマックスの曲を演奏します、と。
確かに、その先生が入った演奏は、その前に学生さんだけで演奏した別の曲とは音色も迫力もまったく違いました。聞き覚えのある旋律でもあり、ひきこまれるものでしたが、終了後に提出する研修記録を書く時間まで含めての研修の時間だったにもかかわらず、時間を延長してまで強制的に聞かされるというのはいただけないなあ、と感じました。子どもにも指導していますが、時間を守るのは「話すこと聞くこと」の基本だよなあ。

日本の伝統・文化を重視した教育活動を行うように、という動きがあるけれど、現場では、どんな内容をどのように位置づけるとよいのか、わからないのです。だから、こういう研修に参加しようと考えた人が大半だと思います。その期待には答えてもらえませんでしたが、どこにでも得るものはある、といつも思います。寝ないでちゃんと聞いていてよかったと思います。三味線のバチの持ち方や、かまえや演奏の仕方も理解できたしね。
今日の研修の成果は、伝統・文化というのは、いわゆる歴史的なものばかりでなく、地球の環境や、それらを保全しようという心や態度も含まれるということです。
落語とか、古典とか、そういうものばかりに目が向きがちだけれど、そればかりじゃないということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

買い物

とくにイベントがない週末。家から出たのは、食材となくなりそうな化粧品を買いに近所の大型スーパーまで行っただけ。

休みの昼間、家にいると意外にいろんな人が来るんですね。先日は宅配の牛乳屋さんが見本を置いていきました。ありがたくいただきましたが、契約はせず。そして、今日は、新聞屋さん、インターネット会社が尋ねきました。

新聞は1年ばかりとっていなかったのですが、ネットでニュースをチェックするだけではやはり不便というか仕事的にも社会人としても、どうよって感じがしていたので、これを機会に復活。ただし、朝刊だけにすることにした。1年以上復活しなかったのは、古紙がたまらないのはとても楽だから。夕刊はニュース以外に面白い内容が多いのですが、帰りが遅かったりすると開くことさえできないので思い切って朝刊だけにしました。

スーパーで化粧品を買うと、ポイントがたくさんたまっていることがわかり、ほんとうは別の店で食材を買おうと思っていたのだけれど、とりあえず他の売り場もひやかしてみました。
すると、体脂肪を燃やすという宣伝文句の下着が25パーセントオフのキャンペーン中。大人気で、次にいつ入荷するかわからない、とかサイズは出ているだけ、とかあおられて、ポイントを使うことを決めました。が、毎日身につけなければ効果はないとのことで、2枚購入してちょっと足が出てしまいました。でもちょっと、わくわく。
先日、健康診断の結果が来ました。もちろん今年も異常なしでしたが、悪玉コレステロールが高め。これは遺伝なのですが。それと、ここ3年で赤血球が毎年増えています。血の気が多いってこと?昨年より体重は1k増えているのに中性脂肪が減っているのはちょっと嬉しかったです。まあ、特に何もしていないので、健診前後の食べ物とかの違いなのでしょう。
最近運動不足なので、自転車に乗って帰ってこられない日は(今までは職場に置いてきていた)歩いて出勤することにします。
さっそく明日は出張なので、歩いて出勤予定。雨だとちょっとイヤですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

土曜の夜は寝るのがもったいない

一日PCで仕事していると、すぐにサーフィンしてしまいます。
で、いつもはさっとチェックだけしているSNSの足跡をたどって徘徊して存在証明。
途中で、意外な事実を知って、関連事項を確かめたり。
一日あったのに、はかどらないはずです。
でも、まだ土曜日です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コメント

ニュー8の素にしてから、日記にツッコミがはいっても、アンテナに反映されなくなったので、コメントを見逃すことが多くなってしまいました。
最近いただいたコメントにコメントをつけました。これもアンテナが動かないから、誰も読まないのかもしれません。

さて、きょうもいいお天気です。今年は土浦の花火に行かないので、その分まで有意義な休日にしなければ後悔するなあ。家事、仕事、運動。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

あい きゃん すぴーく いんぐりっしゅ ありとる

日本語がまったくわからない転入生が来ました。以前、8組だけ「1クラスインターナショナルスクール」と言われ、日本語がわからないアフガニスタンの少女、来日したばかりの韓国の少年、日本語は大丈夫だけどフランス人とオーストラリア人のハーフの子、中国人の子、がそろっていたことがある。アフガニスタンから来た子とは和英辞典片手に英語でなんとかなった覚えがあります。

