« Jazzの効用? | トップページ | 口座開設 »

2008年5月15日 (木)

GO!GO!GO!

 よくできた歌である。1番が赤組の歌。2番が白組の歌。1番と2番は、同じコード進行で、似ていて否なるメロディーでできている。そして、3番は、赤組、白組が同時に歌う。リズムも違うので、赤組が「あか、あか、あかー、ごーごーごー」と歌う所を白組は「ごーごーごー、しろ、しろ、しろー」と歌うので、聴いている人には、「あか、あか、あかー、しろ、しろ、しろー」と聞こえる。両チームが競って大きな声を出せる。
 運動会の歌は、数かるけれど、ここ10年くらいは、この歌が多い。子どもが発言したくなるような発問があるように、子どもが大きな声でうたいたくなるようなしかけのある歌もあるのですね。音楽的に美しい声で歌うというのとは少し違うけれど。

| |

« Jazzの効用? | トップページ | 口座開設 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GO!GO!GO!:

« Jazzの効用? | トップページ | 口座開設 »