« いつまで続く? | トップページ | 6040 »

2008年4月23日 (水)

ウサギとカメ

「ウサギとカメのお話は何を伝えんとしているのか」と問われて、考えたことがなかったなあ、と思った。

単純に、地道な努力の尊さを伝えているだけではない。競争することになった後、ウサギはカメだけを見て行動し、カメはゴールだけを見て行動した。他と比べて勝負するのでなく、目指すところを見て勝負するのだ、という寓話であると。

某教育長の話の中に出て来たのであるが、考え始めたところで、当然話者の解釈が耳に入ってしまったので、自分なりに考えることはできなかった。いろいろ悪口を言われているが、話はおもしろく私の心には届いた。この後の「感情労働者」(c)米カリフォルニア大学ホックシールド氏 という話もうなづけるものであった。

どんな場面でも心が動くことがあると思うと、居眠りしている場合ではないのである。

|

« いつまで続く? | トップページ | 6040 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウサギとカメ:

« いつまで続く? | トップページ | 6040 »