だから、今回もあまり心配はしていなかったのです。8組には、いろんなお国柄があるという話をして、豚肉は食べないことや、手を染めていることや、そういうことで偏見をもたれないように準備をしていました。英語はわかるらしい、と伝えると「じゃあ、◯◯先生(ぺらぺーらの後輩)を呼んでこなきゃ」昨年その◯◯先生に習っていた子どもたちにとって、わたしはまったく英語がわからない人なのです。
発音は悪くても伝わればいい、と思っていたのですが・・・
まずは、校長室で「なんて呼べばいい?」と尋ねると、まったく通じない。今日だけ付き添っていた日本語のわかる伯母さんが、教えてくれた。発音が悪いからかなあ。。。と思いつつ、教室に連れていきました。
一昨日の帰りの会で、係からのお知らせコーナーでお楽しみ係のMくんが「英会話を習っている人は、◯(転入生)さんに積極的に話しかけるようにしましょう」と言っていましたが、みんな大歓迎。担任も、「はくしゅーっ」とあおる。まずは、転入生の名前をアルファベットとひらがなで板書して、紹介。その後、25人が「My name is 〜・・・」と自己紹介。その後、最近盛り上がっている、「ポニョ」「I'm your singer」を踊りながら全員で大合唱して歓迎の気持ちを伝える。が、たぶん転入生はなんで歌っているのかわかっていなかったにちがいない。
理科で、太陽の動きの学習の導入に影踏みをしたり、習字を書いたり、ポートボールをしたり、なるべく動きのある学習を計画しておいたので、随時英語で説明しながら勧めました。
が!!!まったく通じない。これにはへこみました。せっかく、英語を使うチャンスとばかりにはりきっていたのになあ。まあしょせんは中学英語ですけれどね。

その後、英語の指導助手の先生(ペッラペーラ)が話しかけても通じなかったとのことで、職員室ではおそらく英語はほんのちょっとわかる程度なのであろう、ということになりました。
アルファベットは書けていたから。。。。

いずれにしても、こんなに温かく(暑苦しいくらいに)素直に他者を受け入れる子どもなんだな、と改めて8組の良さを発見しました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

テーブルの効用

夏の初めに注文しておいたテーブルが届いて2週間がたちました。
きょうは、職場の仲間を3人招いてランチ。
昨夜のうちに仕込みをしておこうと思っていたのですが、研究に関する会議で ったくなんだよ〜 なことがあったため、早々に就寝。8時に起きて11時までの3時間で、そうじ、料理を始める。

メニューは、名前はないけれど自分にとっては定番というものばかり。食べてくれる人がいると、数倍楽しいお料理タイムでした。自分だけだと、一番上にあるお皿ばかり使っていますが、この皿よりあっちの方が合うな、なんて考えながらにわかに豊かな気分が盛り上がります。
お昼だし、後に仕事の打ち合わせも控えていたので、お酒は白ワイングラス1杯ずつにとどめました。

本日のお品(覚え)書き
Pa010005モヤシのオイスターソース
キャベツと豚薄切り肉のコンソメケーキwith柚子小醤油(とでも名付けましょうか。)
真イワシの丸干しのネギ焼き
人参だけサラダ(命名「オレンジアイランド」ってところかな)
茄子とひき肉のミソ炒め
カボチャのアーモンド衣だんご
        栗ごはん

自分の好みで野菜中心のメニューとなりました。
テーブルのことは伝えていなかったのに、みんな反応してくれたのにびっくり。
たくさん使って傷やシミなども味になるにはどれくらいかかるのでしょうか。
食器の出番のためにも、家の片付けのためにも、どんどん友を呼ぼうと思う休日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京港野鳥公園

大田市場のとなりにある都立東京港野鳥公園。大井埠頭界隈には水際で遊べたり、鳥を観察できたりする公園がいくつもあるので、どれがどれだかわからなくなりますが、今日は、こちらに出向いてきました。おりしも今日は都民の日。通常300円の入場料がタダでした。

仕事の下見でもあったので、公園のレンジャーさんとのお約束の3時半に行きましたが、もっと早く行って一日楽しんでもよかったなあ、と思いました。
木々や草花が巨大なビオトープなのだと思いますが、小川が流れるなか自然に近い形であります。
干潟の生き物を観察できるコーナーなども充実したネイチャーセンターもあります。
レンジャーさんと一緒に歩いたので、焦がしキャラメルのような香りのする柏の葉や、チョコレートのような香りのするコスモスに似た黄色い花の匂いをかいだり、スズメバチが飛んでいたらあわてず騒がず身を低くして静かに去ればよいというのを実践したりしながら、楽しい散歩でした。
仕事の打ち合わせが終わってから、相棒と共に野鳥観察小屋をはしごしながら、美しいアマサギや、飛び上がるボラを眺め、干潟で草をすみかに持ち込むカニを観察したりして帰りました。

日本の公園もすてたもんじゃない。今度は本とお弁当を持って自転車で行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »